スタジオブログ
Blog

2019.01.09

プロ志望の人が陥る勘違い

こんにちは!名古屋のギター、ボーカル、ウクレレ等の音楽教室「ポワンポワンスタジオ」です。

今日のテーマは「プロ志望の人が陥る勘違い」です。

ポワンポワンスタジオではプロ志望の方のレッスンも行っています。なのでそれほど数はいませんが1年に1人くらいの割合でプロ志望の生徒さんが入校してきます。

プロ志望の生徒さんの場合、まず実技も含めた面談(面接)をします。
なぜかというとプロ志望の生徒さんの場合、本当にプロを目指せるだけの技術レベルに達しているかの確認もいりますし、ある程度の覚悟も確認しています。

プロ志望の方と一般の趣味の方とのレッスンの一番の違いは「厳しさ」にあります。
趣味の方であれば練習を疎かにしてもある程度止む得ない場合もありますが、プロ志望となると論外です。また、教える側も本気でぶつかるので相手が怪我をしないように意思の確認をしておく必要があります。もちろんプロになることの大変さも過度なくらい話をします。
これも安易な気持ちではプロにはなれないからです。

といってもほとんどの生徒さんは最初はただ「プロになりたい」という一心でレッスンに来るので盲目的になっています。でも実際問題として、「プロになる」ということよりも「プロとして継続して食べていける」ということの大切さまでは皆さんわかっていません。ほぼ100%の方が「プロになりたい!!」ということだけで来校し「プロとして継続して食べていける」ということの大変さを知っていません。

プロ野球選手をみればわかるようにプロ野球選手になるのも大変ですがプロ野球選手として選手生命を全うするということは至難の技です。音楽の道でのプロはプロミュージシャン、スタジオ・ミュージシャン、講師などプロ野球選手よりはかなりハードルは下がります。

それでもプロ志望者が100人いたら20年以上継続して音楽だけで食べていける人の割合は1%は切ると思います。

次回もう少し具体的に書いていきたいと思います。

free trial

まずは無料体験レッスンを受けて、ポワンポワンスタジオの雰囲気や楽器の楽しさを感じてみませんか?

無料体験レッスンについて詳しくみる

今すぐWEBから申し込む!