名古屋のギター教室「ポワンポワンスタジオ八事校」のスタジオブログ

スタジオブログ

Blog
2019.03.10

アドリブソロへの道2

こんにちは!名古屋のウクレレボーカルギター教室「ポワンポワンスタジオ」です。

今日のテーマは「アドリブソロへの道2」

前回はアドリブソロとは何かについて書いていきました。
アドリブソロとは「即興で一人で弾く」こと。今日の間奏などで披露されることが多く、特にライブの場合、その場限りの演奏が聞けるためファンにとってはアドリブソロはぜひとも聞きたい場面にもなりえます。

そもそも一般の人にとっては「アドリブソロ」とはなぜそんなことができるのか理解しにくいかも知れません。作曲ですら無から有を生む出す行為のような眼差しで見られることすらあるのでアドリブはそういう人からすると方法論が理解しがたいのだと思います。僕のギターの生徒さんから魔法使いのように言われることがあります(笑)

誰にでもわかりやすい言い方をするのであれば「アドリブソロ」とは、「事前にテーマだけ知らされていて話すことだけ決めて舞台にあがってその場でスピーチする状況」
に似ています。この状況はミュージシャンでなくとも誰でも経験する可能性があります。
結婚式の祝辞などは文面を用意して読むことができますが、結婚式の2次会でビンゴ大会の景品が当たり、取りに行くとその場で突然司会者の方から「お祝いの言葉を1分間お願いします」と言われるかも知れません。

話すことが得意な人や普段から大勢の前でスピーチなどをすることに慣れている人は問題ありませんが慣れてないとしどろもどろになるかも知れません。

その「状況」と「アドリブソロの状況」が似たようなものだとすると必要なスキルも理解しやすいと思います。
スピーチの場合、「話をまとめる能力」が必要ですが、アドリブソロの場合、「ソロを構成する能力」と言い換えることが出来ます。
「トークスキル」は当然「演奏スキル」に置き換わります。「滑舌」などは「出音の質」になるでしょう。「語彙の量」は「引き出しの数」、状況を判断してトーク内容を組み立てるという空気を読むことは両者に必要なスキルとなります。

次回はその練習方法について書いていきます。

free trial

まずは無料体験レッスンを受けて、ポワンポワンスタジオの雰囲気や楽器の楽しさを感じてみませんか?

無料体験レッスンについて詳しくみる

今すぐWEBから申し込む!