(昨日の続き)4000ものコードの覚え方

覚える

さて昨日の続きです。昨日はコードの解釈の仕方を具体的に書いていきました。おそらく完全に理解できた人は2割もいないかも知れません・・・すみません・・・でもプロレベルの人にとってはここらへんは出来て当然くらいのものなのです。

ちなみに僕もこのブログで難しそうな解説していますが、ギターは響きだけ確認するために一度持っただけでその他の作業ではギターは持たず、頭の中で指板をイメージして頭の中でそこに指を配置しながらこのブログを書いています。(職業柄でしょうか・・いつの間にか出来るようになりました・・・・)。

とはいえ実際昨日書いたような流れでコードの押え方を考えることは、あんまりありません。そこまで細かいコードの指定をしている時が実際はそれほどないのです。あってもD♭7(♭13・♭9)だったらD♭7(♭9)と弾いて(♭13)は弾かない場合の方が多いですし、正直D♭7(♭13・♭9)と書いてあってもD♭7だけでもD♭7(♭9)でも、D♭7(♭13)でも弾いて違和感を感じることはありません。(流石にD♭だけだとやりすぎですが・・・・)

譜面を見て本当に必要だと思ったら弾く程度です。また演奏内容によっても変わります。レコーディングであれば意識するかもしれません。ライブ等のサポートであればあまり意識もしないかもしれません。

話を最初のテーマに戻しましょう。4000個ものコードを覚えずにその場で対応するということですが、感覚としては実際に覚えているのはおそらく150個くらいで、後は応用で対応している感じです。昨日のブログでCだけでも18個という話がでましたが、この18個のコードをいろいろな場所で5箇所くらい押えれるようにすると18×5=90個です。これと開放弦を使用したそのコードでしか使えないものを少しで合計150個、あとは応用で4000パターンくらいまで対応できるといった感じかと思います。

「150個でも多い」と思われるかも知れませんが、覚えようとしなくても時間をかければ勝手に覚えていくものだと思います。

4000ものコードの覚え方

ギターコード

昨日のブログでギターのコードが4000個、ウクレレのコードが1500個程度あるという話を書きました。でもそんなにたくさんのコード覚えられないですよね?

そうです。プロでもそんなに覚えてません。もっというと覚える必要すら感じてないのです。

コードの表記には意味があります。6や9などの数字にもMやmなどのアルファベットにも意味があります。それらの意味がわかっていれば瞬時にコードが探せます。さらにテンションコードも相対的な位置関係で導き出せるのでコードを覚えていなくても自分の必要な場所に必要なトップノートを持ったコードを作り出せるのです。

こう書いてもあまりピンと来ないかも知れないのでもう少し具体的に書きます。
※ここから話が結構専門的になります。頭でテンションがイメージ出来る人以外はギターをもってじっくりついてきてください。。。。。それか流して読んでもらってもいいです。またコードはギターで使用する押え方を表記させてもらます。

たとえばD♭7(♭13・♭9)という中級者までの人からすると意味不明な記号のようなコードを押さえるとします。(通常は前後のコードのポジションによって押さえるポジションなどが変わるのですが、今回はこのコードのみを押さえると仮定します。)

そもそもすでに上級者であれば◯7(♭13)程度であればすっと出てきます。今回はこれに(♭9)がくっついています。まず、◯7というコードがイメージ出来るのと同時に(♭13)(♭9)が相対的な位置関係ですっと出てきます。

D♭7だと

ーXー
ー2ー
ー4ー
ー3ー
ー4ー
ーXー

ー4ー
6
4
6
4
Xー

が真っ先に出てきます。

どっちを選択するかはそのプレイヤーの気持ち次第です。あと手癖もあるのでそれによってもどちらを軸にコードを作るかは変わるかと思います。

たとえば①の場合、

D♭7(♭9)

ーXー
(3)
4
3
4
Xー

と()の場所が変化します。次に(♭13)の場所ですが、実はこれ、問題があって、無理やりこれを適用させようとすると

ー5ー
3
4
3
4
Xー

となります。これはちょっと押さえるのが難しいですね・・・

仮に(♭13)の音を1オクターブ下げた音にすると

ーXー
3
(2)
3
4
Xー

となります。これもかなり響きが使えるか微妙です。

(・・・・難しくてすみません・・・ついてこれてますかね・・・・・)

 

では②の方だとどうなるかというと


D♭7(♭13)

ー5ー
6
4
6
4
Xー

これに(♭9)をつけるという話になります。

そうすると

ー5ー
6
7
6
4
Xー

こうなります。

・・・・・これは押さえるのが不可能ですね・・・・

さぁ困りました。①も②も結構押えづらい。こういう時はどうするかというと


ー5ー
3
4
3
X
Xー


ー5ー
6
7
6
X
Xー

というようにルート(ベース音)を使わないことにします。

 

・・・・それじゃあコードと言えないのでは??

という声が聞こえそうですがこれでいいのです。

実際バンドで使う場合(あまりなさそうですが・・・・)、ベースがいますよね?

要はルート(ベース音)はベースなど他の楽器に弾いてもらえばいいんです。

という流れになります。コードと言うとどうしても全部押えなくてはいけないと思いがちですが、プロの人々は必要がある音だけ弾けばいいと考えています。その方がサウンドもスッキリしますしね。

続きはまた明日で・・・

コードっていくつくらいあるの?

chord

今回はギターとウクレレのコードの話。

コードをいくつ覚えなくてはいけないのか気になる人もいると思います。

 

初心者が最初に覚えるのは
「C、D、E、F、G、A」「Dm、Em」くらいでしょうか。
「C7、D7、E7、G7、A7」も最初の方に覚えるコードになります。
7th(◯◯7)はどこコードにも着くのでそれも覚えることになります。

バレーコードが押えられるようになると
「B、B♭、E♭」「Cm、Fm、Gm、Bm」を覚えます。
そしてそれらに「#」や「♭」がついていきます。

その他にも
「◯◯m7-5」や「◯dim」、「◯aug」などもありますし、これらに6や9や13などいろんな数字が着いていきます。

・・・ちょっと収集がつかなくなってきましたね。もう少し体系的に把握しましょう。

ひとまずroot(根音)であるアルファベットは置いておいてそのあとに着くものを考えたいのでひとまず「C」で全部考えます。すると「C」がつくコードは
C、C7、Cm、Cm7、Cm7-5 CM7、CmM7、C6、C69、Cdim、Caug、Csus4、C7(♭9)、C7(♭13)、C(#11)、C9、Cm9、Cadd9といった感じになります。
※ベース音が違うオンコードは省いてあります

これだけで18個です。音名はC~Bまでで12音ありますので。18×12=216です。

さて恐ろしいのはここからです。

例えばCというコードは「ドミソ」で出来ています。逆に言えば「ドミソ」だけで出来ているコードはすべて「C」ということになります。ギターで0~12フレットまでのドミソの位置を調べると・・・押え方が何通りも存在することがわかります。

よく使うものだけ集めてみても

ー0ー
ー1ー
ー0ー
ー2ー
ー3ー
ーXー

 

ー3ー
ー5ー
ー5ー
ー5ー
ー3ー
ーXー

ーXー
ー5ー
ー5ー
ー5ー
ー7ー
ー8ー

ー8ー
ー8ー
ー9ー
ー10ー
ー10ー
ー8ー

ー12ー
ー13ー
ー12ー
ー10ー
ーXー
ーXー

5種類です。
ということは各コードにつき5種類ずつ押え方があるとして、

216×5=1080

・・・結構ありますね。

実際には開放弦とかも利用するともっと増えますし、似たようなものも含めると僕の感覚てきには4000程度はあるという認識です。

楽器は何歳からでもできる。

age

音楽教室にいただくお問い合わせの中で結構多いのが、年配の方からの「歳ですけどだいじょうぶでしょうか?」のお問い合わせ。中には「どれくらいで弾けるようになりますかね?」といった具体的な質問も多いです。

ポワンポワンスタジオには3歳から80歳以上の方まで様々な年齢の方が通っています。

僕の持論ではある程度指が動いて、教室に通える方であれば誰でも習うことは出来ると思います。問題はどれくらいの期間でどれくらい上手くなるかですが、これはなかなか難しい質問です。なぜならこの質問自体が結構相対的な質問で、その方が弾けるというのをどのレベルで求めているかがわからないからです。

例えばクラシックギターで「禁じられた遊び(ロマンス)」を弾けるようになりたいと来られる方がいますがノーミスで弾くのと多少グダグダでもいいかどうかで難易度が格段に違います。耳が良い生徒さんだと自分の音に妥協できない人が多いので求めるレベルが高くなる傾向にあります。

ただ、これらは年齢や楽器には関係なく、何歳から始めても難しいのはみな一緒です。逆に言えば諦めなければいろんな可能性があります。発表会など人前で弾くことを目標に頑張ってもらえればきっと成果はでます。
いろんな生徒さんを教えてきてわかったのは年齢よりも練習量です。基本的には練習量と上達のスピードは比例します。もちろん同じ練習時間でも効率が良い練習法による練習の方が練習量は多くなります。また、練習法だけでなく集中力も効率化を考える上ではとても大事です。ダラダラしている3時間よりも、集中した1時間の方が効率は良くなります。

正直年齢による上達スピードの低下をレッスンで感じたことはありません。アスリートと同じですが、そうとう上手くなってくると年齢によるものは出てきますが上級者程度では気にする必要はないと思います。

リメンバー・ミー~メキシコ音楽~

リメンバー・ミー

以前リメンバー・ミーに関するブログを書いたかと思います。昨日レンタルして見たので再レビューを書きたいと思います。

個人的にはメキシコの音楽の一端が垣間見えるので是非見ていただきたいと思います。このブログを読んでから見てもらうと別の角度から楽しめるのではないかと思います。ギタリストとしても、音楽的にも、もちろん映画としても3倍楽しめた映画でした。

まず一番は兎にも角にもギタープレイです。前回も書きましたがメキシコはスペイン領だったのでイギリス領だったアメリカと違いスペイン色が色濃く反映されています。

現在は麻薬や犯罪等であまり良い印象のないメキシコですが、アステカ族の守護神である「メシトリ」の地に国名の「メキシコ」は由来するそうです。

スペインと言えばギターの国、フラメンコが有名です。このリメンバー・ミーのギタープレイをみるとそうです。ギターをかき鳴らすスタイルが多く見られます。フラメンコ・ギターの代名詞であるラスゲアード奏法やルンバのリズムが。ルンバはキューバでできたスペイン音楽と黒人音楽の融合によってもたらされその後再びキューバからスペインに持ち帰られ、ルンバのエッセンスはフラメンコに吸収されることになります。

なので映画に出てくる音楽はフラメンコにかなり影響を受けていますが、フラメンコというわけではありません。調べてみると50年代~60年代のメキシコ音楽の形式が参考にされているようです。有名なのはペドロ・インファンテとホルヘ・ネグレテ。この動画を見るとたしかに・・・という感じですね。

ペドロ・インファンテ


ホルヘ・ネグレテ

 

 

余談になりますが、映画の途中で死者の国でギターを借りる際にカッタウェイタイプのギターが用いられてました。ここでなぜカッタウェイタイプのギターを出してきたのか・・・出されると「ん?カッタウェイっていつの時代から??」とかいろいろ考えてしまいますね(笑)

実は2回目も泣いてしまいました。。。。。これいい映画ですね。メキシコの文化や死生観などもかなり調べて描写しているのがわかります。みなさんも見てみてください。

しかし、前回も書きましたが、この主人公の腕前。。。。ただものではないです。

オープンチューニングについて

アイリッシュギター

先日とある打ち上げでアイリッシュのギターを頼めないかと言われました。

 

アイリッシュ音楽は知ってますし、アイリッシュギターも若干の知識はありました。

アイリッシュ音楽は日本では15年ほど前にタイタニックという映画で使われていましたのでその際にアイリッシュ音楽が流行った記憶があります。ギターも使われるのですが特徴的なのはチューニングがオープンチューニングなんです。

 

このオープンチューニングってのが結構食わせ者で、アイリッシュギターを弾く人が少ないのもこのオープンチューニングが原因なんだと思います。

 

ただ、このオープンチューニングがアイリッシュギターの要になっているのも間違いないので難しいところですね・・・・

 

オープンチューニングというのは開放弦で鳴らした時にGだったり、Dだったりのコードが鳴るチューニングのことを言います。結構このオープンチューニングはメリットだらけで、コードを押さえるのはかなり楽ですし、バレーコードもありません。コードも独特でテンションが入っているためとても綺麗なハーモニーに感じます。

 

じゃあなんで普及していないのかというと通常のチューニングに慣れている人からするとどこになんの音があるのかまるでわからなくなってしまうので練習を必要とします。

プロの人であればあるほど感覚で音の場所を覚えていますし、楽譜を読んでも音符と音の場所がいつもと違うととても演奏しづらくなります。

 

例えるならキーボードのタイピングのときにローマ字入力をしていた人がかな入力で入力しなければいけなくなった時に似ています。

 

感覚が通用いなく鳴るのです。アイリッシュギターはDADGADチューニングが多く使われます。試しにチューニングを変えてみました。ドロップDチューニングはよく使うのですが

DADGADチューニングだとコードの押え方が相当違うので新しいコードを覚える感覚でいかないとまずそうですね。。。。。

ただコードのハーモニーは通常のチューニングでは聞いたことのない感覚だったので新鮮でした。

興味があれば聞いてみてください。もしかすると聞いたことあるかもしれないですよ。

いろんな国の音楽を聞こう。

worldmusic

世界には数え切れないほどの音楽ジャンルが存在します。それはまるで木の枝のように細分化され毎年新しい枝が生まれ伸びて枝分かれし・・・というサイクルを繰り返しています。

一番大きな幹はおそらく「西洋音楽」というくくりになるのかもしれません。そこからクラシックになり枝が伸び、賛美歌になり、ヨーロッパ大陸からアメリカ大陸へ、アフリカ系の人によってゴスペルやブルースに変わります。ブルースはジャズやロックへロックはハードロック、ヘビーメタルなどとどんどん細分化していきます。またヨーロッパ大陸からでもポルトガルからブラジルに渡るとショーロになり、ボサノヴァへと変貌を遂げます。

音楽を学ぶ上で出来るだけいろんな音楽を知っていることは様々な視点から音楽を見ることができるので是非おすすめします。

ギター弾きがクラシックを聞くのも良いですし、逆にピアノ弾きがロックを聞くのもいいと思います。また西洋音楽以外の音楽も頭を柔らかくするのにとても役立ちます。
それはインド音楽だったり、日本でも琉球音楽やアイヌ音楽など多種多様の西洋音楽でない音楽があり、現在では再び西洋音楽とまざり良くも悪くも進化をし続けています。

僕が世界の音楽に興味を持ったのは大学生の頃、HMVに「世界の音楽集」というCDが売っていました。2枚組になっていてキャッチフレーズが「この2枚で世界一周!」みたいな感じでした。2枚に100曲ほど入ってました。どうやったら2枚に100曲も入るのかと思って聞いたら長いのは途中でフェードアウトしてました。まぁでもそれでどういう音楽かというのはわかりました。曲が良いとか悪いとかという感じではなくただ物珍しさで聞いた記憶があります。

正直聞き慣れない音楽というものは慣れるまで時間がかかります。ジャズやブルースなども聞いていてもよくわからないという人も多いと思います。

それでも食わず嫌いではなく「できるだけ聞いてみる」という努力はきっとためになるかと思います。

聞く音楽で上達スピードは変わる??

hit

今回は根拠はありませんが僕の中での仮説の話をしようと思います。

それは「聞く音楽の種類で楽器の上達スピードに違いが生まれる」という仮説(笑)です。

あくまで僕の体験の中でも傾向であり、僕の頭の中での統計なのであってるかはわかりません。
例えば先日入校された生徒さんはフジファブリックが好きな生徒さんですが、僕の統計だとフジファブリックが好きな生徒さんは上手くなる確率が高いです。

またブラジル音楽やジャズ、ファンク、ソウルなどを聞いている生徒さんも傾向としては上手くなる確率が高いです。

フジファブリックとブラジル音楽だと全く接点はありませんが、「売れ筋ではない」という共通項はあります。
(※売れてないという意味ではないので誤解のないように・・・)
また自分から情報を探しにいかないと情報が入ってこない感覚も似ています。つまり聴者は受け身ではなく、積極的に情報を探すことになります。

こういった「受け身」や「積極的」という感覚は行動の全てにおいて関係性を持つので、ギターの練習も受け身ではなく積極性をもって練習すると考えられます。

逆にでは受け身な「聞く音楽」とはなんでしょうか?
そうです。「売れてる曲」です。

流行っている曲やヒットしている曲、CMで聞かれる曲は受け身の姿勢で向こうからやってくる傾向にあります。

そういった音楽を好む人は楽器の練習なども受け身になる可能性が高いです。
もちろん僕の勝手な判断の傾向ですので、流行っている曲ばかり演奏したくなる人が上手くならないというわけではありません。

ただ、音楽はできれば積極的に探しに言ってほしいと思います。気に入った音楽があれば今はyoutubeなどいろんな方法で情報は手に入ります。
新たなジャンルを発見したらそのジャンルで有名な人を聞いてみたり、関連性がありそうなミュージシャンを調べたりするとさらに知識が深まります。僕もブラジル音楽が好きですが、そうやっていろんなアーティストを見つけてきました。日本にも素晴らしいアーティストはたくさんいますし、海外にはもっといます。また好きなアーティストと共演している人は結構同じ系統なことが多いので共演者をはしごしていっても面白いと思います。

いろんな音楽を聞きにでかけましょう!!

振り返れば・・・

過去

子どもが自分の身長が伸びているのに気づかないように生徒さんも自分の成長に気づきにくい側面があります。

そんなときには1年前にやった曲を見せて弾いてもらいます。そうすると・・・

「あ~~確かに~~」と納得してもらえます。

ではどうして生徒さんは自分の成長に気づきにくいのでしょうか?
答えは簡単で生徒さんにとって難易度が常に変わらなく、上手くなっても更に難しい課題が出てきてしまうため自分の上達を実感しにくいのです。

たとえばギターを持ってない状態で入校された生徒さんが最初はGなどのコードに苦戦します。でGが弾けるようになってきたと思ったらF、Fが弾けるようになってきたと思ったらFm、Fmが押えられるようになったらB♭・・・と毎回コードに苦しんでいると「いつまで立っても・・・・」という気持ちになるのだと思います。

でも例えばB♭を押えれるようになった時に例えばGを押えてもらうと・・・・あら不思議「あれ?こんなに簡単だっけ??確かに上手くなってるかも・・・」と思ってもらえるようです。

入校してGに苦労している時に「2ヶ月後にはGが超簡単に感じるから」と言ってもあまり信じてもらえません。

声を大にして生徒さんに伝えたいのが「講師が出来ると言ったことは練習すれば必ずできます!」ということ。

講師も嘘を言っても何の特もありません。出来るか出来ないかの想定をして

「大丈夫できますよ」
と言っているのですが生徒さんは

「本当にですか?・・・・・無理じゃないですか??」
と尻込み・・・

そういう時は
「大丈夫できますよ」と言ってもあまり意味がないので、「じゃあ少しやってみて判断してみるってのはどうでしょう?」と言うと・・・

「・・・じゃあ・・やります・・」

という答えがようやくもらえます。

先生も生徒さんのモチベーションをあげるのも仕事のうちなので一生懸命です(笑)

ブルースを弾いてみよう!!

ray

昨日はボサノヴァに関して、一昨日はジャズに関して書きましたが、初心者でも手を出しやすいのがブルースです。

名古屋のセッションバーでもブルースは「初心者向け」と銘打ったセッションの日まで用意されていたりします。
一度行った生徒さんの話では最初にセッションの仕方のワークショップがあるので比較的参加しやすいらしいのですが、流石にギター初心者だと難しいかもしれません。

ブルースのセッションに行くのにはひとまず「ペンタトニック・スケール」が弾けること。バレーの7thコードが押えることが出来ることが条件になってきます。

ギターやベース、ドラム、キーボードなどの方は音楽専門学校に入ると大抵ブルースはレッスンで行いますが、バンドマンでもブルースがよくわかっていない方はたくさんいます。そもそもロックも遡ればブルースにたどり着くのですが、形式もずいぶん違いますのでロックの流れでブルースを弾くのは難しいかもしれません。

あとロックと違うのはセッションは基本エフェクターを使いません。「エフェクターがないとソロなんて弾けない!!」という人は苦労するかもしれません。

ただ、ブルースは現在のミュージックシーンの音楽の根底にある音楽です。ソロの表現力をあげたい方は是非挑戦してもらいたいと思います。
ブルースの曲で日本人が知っている曲と言われても思い浮かばないかもしれません。それもそのはず日本人の半数以上が知っているという曲がないからです・・・

有名なのは「ルート66」などですが、おそらく日本人の半分の人も知らないでしょう。泥臭い音楽ジャンルなので好みが分かれるのもありますし、コード進行がある程度決まっているのでいろいろ聞いてもみんな同じような曲に聞こえると言われるのも原因にあるかもしれません。

ギタリストであればエリック・クラプトンのギターと言われるとなんとなくイメージは湧くかもしれません。ただ、エリック・クラプトンはブルースの人からするとブルースではなくロックだと言う人が多いですが。。。古典的なブルースを聞くよりはスティービー・レイ・ヴォーンのような白人ブルースの方が今のロック系ギタリストは理解しやすいかもしれません。

話を最初に戻しますが、「ペンタトニック・スケール」が弾けて、バレーの7thコードが押えることが出来れば一応初心者向けのセッションには参加できます。
興味があれば「名古屋 ブルースセッション」などで検索してみると良いと思います。