今日は少しいつもとは違う話題を・・・

教室のあり方

名古屋もようやく梅雨が明けました。

今年は豪雨があり、岡山県や広島県、東海ですと岐阜でも大規模な豪雨災害で多くの人が命を落としたり、家を失ったりしています。少し前は地震も起きました。

東海地方も10年ほど前から地震が来ると言われ続けています。規模全くわかりませんがおそらく来るのだと思います。

音楽教室をしているとつくづく感じるのは人の生活を豊かにするための習い事はこういった災害時は無力だということです。もちろん慰問に行ったり出来ることはあるのかと思いますが、大規模な災害があるとその地域の音楽教室はたちまち困窮します。衣食住と比べると必要性の優先順位が圧倒的に低いのが一番の原因ですが、人々にいろいろな意味で余裕がなくなるのだと思います。

思えば東日本大震災の時も3月4月とぴたりと体験レッスン希望者がいなくなりました。

おそらく心の余裕がなかったのだと思います。
あれだけ3月11日からTVやネットで災害の様子が流されると心がそれどころではなくなるのでしょう。

僕もあのころは心に余裕がなかったように感じます。
「ギターやピアノなどを習う」ということは新しく何かを始めることですし、心に余裕がある現れだったり、新たな決意だったりします。そのため気持ち的にポジティブでないとどうしても教室に足が向かなくなります。

災害でなくても、仕事が忙しくて文字通り「心を亡くしている」状態の方は音楽を続けるのが大変です。

こういった時に僕たちに何が出来るのかそれを考えさせられる日々がここ数日続いています。
とりあえず今日ネットからではありますが寄付をしてきました。お金が全てではありませんがこういう時はお金もとても大きな力になります。

エクササイズのすゝめ(ギター用)

エクササイズ

どんな楽器をするにせよ、練習は必要です。練習にもいろいろな形があります。
一番地味で効果的な練習は指のエクササイズです。

ピアノにはピアノの指のエクササイズがありますし、ギターにはギターのエクササイズがあります。
もちろんエクササイズをしたから上手くなるという直接的なものではありません。

エクササイズは基礎力を高めるためのものなので応用力が必要です。

サッカー選手が走り込みをしてもサッカーは上手くなりませんが、スタミナだったり脚力はつきます。
いわば間接的には上手くなるために必要な体作りといったところなのです。

ギターでおすすめのエクササイズはクロマチックスケールを使ったエクササイズです。

クロマチックスケールを使ったエクササイズにはいろいろな種類の動きがありますが、例えば

——————–1234
—————-1234—-
————1234——–
——–1234————
—-1234—————-
1234——————–

というものがあります。

これを
1→人差し指
2→中指
3→薬指
4→小指

の運指で練習します。

正直このスケールは曲の中で使えるタイプの練習ではありません。実際の演奏の中ではクロマチックのフレーズは出てきますが、初級~中級で覚えることの中では実践で使用するために覚えることはないでしょう。
このエクササイズは左手のすべての指を均等に使います。また右手は均等にオルタネイトでピッキングします。

このエクササイズがすべてのエクササイズの中で一番有効化と言われるとそうではないかもしれません。
ただこのエクササイズは誰でも取り組めます。エクササイズの中には上級者しか出来ないような難易度が高いものもあります。また初級者用のエクササイズだと逆に上手くなってくるとあまり有益でなくなるものもあります。
このエクササイズはギターを始めたばかりの方からプロの方までエクササイズとして一生使っていただけます。

子供のころの音感教育は大人になってギターを習うときに役にたつ

ピアノ

日本の3大習い事は
・水泳 ・英会話 ・ピアノです。

「日本の」とわざと書きましたが他の国だと全く違うようです。

まぁ確かに英語圏だと英会話のレッスンは必要ありませんし、水泳は場所が限られるようです。
日本ではあまり馴染みのない「科学教室」や「舞台パフォーマンス」と言った習い事もあるそうです。

ピアノは3大習い事なだけあって女性の生徒さんの何人かに1人はピアノを習っていた人です。

ここで疑問なのですが、ピアノを習っていた人はギターを習うときにメリットはあるのでしょうか?

ピアノとギターは共通点も結構あります。
まずはポピュラーな楽器だということです。

また伴奏に使える楽器という点でも共通しています。バイオリンやフルートだと単体だと伴奏楽器にはなりにくいと言えます。

ギターは弦楽器です。ピアノは鍵盤楽器ですが、弦を叩いて音を出しているので弦楽器と言えなくもありません。(実際は打弦楽器というそうですが・・・)

そして単体で演奏してもどちらもとても魅力のある楽器と言えます。

ただギタリストはピアノは弾けません。ピアニストもギターを練習無しで弾くことはできません。

ギタリストはベースやウクレレであれば多少は弾けますし、ピアニストもキーボードやオルガン、チェンバロなどは弾けます。
でもこの2つの楽器は演奏する技術としての共通項はとても少ないのです。ひとつ上げるとすれば右手と左手が別々の動きをすることくらいでしょうか。

ピアノは腕を下ろした時に音がなります。ギターは上げたときにも音がなります。なのでピアニストとギタリストだとリズムのとり方も異なります。他にも違うところばかりです。

それでもピアノを習っていた人とそうでない人では習っていた人の方がギターを習う上ではアドバンテージがあると言えます。

結局、ピアノをしていたことにより、リズム感や音感、読譜力、メロディーやハーモニーの引き出しの違いがあります。
ピアノをしていた人はリズム譜は比較的速く読めるようになります。また自分が間違った音を弾いても気づくのが速いです。

僕は小さいころピアノを習ったりはしていなかったので、習っておけばよかったなぁ・・とこの歳になって思います。

2人目の来訪者

びっくり

先週のギターの体験レッスンでのこと、ギターの体験に来られた人の話を聞くとどうやら今通っている教室の先生とうまが合わないとのこと。
正直、先生も人間ですし、生理的な好みというものは存在するので最初はそういうこともあるのかと思いましたが、どうやらそうでもないようです。先生に問題があるようなのです。

「そう言えばどこかの教室でも先生がガムを噛みながらレッスンをするって以前うちに来られた生徒さんもいましたよ」

と何気なく言ったところ。
「いやガムも噛んでるんですけどそれは良いんですけど、もっとひどいのは全然こっちのやりたいことをしてくれないんですよ。」

とのこと。

「!?」

・・・他の教室でもガムを噛んでいる先生がいるのか??

その教室の名前を聞いてみると、さっき話題にあがった先生がいる教室と同じ・・・・ってことは??・・・・同じ先生!!
・・・・大手の超有名音楽教室なんですけどねぇ・・・

その先生が気に入らなくて僕のところだけで2人来てるってことは他のギター教室も合わせると相当な数が流出しているのでは??

その生徒さんも「ガムは良いんですけど・・・」って良くないんですけど??

生徒さんが言うにはレッスン中に歌いだしてレッスンの時間を歌ってばかりいるらしく、レッスンにならないとのこと・・・・ちょっとよくわからないですね・・・何をしているのでしょうか?

どこの教室の先生でもほとんどの先生は教え方の上手い下手はあれ、ここまでひどい先生はあまりいませんが、10人に1人くらいは運が悪いと当たる可能性はあります。「当たる」と書きましたが「当たり」ではなく「はずれ」ですね・・・

傾向としては
・個人の音楽教室
・大手の年配の先生
・クラシックギター専門の教室がエレキを教えているな教室

などは、当たり外れが多い印象があります。もちろん良い先生もいるかと思いますが悪い噂を聞くのはそういったケースが多いように感じます。

大体そういうところに行ってしまった生徒さんに見られるのは他の教室を特に検討せず、そういうものだと考え何の気なしに入校したものの通い出すとなんだか変・・・・という流れみたいです。

こういうことがあると、人のふり見て我がふり直せではないですが、気をつけないといけないなぁと思った次第です。

ギタリスト(などの演奏家)の使えるグッズシリーズ②

蛍光ペン

今回はギタリスト(などの演奏家)の使えるグッズシリーズ②です。

今回はじゃじゃーん!!こちら。

??なんでしょうか?蛍光ペン??
そうです。蛍光ペンです。

前回も書きましたが僕は譜面を見ながら演奏することが多いです。

いきなり初見ということはあまりありませんが、リハの際に初見はよくあります。
初見とはその名の通り初めて見た譜面を弾くということですが、実際は弾く前になんとな~く見渡して構成を確認したり、コードを確認したりします。レッスンの際に生徒さんの譜面を初見で読む時はいきなり弾きはじめるということはよくありますが、人前で演奏する時はリスキーなのできちんと確認します。

譜面を読む時に一番注意しなければ行けないのは構成の確認です。コードやメロディーは多少ごまかせますが、構成を間違えると命取りになりますし、下手すると戻ってこれなくなります。なので真っ先に構成を確認します。構成を確認した後は注意しなければならないところ、例えば転調するところ、リズムのキメがある場所、拍子が変わっている場所などがないか確認します。

そして「蛍光ペン」の出番です!!

リピートマークやダル・セーニョ、コーダなど、譜面によっては迷路みたいな譜面もあります。あれ?セーニョマークは??なんてこともよくあります。そんな時は事前に蛍光マーカーで印を付けておいたりします。ダル・セーニョはピンクで、ダル・セーニョ2はイエローといった具合です。

蛍光ペンの良いところは「譜面上の音符やコードの読む邪魔をしない」というところにあります。
赤ペンなどだと目立ちすぎてコードが読みづらくなることがあります。

蛍光ペンなら透過しているので邪魔になりません。

そして今回オススメするこの蛍光ペンは蛍光ペンというよりも蛍光クレヨンといった感じで目に優しい印象があります。また書き心地が気持ちいい!!生徒さんとかに貸すと普段の蛍光ペンと違ってびっくりされます。

前回も書きましたが僕はアフィリエイトとかはやってないのでリンクは貼りません。アマゾンとかに売っていると思うので見て見てください。ジムキングとかにも売っていました。

一度譜面を使っている方は利用してみてください、譜面がとても読みやすくなりますよ。

今回はギタリスト(などの演奏家)の使えるグッズシリーズ①

今回は使えるグッズシリーズです。

僕が普段使っている音楽に役立つグッズを紹介します。
今回紹介するのはこれ!
楽譜クリアファイル
書けるクリアファイルです!

ってなんかTVショッピングみたいですね。

でも僕はアフィリエイトもやってないんで特にリンクも貼りません。
アマゾンとかで売ってます。

以前はこちらを使ってました。これもとても気に入ってたんですけどねぇ。
楽譜入れ

バンドマンはあまり譜面を使用しないケースもあるのかも知れませんが、僕は必須です。
用事別に何冊か持ってます。

普段の演奏時も大抵譜面を見ます。暗記してる場合もないこともないですが、ほとんど見ます。
仕事柄丸暗記するよりも譜面を見るほうがリスクが少なく、意外に譜面を見てたほうが自由に弾けるのです。

なので譜面には注意事項やリズム、BPM等メモを書き入れることがよくあります。

通常のクリアファイルに入れていると使うたびに引っ張り出す必要があります。しまった瞬間に新しくメモすべきことが出てくることもザラにあります。そのためクリアファイルにしまったまま書くことができるグッズを発見した時は目からウロコで早速かって使っていました。これは先代のバージョンの話です。

基本的には満足していたのですが不満な点も少しありました。それは「A3サイズが入らない」ということです。譜面の場合、A3サイズの譜面を渡される時もよくあるのですが、これだと入りません。なので半分におってしまっておき、演奏する際に出したり、わざわざ半分に切ってA4サイズに戻して使ったりしていました。またファイル自体が柔らかく、丈夫でないので丁寧に扱わなければ行けない部分も若干不満ではありました。

それが今回のこちらでは両方の問題が完璧に解決されていました!!さすがキングジム!!

父親が小さな町のウィンドアンサンブルでチューバを吹いているのですが、そこで使う譜面入れがほしいと言われ、それまで使っていたものを紹介したところ、A3が入らないと話にならないと言われました。確かにウィンドアンサンブルやビックバンド系、オーケストラだとA3が入らないと役には立ちません。そこで探してたらアマゾンで見つけました。

これだと作りがかなりしっかりしていますし今までよりも上下に書けるスペースが増えました。あまりにも良すぎて3セットも買ったくらいです。

もし、譜面入れるクリアファイルを探している方いらっしゃいましたらおすすめですよ。

音楽業界の闇③

ビジネス

昨日は高額な出費が必要なオーディションの話を書きました。

大抵怪しげな音楽系の勧誘はほとんどがボーカル目当てです。
ギターなどはほとんど見かけません。

個人的にはボーカルの方にその点を知っておいていただきたいと思っています。

昨日書いたのはオーディションです。他にも音楽教室がオーディションを行っているケースもあります。
プロ志望の方専門の教室でオーディションを受けないと入れないと言うものです。
オーディションということを書いて特別感を出して生徒さんをまるで選抜していて応募した方が選ばれた方のような印象を与えるやり方です。

なぜではボーカルがターゲットにされるのでしょうか?

これはボーカルの人だけの特殊な立ち位置にあります。

楽器の場合、誰でも弾けるわけではありませんし、上手い下手もわかりやすいです。
ボーカルの場合は上手い下手は置いておけば誰でも歌うことは出来ます。

上手い下手もありますが、ボーカルの場合、ビジュアル面で左右されることはみなさん周知の事実ですし、TVで歌っている人が全員上手いというわけでもありませんので「もしかしたら自分もなれるかも??」と思われがちなのも要因になっています。

また、ボーカルの人は楽器が弾けない人、作曲ができない人が多いため、人に依存しやすいパートとも言えます。1人だとライブが成立しにくいのです。

そのため人に頼ることがどうしても多くなり、結果的に利用されやすくなります。
また、例えばギターの場合などだと、ギター初心者が「来月ギターのオーディションを受けよう!!」とはなりませんが、ボーカルだと上手い下手を除けば可能です。
ギターでも上手い下手を除けば可能かもしれませんが成立しないでしょう。

なのでそのことから楽器ができるボーカリストはこの手のオーディションはあまり受けません。

一番魅力的に映るのは

・ボーカリスト
・20代後半以降のメジャーデビューが通常難しい年齢
・活動があまり出来ていない

この3つの要素がある人は気をつけたほうが良いと思います。

最終的には判断するのは本人です。僕も生徒さんに注意しても全然聞いてもらえなかったこともあります。ただ、夢を追うかどうかは本人次第ですし、もしかしたら怪しげなものでも受けずにやめたことを後悔する人もいるかも知れません。こういった情報を元に正しい判断をしてもらえればと思います。

音楽業界の闇②

音楽業界の闇②

今日は昨日の続きです。
昨日は僕の身に起こったことを書きましたが今日は生徒さんの身に起こった内容を書いていこうと思います。

先日ある生徒さんからメールがきて、あるオーディションに受かったとのこと。
そのオーディションは有名なアーティストのプロデューサーが何名な在籍していてオーディションに受かると、ボイトレが受けられて、曲が作ってもらえてCDが作れて全国にCDが置かれます。

それ自体は良いのですが、80万円程度必要とのこと。

この金額をどう思うかはその人次第ですが、僕としてはあまり健全な仕事の仕方ではないと思います。

おそらくプロデューサーがいるのも本当ですし、その他のことも嘘ではないと思います。なので詐欺でもありません。

ネット上ではそのオーディションに受かった人から他の人への相談の書き込みが多数あり、また相当数が消されていました。
おそらくネガティブな発言をオーディションの会社が消したのだと思われますが・・・

正直僕はその会社に対して良いイメージは抱きませんが、大切なのはオーディションを受けた人たちが正しい判断をしなければ行けないということです。

確かに77万円は高いですがボイトレ+CD制作+流通+撮影等でその金額は判断が難しいところです。ピンからキリまであるのでやすくあげようと思えば全部で15万あればできるでしょうし、逆に全部を有名な方に頼むと100万あっても足りなくなります。

オーディションを受ける人が夢を買う値段と考えるなら安いのかもしれません。

ただ、ではなぜこの会社がこのオーディションをしようと考えたかを考えるともう少し複雑な心情になります。
それを知るためにもう少しネットで掘り下げて調べてみました。

調べ方は簡単です。このオーディションからCDを出している人を探すんです・・・・というのは嘘で、このオーディションの会社が主催しているライブイベントを確認します。
そうするとこのオーディションの出身者が出ているイベントが必ずあります。

オーディションからCDを出した人を探すともともとオーディションをする前から会社の息がかかったアーティストが出てくることもあるのであてにならないのです。

オーディションって最初から出来レースなことがほとんどなのでオーデションからメジャーデビューしてるからといって信用してはいけません。
ということでイベントを調べます。

そうするとありました。一度に30人近く出るイベントが、料金2500円。会場のキャパはわかりませんが写真で見る限り100~150人、30人のオーディション経験者にライブをしてもらってノルマを1人20枚課すと・・・・30×20×2500円=150万円。10枚でも70万です。必要経費を入れても全部カラオケなので知れてます。当然、主催者に儲けはでます。

その出演者が普段何をしているかもネットでわかりますが、みるとイベントはほぼ皆無、バイトのことやオープンマイクに出たとかギター練習していて弾き語りがどうとかそんな感じです。
そのオーディションを受けて順調にいっているのであればもっと違う内容になっているはずです。

続きはまた明日書きます・・・・

音楽業界の闇

ピアノ

なんか凄い重苦しい題名になってしまいました。笑

音楽業界って外から見ると華やかな側面の方が目立って見えるのかも知れませんが、大抵、表面が華やかなところの裏は真っ黒だったりします。

とはいえ真面目に音楽をやっている人の方が多いですし、音楽が大好きな人達が音楽を職業にしているのでまともな部分も多々あるのですが、僕のようなギター講師も含め、音楽で食べていくのは大変なのはこれを読んでいる皆さんでもおおよそ想像がつくと思います。

音楽などの芸術は衣食住と違い、優先順位は下がるためどうしてもお金になりにくい側面があります。

ミュージシャンであれば「お金が無くてもいい」といった考えになれるのですが、音楽をビジネスにしている人たちはそうはいきません。「どうしたら儲けれるか」という考え方になりがちです。

ポワンポワンスタジオのような音楽教室は比較的、形態がはっきりしていてビジネスとして成り立ちやすいのですが、出版業界だったり、ライブハウスだったりという業種の場合は安定感がないので皆さんが必死にいろんなアイディアを出して生き残りを図っているのをここ10~20年くらい肌で感じています。

去年、とある大きなフェスがあり、出演者を募集しているのを目にしました。見てみるとオーディションを勝ち抜けると誰でもフェスに出れるチャンスがあるといった内容でした。

これ自体は夢がある話のようなのですが、実際にオーディションを勝ち抜くと出れるのは本当なのですが、オーディションの最終審査はライブハウスで行われ、その時の集客なども審査の対象になるとのこと。
また出られるフェスに関しても、演奏できるのはフェスの中の小さな区画、しかも出演料が結構かかり、チケットノルマもあります。企画者の意図が透けて見えすぎてそれからそのイベントの告知をニュースで見るたびに、なんだかなぁ・・・と感じるようになってしまいました。

ビジネスのあり方としては良いのかも知れませんが、これだと「うちの企画ではお客さん呼べない」と言っているようなものです。

以前、バンドをしていた時にバンドのメアドに出版社から企画の持ち込みメールがありました。みるとうちのバンドの音源を聴いて気に入ったからCDを出さないかという内容。そこの出版社でコンピレーション・アルバムを出すのでそこに1曲提供してくれないか?というメールでした。大手のレコードショップなど全国で流通させるとのこと。

これもこれだけ聞くといい話に聞こえますが、中身をみるとどうやらだしたCDは30枚程度買い取りをしなければならず、30枚以上売り上げるとそこから先は売上の何割かバックされるということ。

出演アーティストが15組、15×30=450枚。450枚も売れれば元はとれて利益もしっかりでますから出版社は濡れ手に粟です。しかもノーリスク。バンドが揃えば出せば良くて揃わなければ、出さなければいいだけの話です。

ある意味どこも頭を使っていろいろ考えるなぁ・・・と感心すらしますが、本来あるべき音楽業界の姿ではないのでこれから音楽業界が生き残るためには、こういった小細工をしているとマイナスにしかならないと思います。

ギター上達には忍耐が必要

ギター上達には忍耐

レッスンをしていると生徒さんがスランプになって対策を授けることがあります。

例えば右手と左手が噛み合わない場合や、オルタネイトピッキングがプチプチ切れるときなどそれを改善するためのエクササイズやなぜ噛み合わないのかを教えたりするのですが、こういった地味なミスの場合改善まで時間がかかる場合があります。

生徒さんは数週間くらいの感じで聞いているのですが実は半年~数年の時もあります。

これが運指の問題などだと数時間で劇的に変わる場合もあるのですが、ピックの持ち方や重心のバランス、指先のコントロールなどは身につくまで時間がかかります。

ギターは始めたばかりはどんどん新しいことを吸収します。ちょっと練習すれば練習の分だけ上手くなれます。練習した分だけ上手くなるのはどこまで行ってもかわらないのですが上手くなってくるとちょっとやそっと練習したくらいだと上達を実感しづらくなります。上級者ともなると1年以上先を見据えて練習していかないと気持ちが持ちません。

なので計画性と忍耐力が必要となります。
と言ったもののプロのギタリストだとギターを弾くことは衣食住と同じ意味を持つので忍耐も何も感じてないというのが実際のところですが、一般のギター弾きはそういうわけにはいきません。地味な練習も数ヶ月続けるとなると一人ではなかなか難しいものです。

自分が続けているトレーニングがあっているかどうかは自分ではなかなかわかりません。
レッスンを受けているとそこで悩む必要がなくなるのが大きいと思います。まぁ先生が信じられないと難しいですが・・・・・

感覚的な問題は時間がかかると思って練習に励んでもらうと良いと思います。