はじめる際に買ったほうが良いもの(エレキギター編)③

ギタースタンド

さて、1回で終わると思われた始める際に買ったほうが良いものシリーズ、結局3回めになってしまいました。

そしてその次はアコースティックギターやベース、ウクレレ、DTM、など書いていくとまだまだかかりそうですね。

前々回、チューナー、メトロノーム、アンプ、ケーブル、そして前回、ピックと弦について書きました。

今回はその続き、まずはクロスですね。

一番思いつきにくいのがこちらでしょうか。なのであったほうがいいですが絶対にないと困るというわけではありません。
クロスは弾き終わった後のギターの指板やボディーを拭くためにあります。
台所なども使い終わったらクロスで拭かないと気持ち悪いですよね。それと一緒です。
拭かないと汚れが取れませんし、弦も錆びにくくなります。ちょっとしたことで逆に節約になるとも言えます。

ギターを弾くのは多少カロリーを消費するので手が汗をかくこともあります。汗が弦についたままで放置すると・・・・と考えていただけるとわかりやすいですよね。汗っかきの人は要注意です。

値段ですが数百円~1500円くらいです。高くなると目が細かくなりより汚れが取りやすいです。安くなればなるほど劣化しやすく早くボロボロになって弦に生地が挟まって糸が解れたりすることもあります。

次はギタースタンド、これは無くても良いですが、個人的には出来れば買っていただきたい!!と一番に推す商品です。

ギタースタンドはその名の通りギターを立てかけておくものです。
「毎回しまっておけばいいじゃん」って思いがちですし別にそれでも構わないのですがギターを教える立場の人間としてはギタースタンドの使用を強く勧めます。

最初、ギターを始めたての時は当然ながらギターを弾く習慣がありません。なのでどうしても練習を忘れがちなんです。
仕事から疲れて帰った時にくたくたの状態で果たしてギターケースからギターを出す気になるでしょうか?
でもギターがギタースタンドに立てかけた状態でおいてあれば何気なく触ってみるかもしれません。

ギターケースに入れてしまうとそのギターケースはどこにしまわれるでしょうか?

目につかないところにおきますよね。目につかないところは大抵出しにくい場所です。出すのが億劫になります。

逆にギタースタンドに置いたギターは目につくところに置かれることが多いです。インテリアにもなります。
目につくということは気になりますので弾く機会は圧倒的に増えます。

練習するという側面からみるとギタースタンドに立てかけたほうが断然いいのです。
ギタースタンドは意外に安価です。

楽器屋に行くと大抵数百円で売っています。
価格的には数百円~数千円といった具合です。

個人的にお勧めは壁掛け用のスタンドです。
ただし賃貸マンションだと壁に穴が開けられないのでなかなか難しいかもしれません。

ギタースタンドのメリットばかり書いたのでデメリットも一応伝えておきます。
デメリットは1つ、「掃除の邪魔になる」ということです。

どうしても形状から埃がつきやすく、掃除機をかけていても多少邪魔です。なので壁掛けのギタースタンドをお勧めしているというわけです。

戸建ての方や壁に穴が開けれる方は壁掛けギタースタンドを検討してみて下さい。値段も1000円~2000円くらいとそれほど高くありません。
インテリアとしては最高ですし、きちんと設置すれば不意な事故でギターが落下ということもまずありません。

最後にギターケースです。
ギタースタンドを勧める時にあれだけギターケースをけちょんけちょんにけなしておいて言うのも何ですが、ギターケースは要ります(笑)
大抵は買うとついてきますが、中古のギターを買ったときなどはついてこないケースもあるかもしれません。

ギターケースがある理由は説明しなくてもわかると思います・・・・持ち運ぶ時に必要ですので・・・たまに裸で持ち歩く人もいますが、何があっても責任持てないので絶対に外に持ち出す時はギターケースを使用して下さい。値段は2000円くらいから数万円まであります。

2000円のケースはうす~いビニールのケースなのですぐにだめになります。5000円以上になるとクッションが入ったりして多少丈夫になってきます。1万を超えるとちょっと落としたくらいではなんともないくらい丈夫なものになります。

以上がエレキギターをはじめる際に買ったほうが良いものになります。参考にして下さい!!

はじめる際に買ったほうが良いもの(エレキギター編)②

ポワンポワンスタジオ名古屋八事校です。

本当は1回で全楽器の必要なものを書くつもりがエレキギターの途中で終わってしまいました。
ひとつひとつ説明をしていると結構文章が長くなってしまいますね・・・・

続きを行きましょう。

前回はチューナー、メトロノーム、アンプ、ケーブルまでいきました。

ギター教室の体験レッスンをしているとよく聞かれるのがピックの選び方です。

ピックはエレキギターの弦を弾くものです。前回チューナーが一番必要だと書きましたが・・・・訂正します(笑)。。。同率でピックも必要なものNO1です。

ピックは100円前後とかなり安価なので特に負担にはならないかと思います。
ただ、このピックは膨大な種類、形状があるので初心者の方には何がなんやらわからないと思います。

いずれピックの特集も組みたいと考えていますが、今回はわかりやすく選ぶ際の注意点を説明します。

ピックは主に形状と厚さ、材質で音が決まると言えます。
形状はほぼ正三角形の「おにぎり型」と呼ばれるものと涙の形をした「ティアドロップ型」の2つに分類されます。

初心者の方は「表面積が大きい」という理由でおにぎり型を選択する人が多いです。逆にプロのギタリストはティアドロップ型の使用者が圧倒的に多いです。

ではティアドロップ型の方が優秀そうだからティアドロップ型にした方がいいのか?というとそうでもありません。
ティアドロップ型は弦にあたる面積が小さいのと表面積が小さい分ずれると弾きにくいという側面も持ってますので初心者の方は「おにぎり型」でもいいと思います。

次に厚さですが、理屈で考えるとわかりやすいのですが厚みがあればあるほど「しならなくなる」ので弾いた時の抵抗も感じやすく引っかかっているような感覚になりがちです。逆に柔らかければ柔らかいほど「ペチペチ」とした音になりますし、しっかり弾いても厚いピックに比べると弱い印象を受けます。
要はどっちがいいとも言えないってことです。

最後に材質です。上手い人になればなるほどこの材質へのこだわりは半端ありません。
通常のプラスチック樹脂のものから、金属、木、石など結構なんでもありです(笑)

ただ正直なところ金属や木、石は癖が強くごく一部の方が好んで使う程度ですのでやめたほうがいいと思います。

最初は材質はあまり考えず、「滑りにくい」とかそんな程度で捉えるといいのではないでしょうか?

では結局ピックは何を買えばいいのかってところですが、個人の意見としては最初は別々の種類のものを5つくらい買ってもらうことをお勧めします。

最終的には十人十色な選択になるのは目に見えているので逆にいろいろ試すってことですね。

続いては「予備の弦」です。・・・・まぁこれはどの道買うので買っておいたほうがいいと思います。

弦の値段は400円~1300円です。もっと安いものもありますがすぐに錆びるのでお勧めできません。

弦も・・・・たくさん種類があるんですよね・・・・これもいろんなものを初めは試すことをお勧めしますが、耳が肥えて技術が伴ってこないとなかなか体感ではわからないかもしれないので最初はダダリオ(D’addario)やアーニーボール(ERNIE BALL)といったド定番のものを使うといいのではないでしょうか。また弦には材質や太さがありますが・・・・・・(こうやって書いていくと結構選択肢が多いですね・・・・)・・レギュラーでも使っておけばいいと思います。

弦はちなみに消耗品です。たまに1年以上も替えない強者もいますが、あまり長く張っていると見た目は問題なくてもチューニングが合わなくなってきたりするため出来れば3ヶ月程度までにしてください。弦を替えるのも3ヶ月に1度くらいなら弦の張り方も忘れませんが、1年立つと張り方を忘れてしまいインターネットで調べながら替えていくことになります(笑)

ピックも弦も名古屋市内の大抵の楽器屋であればいろいろ取り扱いがあります。名古屋市内の大型店舗に行くほど品揃えは豊富なイメージがあります。一度見に行ってみてください。

続きは次回。。。いろいろ大変ですね・・・・

はじめる際に買ったほうが良いもの(エレキギター編)①

ギターチューナー

楽器を始める際まず必要なのは楽器本体なのはわかりますが、その他に何があればいいのでしょうか?

ギター教室の生徒さんにそんな質問を最初に受けます。

よく楽器屋に行くと「初心者セット」的な商品が売られていてそれがあれば大丈夫みたいな文句が書いてあったりします。

実際の話し、それがあれば大丈夫です(笑)

それだと話が終わってしまいますので楽器別の必要な機材を書き出していこうと思います。

今回はエレキギター。

エレキギターの方の最初に買ったほうがいいもの。

・チューナー
・メトロノーム
・アンプ
・ケーブル
・ピック
・予備の弦
・クロス
・ギタースタンド
・ケース

大体こんなところでしょうか・・・・

「多い!!」って声が聞かれそうですが・・・

これはあったほうがいいものです。無ければいけないものではありません。
一つ一つ説明をします。

チューナーは音を調整(チューニング)するために必要です。なのでこの中では一番必要とも言えます。
ただし、最近はスマホのアプリでも無料で手に入るので「絶対に買わなければいけない?」かというとそうでもないです。

スマホのアプリの場合はマイクで音を拾うのでうるさい場所だとチューニングできませんのでご注意を・・・
今はクリップ式の数百円で買えるものもありますのでできれば買ったほうがいいと思います。
特にレッスンだとアプリは講師のギターの音に反応したりして面倒です。

メトロノームはご存知の通りリズムを刻んでくれるもので練習には欠かせません。
これも最近はスマホのアプリで無料で手に入ります。また絶対に必要かと言われると・・・・絶対ではありません。
値段はピコピコした音のデジタルなもので2000円~3000円程度です。正直そんなに差は感じないと思います。
アナログのチクタク動くピアノの上に乗っているやつは4000円~1万円くらいと高価です。

アンプはエレキギターの音を増幅するものです。これがないとエレキギターの音は小さいので楽しさ半減です。
ただし絶対に・・・・と言われると絶対ではありませんがアンプは流石にあったほうがいいでしょう。
値段はピンきりですが数千円出せばそれなりのものを買えます。逆に10万以上するアンプは出力が大きすぎるので自宅にスタジオでもない限り練習には不向きでしょう。

ケーブルはギターをアンプを繋ぐものです。なのでアンプを持っている方は必須と言えます。
先程アンプはあったほうがいいと書いたので当然ケーブルもあったほうがいいです。

このケーブルってやつが意外にやっかいで、値段の幅がひろいくせに音の違いが初心者にはわかりづらいという一面があります。
おそらく数百円のケーブルと数万円のケーブルでも初心者の人が聞いたらわからないと思います。
実際は上手い人が良いギターを良いアンプを使わないとわかりません。数万円のケーブル使っても1万円のギターを数千円のアンプだとわかりません。
また良いギターと良いアンプを使っていても初心者だと・・・どうでしょう・・・わからないかもしれません。

「じゃあ安いのでいいじゃん!」って当然なると思いますが・・・・安いのはやめて下さい・・・・
音の問題よりも断線しやすく、まとめにくいので・・・

ひとまずわからなけれ「CANARE(カナレ)」というメーカーのものを買っておけば大丈夫です。安心のブランドです。
長さは3Mくらいあればいいと思います。1Mだと結構短いです。1500円くらいであります。

「CANARE(カナレ)」は名古屋の楽器屋さんのほとんどすべてで取り扱っているかと思います。

ちょっと長くなってきましたね続きは次回で。。。。。

ギターの選び方(エレキギター編)

はじめてギターを買う方へ(エレキ編)

前回ははじめてアコースティックギターを買う際に際しての注意点を書きました。

これを読んでいる方の大半はギターをお持ちかもしれませんが、前回お書きしたようにポワンポワンスタジオ名古屋八事校に体験レッスンに来る方の3分の1はまだギターを持ったことのない初心者の方です。

チューニングはもとより下手するとアコースティックギターとエレキギターの区別のつかない方、ベースとギターの区別の付かない方もいらっしゃいます。

そんな方からすると名古屋の楽器屋に行ってもどのギターを買うのが正解なのかは当然わからないと思います。

当然の質問ですが店員さんに聞くのがいいのでは?と考えるかと思います。

たしかに店員さんは一般的なギター初心者よりは遥かに商品知識もあるので頼りにはなるかとお思います。
ただ、残念ながら店員さんもアルバイトと社員も一見してはわからないかもしれませんし、ギタリストじゃない可能性もあります。当たりハズレが大きいと言えるでしょう。

例えばギタリストでもアコースティックギターを弾いている店員さんはアコギには詳しいですがエレキやエフェクターなどと行ったエレキギター系の知識はかなり怪しい人もいます。また当然ですが高いものを勧めてくるのでそれが本心なのか商魂からのものなのか判断に苦しむときもあるかもしれません。

前回のアコースティックギターを買う際に3万円以下のものは買わないほうが良いと言いましたがエレキも同じです。

ただ、エレキの場合はアコースティックギターよりもさらに種類が豊富なので選ぶ方としては一苦労です。
また形状や音色なども種類によって違うので見た目で選ぶとあとから後悔することもあるかもしれません。

詳しい種別は後日書くことにしますが、はじめてのエレキギターで迷っている方は
・ストラト
・テレキャス
・レスポール
この3種類に絞ったほうが良いと思います。

アコースティックギターに比べてエレキギターはボディの形状がそこそこ自由なので結構、形やカラーの種類が豊富にあります。

この3種類でも音色はもちろん違いますが初心者の方にはそれほどわからないかもしれません。
(本当はかなり違うんですが・・・・)

どのタイプを選んだらいいかわからなければ好きなバンドのギタリストが弾いている楽器を調べて近いものを選ぶとハズレが少ないと思います。

そして大事なのがメーカーです。

一般的にはストラト(ストラトキャスター)ならフェンダー(fender)とか、レスポールならギブソン(gibson)と有名ブランドがあるのですがここらは初心者には高く感じられると思いますので今回は3万くらいのブランドを紹介します。

「予算が1万前後しかない!!」という方は中古にしてください。
中古でも探せば定価3万くらいの中古なら見つかるはずです。

ただし、保証がついているものにして下さい。
一般的には電化製品だと動作するかしないかが大切ですが、ギターの場合はネックが反ってないか、フレットは残っているかなども大切な要素になってきます。楽器屋や大手中古ショップに売っているものは最近はきちんと記載してくれていますし、心配なら店員さんに「ネックが反ってないか、フレットは残っているか」を確認すると教えてくれます。※教えてくれないところはやめておきましょう。

ではどこのブランドがいいのかと言われるとアコースティックギターにくらべてメーカーもたくさんあるので全てを書くことは出来ないのですが、初心者向きということであれば
・フェルナンデス
・アリア
・ヤマハ
ここらであればそんなに問題はないでしょう。

もちろん他にも良いメーカーはたくさんあります。もし心配であれば講師に確認してもらうと間違いありません。
ギター教室の講師にきけば安心ですしね。

エレキは結構難しいですね・・・・・

ギターの選び方

アコースティックギター

ポワンポワンスタジオ名古屋八事校では通常入る時に皆様無料の体験レッスンを受けられます。

HPにも記載がありますが、ポワンポワンスタジオ名古屋八事校に来られる生徒さんの3分の1の方は楽器を持ってません。
なので当然ですが入校される際に購入する楽器の相談をされます。

ギター教室の生徒さんの場合、通常「予算はおいくらですか?」と聞くと
みなさん一様に困った表情をされます。おそらく本当は思っている金額があるのだと思いますが、
一般的な予算と開きがあると恥ずかしいのかもしれません。

今回はアコギ(アコースティックギター)の話をします。(エレキ等は次回で・・・・・)

一般的には僕が勧めるアコースティックの価格は3万~です。
これは正直講師によって違うかもしれません。

2万~という方もいるかもしれませんし、6万~と言われる方もいるかもしれません。

僕は3万円です。定価が3万以上のギターなので実際には1万でも2万でも構いませんが、定価は3万以上のギターをお勧めします。
なので中古であれば3万以上するギターが1万以内で買えることもあります。

ではなぜ3万以下のギターは買ってはいけないのでしょうか?

正直「買ってはいけない」わけではないのです。
ただ、3万以下のギターはリスクが高いので初心者が手を出すべきではないというのが正しい答えです。

例えば1万円の新品のセットで売られているギターでも当然お店は売れば利益があがるようになっています。
また、そのギターを卸す会社も利益があがるようになっています。
そしてそれを制作する会社も当然利益があがるようになっています。

1万円のギターは例えば7千円でお店に入ってきたとして、それが卸す会社には5千円で入ってきたとして、実際には3千円で作られたとして、人件費、運賃を差し引くと材料費はいくらになるでしょうか?実際のところは知りませんが口にだすのが恐ろしい値段になるのは間違いありません。

当然買った後のトラブルも多いでしょう。

アコースティックギターは基本的にはほとんどの木でできています。
木は湿度や温度によって反ったりしますので工程はかなりデリケートです。

またアコースティックギターには弦が張ってありますが弦の張力は1弦から6弦まで合わせて70キロ~80キロ前後もあります。

それに長期間耐えうる楽器を作らなければいけません。
また繊細な音色をコントロールするために非常に細かい単位での作業がギター製作には不可欠です。

そういったことも考慮すれば1万円のアコースティックギターの危険性もわかっていただけるかと思います。

・・・・と長々と説明してきましたが、では肝心なところどこのギターを買えばいいのでしょうか?

このままでは不安だけ煽っているようにも捉えかねません(笑)

僕がギター教室の生徒さんにおすすめしているのはずばり!
YAMAHA(ヤマハ)の中古のアコギ(保証付)を探して下さい。

と言っています。YAMAHA(ヤマハ)は新旧問わず(どちらかと言えば旧の方がいいです)安定して良品が多いです。

「中古は嫌だ!新品がいい!!」という方はEpiphone(エピフォン)も2万円代からでているものなら例外的に2万円台でも大丈夫です。

逆に絶対にやめたほうがいいのはセットで売られている1万円前後の新品のものです。

 

練習していても良くないアコースティックギターだと弾いていてストレスになりますし、チューニングもずれやすいので全くおすすめできません。せっかく月数千円だすのですからそこはケチらないほうがあとあと良いと思います。

安いギターで比較的良いブランドだとMorris(モーリス)、ARIA(アリア)でしょうか。さすがに悪いメーカーはちょっとここでは書けないので心配ならやめておいたほうが良いと思います。

また、中古で買う場合は必ず保証がついているものにしましょう。ネックが反っていたり、不具合があった場合返品や修理ができることを確認して買うようにしましょう。

最近は中古でも「ネック調整済」や「フレット調整済」などすでに修理した状態で売っている中古屋もありますのでそういったものであればある程度安心して購入出来るかと思います。逆に個人経営の中古品を売っているお店はリスクが高いです。

名古屋ではたくさん中古楽器を取扱をしておりますし名古屋市外でもハードオフやブックオフバザーといったところでも中古楽器はてにはいります。

参考になれば幸いです。