オススメギターブランド(アコギ)中級者向け

taylor

一昨日から書いている勝手にオススメギターブランド(アコギ)今日は昨日の初級から移って、中級編です。

中級者ともなりますとギター選びの選択肢は増えます、そのかわり最初に買ったギターよりは予算を多く出しておらうのが良いと思います。

また中級者になると「アコギ」か「エレアコ」かという判断基準も出てきます。外で弾く機会が多ければエレアコも選択肢に入れてもいいと思います。

予算としては8万~となります。もちろんオークションなどで買えば5~6万くらいでも良いのは出てくるかも知れませんがリスクはあります。

個人的には中級者以降は音の区別が出来てくるはずですので楽器屋に行って試奏して購入することをオススメします。

ブランドですが8万~になるといろいろ選択肢が増えてきます。10万以下だとK.YAIRIでしょうか。間違ってもS.YAIRIを買ってはいけません、1980年代くらいまでのは本物ですが、最近のS.YAIRIはブランド名を取得した別の会社が作っているので間違って買わないように注意しましょう。

10万以上だとそろそろギブソンやマーチンといった超有名所のギターの中古品が買える圏内に入ってきます。
アコギの2大ブランド・メーカーといえばこの2社でしょう。12万前後くらいから買えるものが出てきます。

でも気をつけてほしいのはブランドでギターを選ばないこと。

・・・って今回の題目と矛盾しているようですが・・・・・苦笑

言い方が間違ってました。ブランドだけでギターを選ばないこと。この「だけ」が重要です。
オススメブランドだから大丈夫というわけではありません。

「旅行先に韓国がオススメだからと言って辛いものが全くだめな人が行くと楽しみ半減」に近いです。

特にギブソンは当たり外れがものすごくて、大外れだと中古で16万くらいで買っても中古の3万のアコギの方が良い場合もあるくらいですからギブソンだからOKとは思わないでください。

中級者で耳に自信がある人は冒険してみてもいいですが、自信がない人はあまり安物買いをしないほうが良いかもしれません。

中級者にオススメのブランドですが、テイラー、ゴダンあたりがおすすめです。作りもしっかりしています。両社ともエレアコは得意としているのでこの機会にエレアコにするのもありだと思います。

ギブソン・マーチンが良いのなら、フェンダーは?と思うかたもいるかも知れませんが、フェンダーは超一流メーカーではありますが、エレキには定評がありますが、アコギはまだ評価されているとは言いにくい状況です。もし15万以上出せるのであればギブソンやマーチンも射程距離ですので試し弾きしてみることをおすすめします。

明日は最後、上級者向けオススメギターブランド(アコギ)を書いていきます。

オススメギターブランド(アコギ)初級者向け

FG180

昨日から書き始めた勝手にオススメブランドを紹介することにしましたが、今回は初級者向けのオススメギターブランド(メーカー)の話。

初級者の方は比較的安価なギターを求めます。理由は簡単でまず①相場がわからない、次に②値段による音の良さの区別がつかない。③どれも同じに見える。といった感じです。要するに違いが認識できないものにウン万も使うのもなぁ・・・・といった気持ちなのでしょう。

まぁこれはよくわかります。ファッションに興味がない人からするとブランド物のジーパンとGUのジーパンみたいな感じでしょう。見た目も質もファッションに興味がない人からするとそれほど違いを感じないにもかかわらず、値段がひと桁違うのですから、「えっ?GUなら10本買えるじゃん!!」となりますよね・・・

一昔前は安かろう悪かろうの時代でしたが今は安くてもいいものもたくさんあります。ギターも昔よりはだいぶ質が良くなってきている印象があります。予算にもよりますが、初心者の方がギターに賭ける金額としては平均2~6万、出しても10万まででしょうか。

もちろん1万という方もいますが、1万だと中古しか選択肢がないです。

中級者以上だと楽器屋に行って試し弾きしてほしいのですが、初心者には意外に試し弾きのハードルは高いらしく恥ずかしいみたいです。また弾いてもわからない、何を確かめればいいのかもわからないといった声はよく聞きます。

そんな方にはYAMAHAをおすすめします。ポワンポワンスタジオにはYAMAHA信者か!!ってくらい楽器のYAMAHA率は高いです。

YAMAHAは備品には最適なんです。安定感があって、ジャンルをそれほど選ばないので。また壊れにくく経年変化も少ない印象があります。(ちなみに個人では使ってません。個人で使うとなると特徴があまりないのが仇になりますね。。。いいギターだとは思うのですが・・・)

YAMAHAのアコギだと新品だと3万円台くらいからあります。中古だと1万前後からあります。正直中古でも保証がついていればそれほど心配はないと思います。名古屋市内にも多数中古を取り扱っているお店はありますのでいろいろ探してみると良いかもしれません。新品でもっと安いものが良いのであればエピフォンくらいでしょうか。他はリスクが高すぎてオススメできません。特に1万円でいろいろついてくるようなものは絶対に避けてください。といって調べていたらF-315D というYAMAHAのセット品があるんですね・・・・YAMAHAといえどもこの価格だと多少リスクがあるので避けたほうが懸命かもしれません。。。。

初心者向けの他のメーカーだとモーリス、エピフォン、アリア、K.ヤイリ、TAKAMINEってところでしょうか。ここらへんだとどれも一流メーカーなので安心して使えると思います。個人的にはK、ヤイリでしょうか。インスト志望の方はK。ヤイリの方が相性がいいかも知れません。

明日は「中級者」向けのオススメギターブランドを書いていきます。

オススメギターブランド(アコギ)

YAMAHA

今回はかなり個人的好みで書きますので評価が割れる回になりそうです(苦笑)

よく生徒さんからギター何買えばいいですか?と聞かれます。
生徒さんは気軽に聞いているつもりですし、僕らも気軽に答えていますが、実はこれは本当はとても難しい問題です。

例えをあげればこれを読んでいるあなたが初対面の人に
「私にオススメの服のブランドを紹介してください」
と言われているようなものです。

まずファッションの好みもわからなければ好きな色なども知りません。
もちろんその日に着ているものを見て何となくイメージは湧くかも知れませんが聞かれている本人がいろんなブランドに精通しているわけではないので困ります。

たとえば「DIESELがいいですよ」と言ったら、「高い」と言われるかも知れません。
かといって「GLOBAL WORKがいいですよ」と言ったら「カジュアルすぎる」と言われるかも知れません、アドバイスする方にプレッシャーも掛かります。

とは言ってもアドバイスしないわけにはいかないので、個人的にはという前置きをしたうえで今回はオススメしていきたいと思います。

まずは僕の場合、その生徒さんを系統に分けます。勝手にですが・・(笑)

服でもモード系やカジュアル系などいろいろあるのと一緒でギターにも系統があります。

まずは技術レベルで「初級者」「中級者」「上級者」と分けます。
これはある程度わかりやすいですね。

次にスタイルです。
「弾き語り」「インスト」

そしてその人の性格です。
「ブランド志向」「質を求めるタイプ」「安定を求めるタイプ」

最後にいちばん大事なのが「予算」
これが選択肢を決める要になります。

こういった面を頭に入れながらオススメすることになります。

これらを全部考えながら書いていくとちょっと大変そうなので今回はここの「初級者」、「中級者」、「上級者」という3段階でオススメのアコギを考察していきたいと思います。

明日は「オススメギターブランド初級編」をお送りします。

発表会はデメリット無し!!

発表会

今日のレッスンは発表会前最後のレッスンのギター弾き語りの男性の方。

仕事が忙しくて先月休みがちだったので僕も心配していました。

ポワンポワンスタジオが行っている発表会:PLIVE に出るために半年前から練習していたのに1ヶ月前に急に仕事でいろんなトラブルがあり、大変だったとこのと、あまりにも練習が出来なかったため、出るのをやめようか本気で悩んだそうです。

そんな彼がなぜ翻意して出ることを決意したのかと言うと。

「出て起こるデメリットはなく、メリットしかないことに気づいたから」

というものでした。
よく気づきましたね。そうなんですよ。

これは声を大にして言いたいんですが、発表会ってメリットしかないんです。

例えばミスしたり失敗したり、恥を書いたとしても発表会なら大丈夫なんです!
もともとミスしても良いという前提のイベントですから。

もちろんそんなこと言っても生徒さんは失敗したくはありません。恥も書きたくありません。
ミスしたら嫌な汗をかきそうなこともわかります。

でも前向きに考えればミスも含めて経験です。大事なのは後に何が残るかです。
場数を踏めば人前で弾くことにもなれますし、もっというと場数を踏むことでしか得られない経験のほうが多いのです。

これが発表会でなくてお金をお客さんからもらって音楽を聞いてもらう立場だったらどうでしょう??お金もらっている以上ミスは出来ませんよね?少なくとももらったお金に見合う演奏を求められます。

そう考えるとミスできる場所っていうのはとても貴重だと言えるでしょう。

何度も言いますが基本はミスをしないように練習はしますが、緊張などもあるとギターを弾いていてもコードを間違えたり、ボーカルは歌詞がとんでしまったりという可能性は当然あります。でも発表会だからミスを恐れずにどんどん冒険してもらいたいと思います。

最後にもう一度言わせていただきますが。

「発表会ってメリットしかないんです。」

教室に通っていて興味があるかたは是非次回ご検討ください!!

歌の話

歌の話

いつもレッスンのときには生徒さんが何か発見していってもらえると良いなぁと感じながらレッスンを行っています。

今日はボーカルの生徒さんの話、体験レッスンを受けて半年間悩んで入ったという真面目で努力家タイプの生徒さんです。半年前に入った時は腹式呼吸が何なのか、お腹に力を入れるということがどういうことなのかも全くわからない状況で入って来られました。

腹式呼吸は皆さん普段から自然にしているものなのですが、いざ「してください!」と言われても出来ない人は多いです。なぜかというと別に腹式呼吸が出来なくても生活が不自由になることはないため腹式呼吸が何なのかを生活の中で意識することがないからです。意識せずにしていることを意識してするのって意外に難しいんです。

ちなみに腹式ができなくても歌が歌えないことはありません。ただ胸式で歌ってしまう方は、

・なんか声が棒読みっぽい
・のっぺりとした歌しか歌えない

という悩みを持ってしまう方が多いです。

その生徒さんはまさに典型的な胸式タイプでリズムも音程も平均的にはとれるのですが何か気に入らない・・・と悩んでいたようです。

ボーカルはギターやキーボードなどの楽器と違い、もともとある程度は歌えるところからスタートすることになります。
これが楽器だと、まず音を出してみるという基本中の基本から始まるのですが、歌はなまじっか歌えてしまう分、基本をやり直すのが難しいと思われます。特に自分ひとりで何かしようと考えるとかなり難易度があがるかと思います。

ボーカルはそういった意味では「習う」というよりも最初は「修正する」といった概念の方が理解しやすいかもしれません。

知らない外国語を習うのと、慣れ親しんだ日本語の言葉遣いを治すのに近いと考えると難しさのタイプが違うのはわかっていただけると思います。

そんな生徒さんもようやくお腹から声を出すということがどういうことなのかわかるようになってきました。声量も初期に比べると5割ほど増しているように感じます。生徒さんも「カラオケに行くと以前よりも声が出るようになったように感じます」と言って感謝されるのは講師冥利に尽きます。

楽器が弾けないのと違って歌が上手く歌えないのは悩みになりやすいので少しでもお役に立てていれば嬉しいですね。

せっかちさんはご注意を

せっかち

ギターレッスンをしていると生徒さんの性格がわかります。
長く教えていると性格だけでなく、価値観などもわかってきます。
(生徒さんもわかってるかも知れませんが・・・・笑)

大きく分けると生徒さんのタイプには・マイペースな生徒さんと・せっかちな生徒さんの2タイプがいて、タイプによって出した課題への取り組み方も違ってきます。

マイペースな生徒さんでもハイペースなマイペースタイプとロースピードのマイペースタイプなど分かれますが、どちらにしてもマイペースな生徒さんはあまり飽きたりしにくく決めたら頑張って最後までという方が多いので計画さえきちんと立てればあとはスムーズに進むことが多いです。

間逆なのがせっかちタイプの生徒さん、良い面をあげるのであれば非常に積極的です、ツボにはまれば非常に効率よくレッスンがすすみますが、一旦レールをはずれてしまうと暴走してしまうことがあります。

また飽きやすいので出来てなくてもどんどん先に進もうとしてしまいます。
基礎が出来ないうちに応用へ進みたくなってしまうので教える方としても上手く誘導していかないとレッスンが成り立たなくなってしまいます。

こうやって書くとかなり危ないタイプのように感じますが、実際はそうでもありません。
逆に上手く誘導できれば爆発的なスピードで上手くなることもあるので全ては取り組み方です。短期間で上手くなるタイプの生徒さんもこのタイプが多いです。

レッスンでは講師がバランスを取ってやっていくので良いのですが、自分で練習する際は自分のタイプを上手く把握するのが一番です。

上手くなるタイプとしてはせっかちなタイプの人は辛抱してマイペースを心がけること、マイペースなタイプの人は守りに入らないことが効率よく上手くなるコツかと思います。

ちなみに僕はせっかちだけどマイペースを心がけるタイプです。
昔は結構雑だったなぁと今になって思います。自分のことをよく知り補って行くことで練習の効率もぐんとあがるかもしれません。

手首、親指、肘の使い方

hand

ギターやウクレレ、ベースなどの楽器を長年やっている方は分かるかもしれませんが、押さえにくかったり、音が出にくかったりする状況を打破するのに手首や親指、肘がキーポイントになっている事が多々あります。

最初はみなさん「握力」の問題だったり、指の長さの問題にしがちです。
男性の方は力任せに押さえつけたり、女性の方は力がないと嘆いたりする光景には何度も出くわしていますが、残念ながらそこに答えはありません。

そういう時は僕の場合は僕の真似をしてもらいます。そうすればその生徒さんがどれくらい自分の身体を理解しているかがわかるからです。

ほとんどの場合、「真似してみてください」といっても、真似できてません。人は生まれて一度もとったことがない動きは見ても再現できないのです。実際に目の前の人と同じ動きをしようと思っても、自分の身体をどのように動かせばそのような動きができるのか意外にも私たちは分かっていません。

そこで僕の出番です(笑)

僕の指示に従って手を動かしていきます。そうすると・・・あら不思議・・・さっきまであんなに押さえにくかったコードが比較的楽に押さえれるようになります。

生徒さんは魔法にかかったかのようにびっくり・・・・いや、盛ってませんよ(笑)本当の話です。

でも不思議なことに僕の指示には僕の動きは入ってません。僕は支持をする際に手首や肘、親指などの可動域の使い方を身体に説明しています。それによって生徒さんには新たな可動域が生まれます。「新たな」と言うといいすぎですね・・・「今まで気づかなかった可動域を発見する」のほうがいいのかもしれません。

さすがに文章では書けないので具体的な説明はできませんが、皆さんも押さえれないコードがあった時や指が届かない思いをしたときは手首、親指、肘の使い方を見直してみてください。

賢い人は楽器が上手くなるのも速い??

賢い練習

僕もたまに気になるのが、「賢さと楽器の上達スピードに相関関係があるのかどうか」です。

僕がいろんな生徒さんを見てきた傾向としては「ある」というのが僕の見解です。

まぁ普通に考えても賢いほうが考えて練習できるので当然上手くなるとは思いますが、でも楽器は頭で弾くものではなく身体で弾くものです。身体が資本のスポーツ選手が賢いかと言うとそうでないケースも多々あります。
小さな頃スポーツ漬けでロクに勉強もしてこなかったので漢字もあまり書けないという人も結構な割合でいます。

ただここで問題になるのが「賢い」の定義です。漢字がかけなくても賢い人はたくさんいます。

「賢い」=「勉強ができる」=「高学歴」という図式ではありません。

賢くても興味のないものには手を付けない人もいます。また学歴と賢さも傾向はあれど比例しないと考えています。

僕が講師をはじめて今までにおそらく数百人もの人にギターを教えてきていると思いますが、講師でやっていけるくらい上手い、もしくは本気で取り組んだら上手くなるだろうと感じる人はなかなかいません。しかもその中の半数以上の生徒さんはすでに仕事を持っていて本気でギターに取り組める環境がない人だったので実際に講師レベルで上手くなるのは大変難しいことです。

上手くなる生徒さんには2タイプいます。努力家タイプとギターバカタイプです。

正直「ギターバカタイプ」の人の方が圧倒的なスピードで上手くなります。「努力家タイプ」の人は悩みながらコツコツやっていくのでこっちのタイプの人の方が講師には向いています。

講師は「元々出来る人」よりも「出来なかったけど出来るようになった人」の方が向いています。
「元々出来る人」は人の苦労がわからないケースが多いので打開策もわかっていないケースが多いです。

ちょっと道がそれてきましたね(笑)。今回のテーマは「賢い人は楽器が上手くなるのも速い??」です。
賢い生徒さんは僕が出した課題の意味を理解しています。この課題の意味を理解できるかどうかは練習の効率を飛躍的に高めるので相当重要です。また僕が理解していることを理解するのも速い傾向にあります。

感覚的なことを言葉でいうとどうしても抽象的になるのですが、賢い人だとかなり短時間かつ少ない情報量で伝わっているように感じます。

僕なりにまとめますが「賢い人がギターが上手くなる」と誤解しないでください。
「賢さとギターの上達スピードは相関性がある」程度に考えてもらえればいいと思います。

頭を使って練習を考えて身体を使って理解するのはどちらも一緒だと思います。

昔の唱歌と今の唱歌

童謡

昨日は「禁じられた遊び」というクラシックギターの曲の話を書きましたが、そのあとに同じ生徒さんと唱歌の話になりました。

生徒さんから「今の人はどういう唱歌をきくのか?」

と聞かれたのです。

残念ながら僕はすでに今の人ではありません(笑)
でも小さなお子さんとかと話す機会はあるのでそういった話を聞いたことはあります。

確かに唱歌は今も昔も変わらないものがある一方で、昔はあったけど最近は聞かない曲もあるような気がします。生徒さんと「ふるさと」という唱歌の話をして思い出しましたが昔「うさぎ追いし」を「うさぎ美味し」だと思ってました。。。この曲をはじめて聞いた時は全部ひらがなだったのかもしれません。

考えてみると昔よく歌われていたけど最近耳にしない曲は時代性があるのかもしれません。
例えば童話も僕らが知っているさるかに合戦はだいぶ柔らかな表現になっている気がします。
本来は結構残酷な話で、猿が蟹を殺してしまう「因果報応」が主題の話なのですが、現代の教育には不向きなようで残酷な表現を目にさせないという内容に変わっています。

唱歌にしても教育の影響は避けられないようで軍国主義を思い出させるような類の曲や歌詞の日本語がわかりにくい曲、小さな子に適していない曲などは省かれているようです。また理由はわかりませんが「この道」や「待ちぼうけ」、「月の砂漠」など教科書から消えた曲もあるようです。まぁ新しい歌を入れれば何かが消えるのは仕方がないことなのかもしれません。

そう言えば僕が子供だったころは「かごめかごめ」という曲がありましたが、これも元は「遊女の歌」とする説などがあり、その影響なのか最近はめっきり聞かれなくなりました。

自分が小さな頃聞いていた曲が廃れていくのは、なにか寂しい気もしますね。

禁じられた遊び

禁じられた遊び

今日の生徒さんはクラシックギターの生徒さん。クラシックギターと言ってもクラシックギターを弾いてはいますが、クラシックを弾いているのではなく基本的には童謡や昭和唱歌を弾かれている年配の方です。

クラシックギターは別名ガットギターと言います。クラシックギターでクラシック以外の音楽を弾く人は「ガット」や「ガットギター」ということがほとんどです。ガットとは元々は 動物の腸(gut)を使用して弦を作っていたことから由来します。テニスのラケットにも張られてますが現在ではそのほとんどはナイロンに置き換わったため本物のガット弦はほとんど作られてません。そのかわりナイロンで作られたナイロン弦という物が主流になっていますが、昔の名残でガットギターと呼ばれています。

でも今回はクラシックの話をしたいのでクラシックギターと呼ばせていただきます。
レッスンの際に生徒さんと「禁じられた遊び」の話になりました。

この曲です。

 

クラシックギターの曲の一番有名な曲=「禁じられた遊び」というのは間違いないと言っていいでしょう。
生徒さんとの話でこの「禁じられた遊び」という曲は本当にみんな知っているのだろうか?という話になりました。

疑問を持ったのは僕なのですが。。。何故かと言うとそもそもこの「禁じられた遊び」をレッスンやコンサート以外で外で聴いた記憶がないからです。みなさんがこの「禁じられた遊び」を知っているのであれば当然どこかで聴いたはずなのですが、街頭やカフェで流れているイメージもないですし、聞くシュチュエーションが思い浮かばなかったのです。

そもそもこの曲は「禁じられた遊び」という題名ですらなく、「愛のロマンス」という題名です。「禁じられた遊び」というのは1952年に公開された白黒の映画の題名でその映画の主題歌がこの「愛のロマンス」です。ナルシソ・イエペスというクラシックギタリストが弾いています。いつの間にか題名よりも映画のタイトルの方が有名になってしまい「禁じられた遊び」と呼ばれるようになりました。

この曲、なぜか簡単でクラシックギターで初心者でも弾けるようなイメージを持たれています。理由としては前半の4分の1くらいまでは指1本で弾くことが可能なため最初の方だけ弾く人が続出したためです。おそらく教本やレッスンなどで先生が使って広まったのかもしれません。

ところがこの曲、後半になると急に難しくなります。難しくなるといってもクラシックの数ある曲の中でみれば簡単な曲に分類されるのですが、初心者ではちょっと難しいと思います。とは言う僕も体験レッスンでこの曲を取り上げたことがあるので僕もこの曲が初心者向けだと勘違いされることに一役買ってしまったのかもしれません。

興味がある方は是非挑戦して見ください。普段指弾きをしている方にはおすすめです。