はじめてのエフェクター

efecter

先日入ったばかりのエレキの生徒さんと話をしていた時にエフェクターの話になりました。

生徒さんとギターの種類について話している時に「こういうシュッとした形状のギターと、穴が空いているのと、もう一本何かギャーンってすごい音がするギターがある。」と言われました・・・・・最初と最後のは一緒ですよ・・・・

たまにこの手の話はあります。未経験の生徒さんやその保護者の方だとウクレレも「小さなギター」と言われる人もいますし、ベースを指さして「あの弦が4本あるギターはなんですか?」という人もいます。

・・・まぁベースは本来はベースギターっていうのであながち間違ってはいないんですが・・・

エレキギターの生徒さんがギターを初めてしばらくすると出てくるのがエフェクターの問題。もちろんギターを初めた当初は存在すら知らなかったり、アンプにディストーションなどの歪み系が入っていることも多いのでアンプについているのが基本だと思っている方も多いかも知れません。

やがてギターも人に聞かせれるようになるとバンドを組もうと思ったり、発表会に出てみようと言うことになりますが、その時に初めて先生に指摘される人もいます。

「◯◯君、ところでエフェクターはどうするの?」

青天の霹靂。

生徒さん:「それって借りられるんですか?」

先生:「貸せないこともないけど基本的には自分で揃えるよ。エフェクターはいろんな種類があるし、自分の音を調整するためのものだから、自分用でないと家で練習する時に困るでしょ」

といったやり取りをしたこともあります。

~~ちなみにもっと恐ろしい事を言われたこともあります・・・・「先生、発表会ってギター借りれるんですか??」・・・・え~~~~っ??人のギターだと弾きにくいでしょ!!

そんなこんなで生徒さんもエフェクターに手を出し、収集癖のある生徒さんだといろいろ気になってたくさん使わないのに揃えてしまうことも・・・・特に男性の方に多いですね・・・

でもエフェクターはエレキギターを弾く上での醍醐味でもありますからまだ持ってない方はチェックしてもらいたいなぁと思います。

音楽をライフワークに

ライフワーク

僕は生徒さんに言われてとても嬉しかった言葉があります。

「先生、私、ギターがライフワークになりそうです」
という言葉をもらった時です。

教室の目的の一番は当然「生徒が上達すること」。それは講師の目的でもあります。
でも僕はここ10年ほどは上達するのは結果であって、実際の目標は別にあるのではないかと感じるようになりました。それがさっきの言葉「ライフワーク」です。

ライフワークとは自分の人生の中で一生かけて学んでいく事を指します。
僕に「先生、私、ギターがライフワークになりそうです」と言った生徒さんはギターを今後やめることはないと心で感じたのだと思います。

レッスンに通っていても全員にとって楽器がライフワークになることはありません。僕の感じた感覚だと楽器を勉強している方は日本に何万人もいらっしゃると思いますが、その半数以上の方はライフワークになることはないように感じます。それでは残りの半分はライフワークになっているのかと言われるとそうではなく、おそらく5割は何らかの事情でギターをやめてしまい、残りの5割の人の中に1割ほどライフワークになりそうな人がいるといった印象です。ここらは僕ら音楽講師の力が足りないのを実感させられるわけですが・・・・

元々「ライフワークにする」という概念自体が曖昧なため本人しかわかりえないですし、本人ですらわからないとも言えます。そう言ってもおそらく20年続いた方はやめないと思いますが、10年やっていてもやめる人はいます。

ライフワークの定義やらはひとまず置いておきます・・・・話を戻すと僕の究極の目標は音楽(楽器)が生徒さんのライフワークになるということです。ギターやウクレレ、ピアノ、楽器は何でも構いません。それがライフワークになることで人生がより色鮮やかなものになることは間違いないからです。定年退職して何していいかわからない方も音楽があれば余暇を楽器の練習に使えますし、音楽が人と人とを結びつけるので孤独にもなりにくくなります。

ポワンポワンスタジオのポワンはpoint=点のこと、フランス読みです。点と点を結ぶように人と人、音楽と人、生活と音楽を結びたい。そんな思いが込められています。

音楽の秋

autemun

めっきり寒くなってきましたね。名古屋でももう長袖でちょうど良いくらいです。

さて、秋といえば「食欲の秋」、「運動の秋」。そして・・「音楽の秋」!!
昔から「◯◯の秋」という言葉がありますが、秋は何かを始めるにはちょうど良い季節です。実際に教室に入校される方も、春と同じくらい秋も多いのです。

ではなんで秋に何か始めるのに適しているかというと、
・夏が終わっていろいろな予定が一段落つく時期
・気候もちょうどよく夏だとだるい感じになりそうだし、冬だとおっくうになるのでちょうど良い。

という感じでしょうか。
音楽などの習い事を始めるのはなんでも「きっかけ」があると始めやすいです。なかなかやりたくても腰が重くて上がらなかった方などは「やらない言い訳」よりも「はじめる言い訳」を考えるといいと思います。

ギターでもウクレレでもピアノでも音楽は心を豊かにします。生徒さんと話していても教室に通い始めて良かったことは楽器が上達するという意見の他に「一人で練習しているよりも定期的にみてもらったほうが生活に張りがうまれる」という人が多いのです。

たしかに一人だと上手くなっているのか、その練習法でいいのかわかりませんし、何よりも「良い、悪い」と評価をしてくれる人がいるのは大切です。「一人で楽しみだけでいい」という人でもやはり上手くなっているかの評価があると練習にも身が入るようですね。

「もうすでに楽器を習っている」と言われる人は、目標設定をおすすめします。
何かを始めるのにちょうど良い季節は、さらなる目標設定をするきっかけにも良いと思います。「発表会に出る!!」でもいいですし、「◯◯という曲を弾けるようになる!」でもいいと思います。自分の中でちょっとだけハードルを上げて取り組むきっかけにしてもらえれば幸いです。

当たり前のように出来ると思っていたけど・・・

神田川

だいぶ名古屋も寒くなってきましたね。僕もようやく長袖にしました。

今日の生徒さんとのギターレッスン中、まだ通って2ヶ月に満たない年配の方。1小節に8回8分でダウンピッキングをしてもらって神田川を練習していました。

1・2・3・4・5・6・7・8・
↓     ↓     ↓      ↓      ↓     ↓      ↓     ↓
という感じです。

「1小節に2つコードがあるときは4回づつですよ」
といった感じで僕が歌を歌いながら生徒さんが弾くと言った具合です。
ところがうまくいきません。生徒さんが4回のところを5回弾いたり、8回のところを6回しか弾いてくれないのです。

しかも通常は
————————–
あなたは~~もおぉ~~わすれた・・・
↓  ↓            ↓   ↓
————————–
という感じになるはずが
————————–
あなたは~~もおぉ~~わすれた・・・
↓   ↓
————————–
とフライングしてしまいます。

講師をしているとたまに感じることのなのですが自分は何気なくしていることなんで生徒さんも出来ると思いこんでしまうことがあります。
この生徒さんを例に取ると要するに4分の4拍子の曲という認識を持っていないのです。

人は生まれながらに拍子の概念を持っているわけではありませんし、「ドレミファソラシド」という音階も成長過程で音程の振動を体で覚えていくようになるだけで生まれながらに持ってはいません。なので育った環境や個人差によって苦手なことが生まれてきます。

この4分の4拍子でリズムを取るということは多くの人の中には出来ています。逆に4分の5拍子などだとリズムの経験がないので慣れないと取れません。私達は大多数の人がカラオケなどで入りを間違えることはありません。それは無意識のうちに4でリズムをとっているからです。
他の人のカウントで曲に入るとき
「1・2・3・ハイ!」と言われれば通常は自然に曲に入れます。これを
「1・2・3・4・ハイ!」と言われたらどうでしょう?戸惑いませんか?おそらく大多数の人は「ハイ!」と一緒に弾き始めるかと思います。これは4拍子が体に染み付いているからです。

講師は通常他の方よりは音楽が得意な人がなる傾向にあります。・・・まぁ当然なんですが・・・でもだからこそ気をつけなければいけないことってあるなぁ・・・と感じた瞬間でした。

音楽専門学校では何を学ぶのか?④

音楽専門学校

昨日まで3回音楽専門学校で学ぶことを書いてきました。
結論として音楽専門学校にはどういう人が行くべきなのでしょうか?

まずひとつ言っておきますが音楽専門学校を出たからと言ってプロレベルの技術を持っているとは限りません。入学しやすく卒業しやすいのでこれを読んでいる方の中でどんなに自信がなくても音楽専門学校には入れますし、普通に通うことができれば卒業もできます。単位はありますが卒論もありませんし、試験もありますが留年は出席日数が足りない以外ではありません。

なので音楽専門学校に入ればプロの技術が習得できるとは思わないでください。(僕も「音楽専門学校卒」の肩書は全く信用いてません・・・・)音楽専門学校に入ってすべての講義がしっかり理解出来ていることが絶対条件となります。もしそういった考え(音楽専門学校に通いさえすればうまくなるだろうといった)の方がいたら音楽専門学校がおすすめできません。

また何になりたいのか自分でもよくわかってない方が気の迷いで「音楽好きだから音楽専門学校でも行こうかなぁ・・・」というのも駄目です。何になりたいのかがわからない人が専門分野を学ぶ学校へ行っても技術も気持ちもついていけません。

音楽専門学校に行くなら貪欲にそこにいる講師全員のスキルを奪うつもりで行くくらいが良いと思います。音楽専門学校の講師と仲良くなると仕事などを紹介してもらえることもあります。もちろんバンドでメジャデビューしたい人は仕事を紹介して貰う必要はないかも知れませんが音楽業界はコネクションで動いてます。そういう意味では音楽専門学校は知り合いが増やせる場所と言えます。

これは名古屋だけの話かも知れませんが、音楽専門学校に行ってその後30歳以上になっても音楽業界に入る確率は5%以下です。卒業して1年ごとに半減していくといった印象です。これはギターの生徒での傾向なので音響学科とかだともう少し数字があがるかもしれませんし、パートによっても若干違うかと思います。

なかなか現実は厳しいですね。

音楽専門学校では何を学ぶのか?③

guitar

昨日は音楽専門学校での負の部分を書いていきました。

今日は陽の部分を書いていきます。

負の部分として挙げられるのは学生のレベル差を書きましたが、これは年度や地域によって多少違いもあるかも知れません。僕の場合は名古屋の音楽専門学校を念頭に書いています。
音楽専門学校が音楽教室よりも優れているのは第一にコマ数が多いということです。

金額が高いですし、基本グループレッスンなので個人レッスンとは比べることは出来ませんがレッスンの時間が多いのは事実です。時間割としては専攻楽器のレッスンがあり、他に理論やアンサンブル、音楽ビジネスについての授業(講義)があります。専攻楽器についても実技や理論などをベースに枝葉が分かれ様々な知識を習得することが出来るようになってます。

また専門学校には同じような志を持った学生さんが集まりやすいのでバンドなども組みやすいです。(もちろん別の場所でバンドを組む人も多いですし、バンドを組まない人もいます。)、他の人の演奏を見てモチベーションが上がる時もありますし、傷をなめ合うこともあるでしょう。

そして音楽教室にないもので一番は「設備の充実」です。

レコーディングスタジオなどは生徒が使うにはもったいないくらいの設備です。音響学科の学生さんがいればレコーディングを手伝ってもらうこともできます。(※ただ学生さんだとあまり腕はまだよくありません・・・・)
こうやってみると音楽専門学校も良い面がたくさんあります。

個人的には費用が高いことと個人レッスンがないことが気にならないならおすすめですが・・・・

ちなみに今は知りませんが昔は夜間とかもレッスンがありました。本当はグループレッスンなのですがベースやキーボードなど絶対数が少ないパートはマンツーマンになることもあったようです。それだとかなりお得ですね。

音楽専門学校では何を学ぶのか?②

ライブ

昨日から音楽専門学校の話しを書いています。
今回は負の部分を書いていきます。

音楽の専門学校に入ってくる生徒さんには2タイプいると言う話をしました。
では生徒さんはどのようにして入る専門学校を決めるのでしょうか?

正直音楽専門学校の生徒さんと話していても生徒さんの熱意にはかなり差があります。
それでも何もなしに入ってくることはめったになく基本は体験入学などでどういう事をその音楽専門学校では学べるのかなどをワークショップ形式で知ることができます。

この体験入学で行うワークショップの内容がその音楽専門学校の入校率を左右すると言っても過言ではありません。そのため関係者(講師・スタッフ)はいろいろ考えて生徒さんのニーズにあった体験入学の内容を決めていきます。

大学と専門学校の違いはたくさんありますが、日本の音楽専門学校には基本的には試験はありません。なので入ろうと思えば誰でも入れます。ただ技術がないと入った後困るだけです。

この「誰でも入れる」というところが結構曲者でこれが音楽専門学校の教育を歪な構造にしていると言っても過言ではありません。本来音楽業界は弱肉強食の世界なので本当は試験などを行ってプロとしてやっていける可能性の高い人を選抜して教育をすればその音楽専門学校の生徒の質もあがり、レコード会社や制作会社等とのコネクションも強く出来るのだと思いますが、実際生徒数がいないと音楽専門学校は経営が成り立ちません。なので入りたい人は全部入れるという負の流れができます。
誰でも入れる→質が下がる→専門学校の信用も下がる→生徒が入らなくなる→誰でも入れる・・・・というサイクルが出来上がります。

この誰でも入れるというのは授業にも影響を与えます。僕は名古屋の音楽専門学校でギターの講師をしていましたが、上手い生徒さんとそうでない生徒さんとの間に相当な開きがあり、それでカリキュラムの作成に四苦八苦していた記憶があります。

確か4月に入った最初のレッスンの際、生徒さんの一人が「Gm」がわからないという状態にあることに気づきました。おそらくこれを読んでいる方の中でもギターやウクレレなどのコード楽器を弾いている人であれば「Gm」を知っている人も多いかと思います。
ということは僕はそこを基準としてカリキュラムを組んでいかなくてはいけないということになります。

ギターを初めて半年の人と5年の人を同じ枠内で教えることを考えてカリキュラムを組んでいきます。
レベルを上げすぎるとやめていく学生が出てきます。1年でやめられると経営的にはまずいのですべての学生がついていけるレベルで作成しなくてはいけません。しかし専門的なことを学ぶ学校なので難しい授業にも手を出していかなければいけないのでなかなかバランスを取るのが大変です。

続きはまた明日で。

音楽専門学校では何を学ぶのか?①

音楽専門学校

今日は「音楽専門学校では何を学ぶのか」という話です。

僕は以前、名古屋の某音楽専門学校でギターを教えていましたのでそれを踏まえて書きます。
ここ数年で名古屋の音楽専門学校も数が減っています。少子化の影響や音楽を職業にするのでも選択肢が増え生徒数が減っているのが原因だと思います。

昔はミュージシャンになりたい人はバンドでデビューと考える人が一番多かったのですが、現在はyoutubeやサウンドクラウドなど発信方法も多様化しています。またギターなどの楽器演奏しなくても音楽が作れるプラットフォームもありますので高い授業料を払って専門学校に行こうとする人も減っているのかも知れません。

ちなみに音楽専門学校では就職率が語られることはあまりありません。これが専門学校でなくても例えば芸大でも言えます。もともと音楽専門学校からその道の会社に就職するということが稀だからです。

僕が今回話すのは名古屋の音楽専門学校の話ですので東京や海外だと少し事情が違うとは思います。名古屋などの音楽専門学校に入る生徒さんには2通りいます。
1つ目は当たり前ですが音楽を生業としていきたい人です。一番多いのは専門学校で力をつけてバンドを作ってメジャーデビュー!!という考えての生徒さんが一番多いです。
2つ目は残念ながら高校を卒業したもののどこに行きたいのかわからず、でも就職はしたいないので音楽が好きだから音楽の専門学校に行こうかな・・・・という安易な生徒さんです。

でも安易だからといって非難することはできません。大学に通う人だって何になりたいか決まってない人たちの方が多い現実の中だと逆に18前後でなりたい職業を決めるってことのほうが難しいのかも知れません。

大学の場合三年生の終わりくらいまでに決めればいいので2~3年猶予がありますが、音楽専門学校は入学した時から音楽関係の仕事をすることに照準を合わせなければいけません。この2年の差は大きいと思います。

続きは明日書いていきます。

歌わないと下手になりますよ。

歌

楽器を習っていて歌うのは何もボーカルの人だけではありません。

ギターやウクレレを習っていても弾き語りをしていると歌えたほうが何かと便利なのです。歌わずに弾き語りの練習をしていても歌がないとどこを弾いているのかわからなくなりますし、間違っても気づきません。極端な話1~2小節くらい飛ばしたって気づかないのです。

もちろん歌いたくない生徒さんもいますのでその際は音源(曲)に合わせて歌ってもらいますがスピードがついていけなかったり、スピードは調整できますのでなんとかなるのですが、曲に合わせていると多少音が間違っていてもごまかしがきいてしまうので本当は歌があった方が良いのです。

年齢が上がると体力や筋力がなくなる人がいるように、年齢があがると以前よりも高い音が歌えなくなる人の割合が増加します。なので僕は生徒さんにはボーカル以外のパートの人も普段から出来るだけ歌ったほうが良いという話をします。
上手くなるためではなく今の声域を維持するためです。

歌う習慣がある人は年齢があがっても歌唱力はそれほど衰えません。でももともと歌う習慣がない人は40~50をすぎるあたりから徐々に歌えるキーが下がってきます。

おすすめなのは一人で車を運転しているときに歌うこと。

たまに見かけますよね(笑)まぁでも歌を聞かれることはないので遠慮なく大声で歌うと良いと思います。車を一人で運転する機会がない方は、家かカラオケなどでしょうか。家だと音の問題が出てくるので歌えないという人もいます。

歌い方ですが思いっきり歌ってももちろん良いのですが、喉を痛めることもあるので注意してください。曲に合わせずアカペラで歌うのもおすすめです。ミスに気づきやすいので歌の精度があがります。

ディミニッシュコードは万能③

code_dim

昨日までディミニッシュコードは万能ということを書いてきました。
今日は最終回。ついてこれているでしょうか?きっと4分の3くらいの人は脱落しているはず・・・・僕も(これわかってもらえるかなぁ・・・)って半信半疑で書いてます。(苦笑)

昨日は「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」なので・・・・
「Cdim=A♭7(♭9)=E♭dim=B7(♭9)=G♭dim=D7(♭9)=Adim=F7(♭9)」
といえるというところまで話をしました。

ん・・・コード理論としてはすでに専門学校で話すレベルです。しかも専門学校でもついてこれない生徒も出るレベル・・・

まぁここまで書いてしまったので最後まで行ってしまいましょう!

この「Cdim=A♭7(♭9)=E♭dim=B7(♭9)=G♭dim=D7(♭9)=Adim=F7(♭9)」を強引に簡略化すると、「Cdim=A♭7=E♭dim=B7=G♭dim=D7=Adim=F7」となります。

さらにこれを既存のコード進行にはめてみます。
例えば「F→G7→C→C7」というコードがあったとします。
※できればコードで鳴らして音を確認してもらうと良いです。

理屈はともかくここに例のやつを入れ替えるだけ
「G7→A♭dim=Bdim=B♭7=Ddim=D♭7=Fdim=E7」
「C7→D♭dim=Edim=E♭7=Gdim=G♭7=B♭dim=A7」
なので。
「F→Bdim→C→Gdim」
だったり
「F→D♭7→C→Edim」
だったり
「F→A♭dim→C→E♭7」
とコードアレンジが出来るということになります。

もちろんC7とE♭7とG♭7とA7は構成音が少しづつ違うので聞いた印象は変わります。
代理として使えますが良し悪しはそれぞれあるのでその中から好きなものを選んでもらうと良いかと思います。

ちょっと難易度高めの3日間でのディミニッシュコードの話でしたが、また懲りずにこういった専門的な話も入れていきたいと思います。