スタジオブログ
Blog

2018.11.28

リズム練習、基礎の話

こんにちは!名古屋のギター、ボーカル、ウクレレ等の音楽教室「ポワンポワンスタジオ」です。

今日はリズム練習、基礎の話

リズムが苦手という人は結構います。得意な人もいますが、すべてが完璧という人はいません。乱暴な言い方をするとリズムはみんなが取れますし、誰もが取れないのです。

苦手な人と得意な人は何が違うかというと、「精度」です。
bpm=50(メトロノームの数字のことです)の表がやっとの人もいればbpm=200の裏が平然と取れる人もいます。この両者では前者の4倍の速度の裏でリズムが取れていますので少なくとも8倍以上の精度の違いがあります。

ただし、bpm=50で取れる人とbpm=100で取れる人の精度が2倍しか違わないかというとそうではありません。5桁の数字と10桁の数字は「5」と「10」だけで比べると「倍」に思えますが100000と10000000000の違いは2倍ではなく100000倍です。途方も無いですよね・・・

そこまでは違わないと思いますがそう考えると結構違うのはわかってもらえるかと思います。

話を最初に戻しますが、それでもリズムが苦手なみなさんはリズムが取れないのではなく、「精度が低い」ということになります。

なのでリズム練習とは「精度をあげる練習」と考えて取り組んでもらうのが良いかと思います。
ところが苦手な生徒さんとリズムトレーニングをしているとどんどん先に進もうとします。
例えばbpm=50の裏の練習をしていても出来たら、突然bpm=70にあげようとします。

ちょっと待ってください!!
bpm=50とbpm=70は一見、1.4倍の難易度のように感じるかもしれませんが思っているよりも難しいですよ!
せめて5~10づつあげていきましょう。

リズム練習の基本は「え?こんな簡単なところからやらなきゃいけないの??」ってくらいのところから始めましょう。リズムだけではなく何事も基礎の基礎が大事です。

ギターのピッキングが気になる方は最初にピックの握り方から見直しますし、ボーカルの方は発声を見直します。行き詰まった時は0に戻るのが一番なのです。

free trial

まずは無料体験レッスンを受けて、ポワンポワンスタジオの雰囲気や楽器の楽しさを感じてみませんか?

無料体験レッスンについて詳しくみる

今すぐWEBから申し込む!