今日のレッスンは・・・音楽理論

音楽理論

今日は音楽理論のレッスンの話。

音楽理論がわかると便利なことがよくあります。
音楽理論と言ってもみなさんが知っているドラミファなどの音階の話からコード理論、さらに難しくなるとアッパーストラクチャートライアドなど、音楽理論をある程度やっていないとわからない話までいろいろあります。

例えば「4分の4拍子だと1小節の長さは4分音符が4つ分」というのも一応音楽理論の一部な訳ですが、小学校の音楽の授業でやっているはずです。(おそらく・・・)

音楽理論って一括りにしてしまうととてもとっつきにくく、難しいイメージがあります。

まぁ簡単って訳でもないんですが、実際は皆さんが恐れるほど厄介なものでもありません。

個人的には英語の方がずっと難しいです。

今日の生徒さんもバンドなどで他の楽器の人と合わせると、他のパートのメンバーが音楽用語を使い。それがちんぷんかんぷんで意味がわかんなくて悔しいので習いに来た方です。とても勉強熱心で毎回こちらが出した課題以上のことをしてきてくれます。

今日はディミニッシュコードがよくわかないとのこと。

どうやら自分がある曲のコードをとったらD7だったけど、ネット上だとF#dimだったとのこと。

「全く違うんですが・・・・」

「音楽理論」は生徒さんが疑問に思った時がそのことについて勉強する最適なタイミング。

※ここから先ちょっと難しくなるのでわからない方は流して読んで下さい・・・
————-

D7ではなくD7(♭9)と考えると、D7(♭9)=D#dim(E♭dim)

ディミニッシュコードは構成される音すべてがrootになることが出来るので
D#dimの構成音は
・ミ♭(レ#)
・ファ#(ソ♭)
・ド
・ラ
なので

D#dim(E♭dim)=F#dim(G♭dim)=Cdim=Adim

となるので生徒さんが考えているD7とネット上のF#dimにはそれほど違わないことを説明、また前後のコード進行がFとGmだったので間はrootを加味すればF#dimと考えるのが適当だと思うことを説明しました。

—————

この文章自体音楽理論がわからないと「????????」って感じだと思いますが、正直2~3ヶ月くらい理論を勉強すれば分かるようになります。

音楽理論が分かると音楽を別の角度で楽しめるようになりますよ。

ウクレレグループレッスン。

グループレッスン

今日はウクレレグループレッスン。

ポワンポワンスタジオではグループレッスンというものは行ってはいませんが、家族や友人グループでレッスンは可能なんです。

友人同士のグループレッスンは結構楽しいです。和気あいあいと進みます。でもやっぱり技術に差はあります。
元々ウクレレをやってた人がいると当然最初から技術に差はありますし、ギターやピアノなどウクレレ以外の楽器をやったことがある人がいれば何も楽器をやったことがない人よりはやってた人の方が有利に進みます。
(ピアノをやってた方は音感がいいで傾向があります。)

そうするとみんなの足を引っ張らないように気を使う生徒さんも出てきます。

そんな時は講師の出番。

技術レベルは違ってもみんなが頑張らないと出来ないように演奏の仕方をコントロールします。

一番できる生徒さんには難しいコードと難しいリズム。逆に進みの遅い生徒さんには比較的楽に弾ける方法を伝授します。

そうやって難易度を整えるとみんなが均等に頑張らなくてはいけなくなるのでちょうどよい具合にレッスンが進行するようになります。

このコントロールを間違えると人間関係がギクシャクすることもあるので細心の注意を払ってレッスンします。

でも終わってみなさんが満足げな表情で帰っていかれるととても嬉しくなります。

そんな何気ないレッスン風景でした。

リメンバーミー

ガットギター

たまには映画の話でも。

今日「リメンバーミー」という映画を観てきました。

結論からいうととっても良い映画でした。大変おすすめです。
音楽的にも見る価値は結構あって、主人公がギター弾きなんです。
それもメキシコ音楽を奏で、結構上手い。

びっくりしたのがギターを弾いている時のアニメーション。
大概の映画では実写、アニメに関わらず結構ツッコミどころ満載なんですが今回はいうことなし。
ひどいのだとギターすらまともに描けてないのも多いですから・・・・

実写だと目線とか体重移動、腕のフリですぐにあてふりだとわかります。
アニメも手の動きが右手も左手もやばいです。

さすがディズニーです。
コードフォームからフィンガリング、すべてが完璧に再現されています。
おそらくこれは弾ける人に機器をつけてモーションキャプチャーで再現したのだと思います。

職業柄ギターを弾いている映像を見ると分析してしまうのでこの映画も例に漏れず弾き語りをしているシーンなどではコード進行などと手の動きを知らずしらすのうちに分析していました。
運指や出ている音でキーや今何をしようとしているのかも分かるので家に帰って再現することもできます。でもルンバやアバニコ奏法が出てきますのでこれは・・・ちょっと難しそうですね。

メキシコは昔スペイン領だったのでギターの奏法に関してはフラメンコの影響が色濃く出ているようです。結構アメリカ大陸はどの国の植民地だったのかで音楽性ががらりと変わるので面白いですね。

と結構再現性の高かった映画だったのですが流石に「独学で弾けるようになった」という設定は無理がありますね・・・いくら天才でもねぇ・・・

ケチが付いてしまいましたが、非常に面白く泣ける映画だったので是非見てみて下さい。

軽音楽サークル

軽音楽サークル

今日はある生徒さんとの話

その生徒さんは通いはじめて1年ほど、大学の軽音サークルに入ってベースを担当しています。
主にロック系のベースを弾いています。もともと指弾きだったのが本人の希望でピック弾きに転向。珍しいパターンです。

軽音楽サークル入るにと、まず最初にバンドを組まなければいけません。

新歓コンパがあり、その後最初に集まった際にバンド編成があります。(僕はこの新歓コンパが大嫌いでサークルを1日でやめた経験があります。僕らは歓迎されたんですけど3年生の2年生に対する扱いを見ていたら、「あー来年はこうなるんだなぁ・・・」と冷めてきたんです・・・)

バンドは基本としてはサークル内で組むのですが、ドラムとベースが足りない場合が多く、掛け持ちしたりして出来るだけ全員がバンドにいるようにします。

小学校や中学校のときみたいにグループ分けがある感じをイメージしてもらえれば近いと思います。

軽音楽サークルでバンド組のと、自力でバンド活動するのは似ているようでずいぶん中身は違います。
何が違うかと言うと

【軽音楽サークル】
・ライブはサークルが年に数回企画してくれるのでそれに参加することになる。
・ライブをしてもノルマはなくそのかわり一律の料金が徴収される。
・コピーでもオリジナルでもOK。技術レベルもそれほど要求されない

【自力でバンド活動】
・ライブは自分で作った音源を持ってライブハウスに足を運んでブッキングしてもらわなければ出来ない。
・ノルマは基本的には10~30程度あり、ノルマがない代わりに一律の料金を取る場合もあるが小さなライブハウスが多い。
・基本オリジナル。コピーの場合はそれ専用のイベントが組まれる場合が多い。技術レベルが低いとそもそも出れない

とこんなに違います。軽音楽サークルに比べて自力でバンド活動するの方が大変なのがわかります。

こんな話をしたらびっくりしていました。軽音楽サークルにいる立場からは想像がつかなかったようです。

その子は今サークル外でもバンドを組んでやっていきたいとのこと。頑張って欲しいものです。

ストイック?

練習のやる気

今日のレッスンはプロ志望の男性の方、ジャズ、ボサノヴァ、クラシック、毎回いろんなテーマでレッスンをしています。

生徒さんから「どうやったらストイックになれますか?」

たまにこの質問来ます。

個人的には自分がストイックだと思ったことは一度もないのですが周りからはそう見えるみたいです。

ただ残念ながら僕の経験ではこの質問をした人はストイックにはなれません(笑)

プロの音楽家は大なり小なりストイックな部分が多いとは思います。でも彼らにはそれは普通の話で別段驚かれるようなことではないですし、1日10時間以上ギターやピアノを練習していると、周りの人から見るとストイックに見えるかも知れませんが本人はそれほどでもないのです。

生徒さんから「どうやったらストイックになれますか?」

僕:「じゃあ、◯◯君は例えば毎日10時間以上ギターを弾いていて腱鞘炎になっても痛みを我慢して練習する人はストイックだと思う?」

生徒さん:「それは思いますよ普通。」

僕:「じゃあ(じゃあが多いですね・・・)、毎日10時間以上ゲームばっかりしていてそのうち腱鞘炎になって、でもゲームしたいから毎日10時間以上ゲームしてる人はストイック?」

生徒さん:「・・・・・・・ん~~~~」

生徒さんはそこでわからなくなったようです。ギターだとストイックだけどゲームだとストイックと言えない気がするのでしょう。おそらく生徒さんの頭の中では

ギターやピアノなどの楽器の練習=勉強

ゲーム=遊び

というように紐付けられているのだと思います。

でも練習している当本人からするとギターもゲームも一緒です。上手くなりたいから練習するのも一緒ですし、好きだから自主的に弾きたくなるし逆にやめろと言われる方が辛いのです。

なのでプロの演奏家の人たちはストイックではなく「ギター馬鹿」だったり「ピアノ馬鹿」というように「馬鹿」が好きなくらい音楽や楽器が好きなだけです。

まとめると「ストイック」になる必要はなく、ただ「自分のイメージどおり演奏することを楽しんで追求する」と結果的に周りからみるとストイックにみえるということですね。

「好きこそものの上手なれ」よく言ったものです。

春は何かを始めるきっかけに。

sakura

すっかり春めいてきましたね。
レッスンをしていても最初の話は気温の話と花粉症の話が多いですね。

寒暖の差はありますので外出時は着るものに迷いますが・・・・

春は何かを始めるのにいい時期です。ちょうど新年度で気分的にも新しい気分ですし、そういった状況を利用しない手はありません。

音楽教室も3月の終わりから体験レッスンの問い合わせがぐっと増えます。
でも人って何かを始めるときって何かしらきっかけが必要なんですよね。

僕がギターを始めたのは家にギターがあったからですが、もっと具体的なきっかけは中学の課外授業でクラシックギターがあったからです。他の子は家にギターがないのでギターを持ってる僕と友人だけがうまくなってそれで勘違いしてしまったんですねきっと(笑)。自分には才能があるって(爆笑)

まぁ今となってはその勘違いが功を奏したのだと思います。人によっては才能があったから音楽講師になれたんだという人もいますが、個人的にはやはり好きだったからなれたんだと考えています。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが本当にそうですね。

やはりレッスンをしていても楽器が好きな人、音楽が好きな人であればあるほど習ったことの消化能力も早い傾向にあります。

なんとなくでもいいです。もしなんとなく音楽やってみたいなと思った方。ぜひ一度体験レッスンを受けてみてください。

無料なので。。。。宣伝になってしまいましたね。すみません。

リズムレッスン

リズム譜

今日はリズムのレッスン

ギター歴5~6年ほどの生徒さん。

いつも16分が出てくるTAB譜を読めなくてついに一念発起してリズム譜を読む練習をしています。

実は8分も怪しかったことが判明。流石に1ヶ月ほどで8分までのリズム譜は読めるようになったものの、16分が混ざると途端に読めなくなり、ギターを持ってもダウンとアップがぐちゃぐちゃに・・・・

そんな時は一呼吸おいてゆっくり考える。

どうしても速く弾けるところにくると速くなり、そのご難所になるとその速いスピードが仇となりついていけなくなる悪循環。

こういう時は一番むずかしいところの弾けるスピードに合わせて練習するのが基本なのです。
その後1拍に入るリズム・パターンをいくつか練習、結局は頭ではなく身体で反復してリズムパターンを覚え、ギターを弾く際にも右手がきちんとダウンとアップの感覚を身体とリンクさせて無意識レベルで弾けるようにトレーニングしていくしかないのです。

取り合えず今日は4通りの16分のパターンを覚えて帰りました。焦らず1年計画くらいのつもりで頑張れば身につきます。ローマは一日にしてならず。全くそのとおりですね。

作曲のバリエーション

songwriting

今日の生徒さんは作曲と弾き語りをされている年配の方。
最近自宅に防音室も作ったとても音楽に対して精力的な方です。

毎回いろんな自身で作曲した曲をもっていらっしゃるのですが、一回聞かせていただいた後に感想と改善点を話したりしています。今回の議題は「ワンパターン化をいかにして避けるか」

作曲をしていると大体10曲前後くらいからいろいろと似通ってきます。
コード進行だったりメロディーのリズム、メロディーのフレーズだったりどうしても癖が出てきます。

今回はギターで作曲をする方です。最終的には地道に基礎力を身に着けていくしかないのですが付け焼き刃でよければ・キーを変える(使用したことのないキーで曲を作る)・あまり使わないコードを使用してみる・あまり使わないテンポで曲を作ってみる。などが効果的です。

ただしこれも実際には20曲くらいになるとこの方法も使えなくなってきます。

実際は頭の中の引き出しを増やすしかありません。

具体的にはいろいろなジャンルの音楽を聞いたり、耳コピしてコード進行とメロディの流れを分析(アナライズ)したりリズムも8分、16分、シャッフルなど様々なリズムを試したりしていきます。また、1曲の曲をアレンジで何通りもの見せ方が出来るようにしたりします。今はyoutubeなどのいい教材があるので同じ曲がカバーするミュージシャンによってどうコードアレンジがされるのか、構成、間奏などを比べていくととても勉強になります。また普段から聞き慣れないコード進行が聞こえたら欠かさずチェックし、耳コピしてそれがなんのコードで前後のコード進行なども含め頭に叩き込んだります。

最終的にはこういった事の積み重ねが新しい発想を生み出すのです。評価が高い作曲家が入れば分析してどこが他のアーティストと違うのか比較したりします。

・・・ということをもうちょっと噛み砕いて説明しました。
(このまま話すと????になるので・・・)

要は最終的には地道な努力が実を結ぶという結論に・・・やっぱり「継続は力なり」ですね。

教本の流行り

教本

今回は教本の流行りについて書いていきたいと思います。

僕は楽器屋の近くを通ると出来るだけ行くことにしています。

僕自身が興味があるというより、世の中の流れがわかるからです。

例えばエフェクターコーナーに行くと今の流行りがわかります。
ネットで情報は入ってくるのですが、ネットと店舗では品揃えが違います。

これはネットと店舗での売れ筋が違っているからです。

ネットで買う人は商品の事をよく知っている人が安く買いたいケースが多いのですが、店舗だとネットで買うのが心配だから一度弾いてみて買いたいという方が多い傾向になるのだと思います。

話を元に戻しますが、楽器屋に行くと教本コーナーにもいきます。
10年前と現在を比べると教本の中身もずいぶん変わりました。

僕が最近の教本をみて感じるのは「他にない」を求める新しい観点からの教本が多いということです。

昔はどれを見てもあまり変わらず逆に言えば良い教本と悪い教本の差は現在ほどなかったと思います。
今は同じ教本を出来るだけなくす傾向にあるように感じますので逆に言えばかなりアウトローな視点の教本もあります。

例えば実際の本の名前は出しませんが、アドリブに特化した変わった教本が3年ほど前からあってその教本には永遠と2-5-1というコード進行(例:Dm G7 C)の中でソロを引き続けそれをTAB譜にまとめたものがあります。

通常この手のものだと1ページに何パターンかアドリブ例が書かれていて各コードに対するアプローチの解説などが載っているのが主流ですが、この本には一切の解説がなく、ただただ永遠と100ページ近く16分の音符が載っています。確かにこれを全部覚えたらアドリブには役に立ちそうですが覚えるのにかかる時間と普通にアドリブの練習をしてアドリブが出来るようになる時間とどちらが効率が良いかと言われるとわかりません。

実際に僕の知り合いの中にも興味をしてみて3人ほど買ったという人がいましたが半年後に聞くとみんな2週間~1ヶ月ほどで続けれなくなりやめてしまったそうです。

教本の方針としては悪くなかったと思いますがこれを続けられる人は普通に練習しても出来るようになっていたはずなのでそれを考えると良い本かどうかは迷うところです。

また「アニソン」や「ボカロ」関連のギター本は増えましたね。これは10年前はなかったことです。

あと「ザ・教本」という感じの教本は減りました。被りますし目新しさがないからでしょう。他には「一日で弾ける~~」や「30分で~~」とかは増えました。個人的にはこの手のは買ってはいけない類の本に分類されますね。

何はともあれ最近はモールなどにも楽器屋さんが入っていることが多くなりましたし行きやすくなったと思います。楽器屋さんのそばを通った時は覗いてみて下さい。勉強になりますので。

教本を買うべきか

lessonbook

昨日「教本の流行り」を書きました。
今日はその流れで「教本を買うべきか」というテーマで書いていきます。

よく生徒さんから「教本を買った方が良いか?」や「教本で勉強をしたほうが良いか?」といった質問をされることがあります。特に当教室は指定の教本がなく、一人ひとり担当講師がカリキュラムを決定するため、習いはじめの生徒さんは何かあった方が良いのではないか?と考えるのは当然のことなのかもしれません。

では教本は果たして買うべきなのでしょうか?

教本を買う際は「買ったほうが良い教本」と「買うべきでない教本」を見極めることができるかどうかです。私自身も理論を教える際は指定した理論書を生徒さんに用意してもらうますし、クラシックギターも指定した教本で進めます。ピアノの場合もバイエルやブルグミューラー等の教本だったり、最近ではそれに近いものを使用してレッスンをしているはずです。それはクラシックに関してはバイオリン、フルートなど全般に言えることだと思います。

逆に最近は癖の強い教本が多く見られます。

最近もウクレレの生徒さんに教本を買うべきか聞かれました。

「教本は要らないけど、ウクレレの弾き語り曲集があるといいかな・・・」と言いました。ウクレレの弾き語りはそれほどレベルにばらつきがないので「知っている曲や弾きたい曲が載っているのだったら何でも良いですよ」と言ったのですが・・・・これが間違いでした。

次のレッスンの時に生徒さんが持ってきたウクレレの題名をみて「しまった・・・」

「~個のコードを覚えれば弾けるウクレレ曲集」的な題名。

本としては悪くないんですが・・・これだとそれ以外のコードが出てこないんでいくら曲を進めてもコードの数が増えないんです。

1人ではじめて弾くには良いのですがレッスンに使うとなると非常に不便。でもせっかく買ってきてもらったので使わねば・・・と思い。その日は2曲ほど弾きました。

その後2~3回はその教本を使ったのですが案の定新しい曲に移っても移った感じがしない・・・常に同じコードしか出てこないですし、曲のキーも使えるコードに移調されているので原曲は歌えるけど教本の曲だと歌えない・・・と問題点が噴出し、また新しい別の教本を買うことになりました。

間違いがあってはいけないので今度はこちらが指定。無事良本をゲット。いい勉強になりました。