苦い演奏の思い出

restrant

苦い記憶

今日は演奏にまつわる苦い記憶を話そうと思います。

昨日のブログで誰でもミスをするという話題で書いたかと思いますが、今回のはでっかいミスであわや大惨事!!という話です。

もう10年以上前の話です。

その当時僕は高級レストランで週に2回演奏する仕事をしていました。歌の伴奏です。ギター教室でももちろん教えてましたがこの時代は演奏の仕事も今よりも多かったように思います。

高級レストランはちょっと変わった作りになっていて、もう今はないので書いてしまっても問題ないかと思いますが名古屋市高岳付近にありました。

ハマーとかどでかい車でお客さんが乗り付けて、中に入るとフロアーが鉄板焼きと寿司のカウンターとフレンチを楽しめるラウンジなどが分かれていました。結構最初は羽振りもよく、僕が最初に行ったときなどまかないで好きなお寿司を注文して良かったり、「今日オーナーが来る予定だったけど来なかったので、オーナーが食べる予定だったお肉食べますか?」といっておそらく普通に食べたらウン万払わなくてはいけない料理を食べさしてもらったりしました。

そんなお店でしたので来るお客さんも芸能人やプロ野球選手(名古屋なので中日の選手ですね・・・と言ってもVIPルームに入ってしまうので演奏を聞いてもらうことはありませんでしたが・・・)、社長さんだらけといった具合でした。

そうそう苦い思い出でした・・・このままだと良い思い出になってしまう(汗)・・・

ある日のこと、その日は比較的お客さんも多くいつもよりも気合を入れて演奏をしていました。
客単価が高いとギャラもそれなりに良くて、意外にお客さんもきちんと聞くお客さんが多かったのでミスが許されない現場だったのですがなんの曲かは忘れてしまいましたがおそらくオールディーズ系のポップスだったと思います、始まった瞬間に気づいたんです。

「譜面が見開きなのに片開きになっている・・・・」

これがトリオくらいならなんとかなるのですがあいにくギターと歌のデュオです。しかもボーカルは斜め前にいるので僕の状態には全く気づいてません。

曲が中盤に差し掛かる前に片開きを手を伸ばして両開きにしなくてはいけません。

でももし運悪く譜面を開こうと焦って手から滑り落ちて床に落としでもしたらジエンドです。おそらく突然伴奏がなくなってボーカルも固まり、再起不能な状況になること間違いなしです。

しかも伴奏は僕一人なので「僕が譜面を直す=音楽がストップする」ことを意味しています。

滴り落ちる汗。どうしようどうしよう・・・・どんどん演奏は進みます。演奏しながら考えるので演奏にも集中できません・・・・仕方ない・・・途中にブレイクを作ってその1秒位の間になんとかごまかそう・・・

・・・結果的にはまぁなんとかごまかせましたが嫌な瞬間でした。

そういう事を繰り返して人は大きくなるのだと思いますがあまりもう経験はしたくないですね・・・

この話をしていたらホストクラブの話を思う出しましたがそれはまた明日書くことにします。

誰でもミスします。

mistake

誰でもミスします。

よく生徒さんに「先生はミスとかしないんですか?」と聞かれます。

そうですよね。僕も昔は先生に習っていましたが確かに先生とかプロのミュージシャンってミスしないイメージがありますよね?

今は逆に聞かれる立場になっているのですが、聞かれる立場になると分かるんですけど・・・

講師もミスはするんですよね・・・プロの人でもミスはするんです。

ただ、じゃあ先生がライブなどでミスしたのを確認したことがある人を探すとほとんどいないかと思います。
ではプロのミュージシャンや講師はどこでミスをするんでしょう?

答えは「講師やプロのミュージシャンのミスは一般の生徒さんでは気づかない」です。

一般の生徒さんの言うミスと上級者以上の人のミスの定義がすでに違うんです。
またミスしても一流の人はミスをカバーするのも一流です。

間違った音を弾いたとしても次の音でそれをカバーする技術も持ってます。

例えば生徒さんだと「ド」を弾くところで「ド#」を弾いてしまったりします。
プロのミュージシャンだと、まずそういった事がほとんどないのです。

これを見ている人に分かるように説明するならば、たとえば「いまなんじ?」って友達に聞く時に「いみなんじ?」
とは間違えないですよね?「いまなんじ?」が「いまってなんじだっけ?」ということはあっても一文字だけ間違えるということはないはずです。

それと同じだと考えると理解しやすいと思います。

でも英語だったらどうでしょう?
「what time is it」を「what time it is」と言ってしまうことはないとは言い切れません。
・・・僕は・・・英語が得意な方は「え~それもないよ~」と言われるかも知れませんが・・・

プロのミュージシャンや講師はそれくらいの技術を持っているということなんです。

でも意外に譜面を見失ったりすることはあるのでそうすると適当にごまかしながら正しい位置を探したりします(笑)

ただ、プロのミュージシャンがプロのミュージシャンの演奏を見るとちょっと違います。わかってしまうのです(笑)
「あー今上手いことごまかしたなぁ・・・」とか「今展開見失ってちょっと戻るの挙動不審だったなぁ」とか「今コードわかんなくなったから予想されている2つのコードの共通する音を弾いたんだろーなぁ」とか結構自分でも怖いくらいわかってしまします。

ある意味ギター講師の職業病なのかもしれませんね・・・・・

ギブソン、破産申請

gibson

「米ギター老舗ギブソン、破産申請」

ギターをしてない方には興味がない話かもしれませんが、ギブソンが破産申請しましたね。

楽器をある程度弾けるようになると楽器にも詳しくなるのと同時に当然楽器業界にも詳しくなります。楽器屋に行っても試奏する際に店員さんにその機材の情報などを聞いたりします。ミュージシャン同士でも気になる機材があると見せてもらったり、特にエレキギターの場合エフェクターケースの中が気になったりします。上手い人のセッティングは見てるだけでも楽しいです。

そんな調子なので当然どこの何を使っているかはギタリストにとってとても良い酒の肴になります。僕もギブソンはエレキはESー335、アコギはJ45というとてもわかりやすい超王道ギターを持っていますがさすがたくさんのプロミュージシャンが使っているだけあってとても安定感があります。

もちろんギブソンと一言に言っても個体差もかなりありますし好みも分かれるので同じESー335でも年式や素材が違うだけで別物になってしまう側面があります。

メーカーによっては精度が高く、個体差が少ないメーカーもあるのですが、ギブソンは当たり外れが大きく、そのためある品番のギターを買おうと思っても楽器屋さんを永遠と回った記憶があります。

ギブソンはレスポールからセミアコ、フルアコまで、ロック系ギタリストからJAZZ系ギタリストまで幅広いミュージシャンから愛される超有名所メーカーなので無くなってしまうことはないと思いますが商売が上手く行ってないようですね。

頑張ってもらうたいものです。

TAB譜よりも五線譜の方が・・・・

tab

TAB譜よりも五線譜の方が・・・・

かつては僕もそうでしたが、TAB譜よりも五線譜を読めたほうが偉いみたいな風潮があります。

実際にTAB譜よりも五線譜の方が慣れないと読みにくいのも本当の話です。

でも実際はそうでもないよというTAB譜を擁護していく記事を今回は書いていきたいと思います。

まずTAB譜を知らない人のために書いておくとTAB譜はギターやウクレレ、ベースなどの譜面として採用されることの多い譜面で、五線譜と違い、ギターであれば6本の線、ベース、ウクレレであれば基本的には4本の線で書かれます。

これらの線は弦を表しているので読む人は何弦の何フレットを押さえればいいかが素人でもすぐにわかるような仕様になっています。

五線譜は西洋音楽を奏でる時の共通言語のようなものなのでギターのパートが書かれた譜面でも他のパートの人でも読めるようになっていますし、クラシックやジャズなどは五線譜が基本なので五線譜が読めないと知らない曲だと全くお手上げ状態になります。

このTAB譜は元はタブラチュア (tablature) と言って14世紀から使われだしたそうです。五線譜が現在のような形式を取り出したのが13世紀以降ですからTAB譜の歴史の古さがわかります。

でもTAB譜が出はじめた時まだこの世界にギターという楽器はありません。もともとTAB譜が普及したのにはリュートというギターの先祖の楽器があります。そもそも批判覚悟で物申せば、五線譜よりTAB譜の方がギターの譜面としては優秀なのです。

その理由はピアノとギターとの仕組みの違いにあります。ピアノとギターは当然見た目もずいぶん違いますが、決定的に違うのはギターは同じ音階をいくつかの場所で弾くことが出来ますがピアノは出来ないという特徴にあります。

例えばピアノのmidcと呼ばれる「ド」の音程は当然ピアノだと1つの鍵盤でしか出すことは出来ません。
でもこれがギターだと2弦でも3弦でも4弦でも出すことが出来ます。

逆に言えば例えば五線譜で「ド」と書かれていてもギターの場合は場所を明記してくれないとどこの弦で弾いていいかはわかりませんし。どこで弾いても良いことになります。実際に五線譜でギターの譜面を書く時はそういった指示をしなくてはいけないことになっていますし、ジャズやポップスなどは特に指示がなければどこを弾いても問題ありません。

まぁただ、TAB譜しか読めなければ困る方は五線譜の読み方を勉強するしかありませんね。バンドをする方や弾き語りをする人にとってはTAB譜の方がずっと便利だと思います。

ギター講師になりたい方へ。

guitar

ギター講師になりたい方へ。

ポワンポワンスタジオでは専門教育を受けたい方やギター講師になりたい方向けのレッスンを行っています。

皆さん当然知っての通り、この道で食べていくのってとてつもなく大変です。
でも声を大にして言いたいのが「この道で食べていく」よりも「この道で継続して食べていく」ということは半端ないくらい大変だってことです。

うちの教室も含めて名古屋市にはたくさんのギター教室があってたくさんのギター講師の方がいらっしゃいますが正直この道で一般のサラリーマンの平均給与よりも稼いでいる人は皆無だと思います。
もちろんやりがいもありますが、世の中やりがいだけでは食べていけませんもんね・・・・

実際の話しギター講師になるのは努力でなんとかなると思いますが、継続してというと努力だけではなんとも言えない状況です。

なのでプロ志望の生徒さんが来たときには口酸っぱく、何度も刷り込むようにこういった話をします。
でも皆さんこういう話を聞いたからってやめることはないんですけどね。

もしこれを見ている方でプロを目指している方がいたらうちの教室へお越し下さい。

甘い誘惑は一切ないです(笑)、ギター講師で食べていくのもお勧めしません。
でも諦められなくて、やる気があるかたは手厚くフォローします。個人的にはギター講師になりたい方への理解が一番ある教室と自負しています。(笑)

もしこれを読んでいる方で悩んでいる方がいれば一度ご相談下さいm(_ _)m

難しくなくても良いんです。

muzukasi

ポワンポワンスタジオ名古屋校です。

GWも終わり通常業務に戻ってきました。

よく生徒さんにギターのレッスンをしていて感じるのは教室に通う生徒さんが
「良い演奏」=「難しい演奏」と感じているということ。

今日のレッスンの際もそういった相談を受けました。
どうやら発表会い出る際に自分の技術を心配されているようです。

実際はそうではありません。

たとえ1小節ごとに全音符でジャラ~~ンと言った感じで弾いていっても抑揚や歌を上手くこなせばそれなりの演奏に聞こえます。

もちろん弾けるに越したことはありませんが・・・・

どちらかと言うと

「良い演奏」=「自分のイメージどおりの演奏」
という解釈の方が正しいと思います。
ただしこれもイメージが良ければと言う条件付きですが。

「自分のイメージどおりの演奏」が何かと言うと例えば皆さんが誰かに説明をしているとします。

例えば自分の部屋の様子を説明する時におそらく頭の中には自分の部屋が浮かんでいると思います。

これを説明する時、説明力が求められますし、説明が上手い人、下手な人がいるでしょう。

上手い人は本人のイメージを比較的近く相手に伝えれますし、下手な人は勘違いをさせてしまうかもしれません。

難しい単語を使ったからイメージが伝わるわけではありませんが、語彙力があって困ることはありませんよね。

大事なのはどうすれば上手く伝えられるか=表現出来るかだと思います。

今ある技術でもきっと相手の心を動かすことが出来ますよ。。。。。と思った瞬間でした。

ギターのカッティング

road

ギターのカッティング

今日の生徒さんはギターのカッティングが上手く来れない生徒さん。

一瞬で切っているつもりが上手く切れず音が長くなってしまいます。

音を切るのは意外に難しいのです。ギター弾いてすぐにおさえていた手を離すのですが、その時のメカニズムを知ると難しい理由がよくわかります。右手のピックがすべての弦を通り過ぎた瞬間(ダウンピッキングであれば1弦を通り過ぎた瞬間)に左手を離すとします。そうすると通り過ぎた瞬間に左手を緩める命令が脳から手に伝達されます。

脳から手に命令が行き、手が離れるまでに0コンマ何秒かの時間が必要です。
こういうのをコンピューターの世界ではレイテンシーと言いますが、まさにそのとおりで右手のピックがすべての弦を通り過ぎた瞬間に命令を出しても遅いのです。

ではどうすれば良いのかと言うと「右手のピックがすべての弦を通り過ぎると思われる時に右手を離す」という命令を出すしかありません。

そんなことが果たして出来るのでしょうか?

でも実際に早く音を切っているギタリストはそれが出来ています。

「右手のピッキングがここらへんに到達したら左手を緩める」という流れが身体でわかっているのです。

よくこの流れを生徒さんから聞かれます。残念ですが僕がたとえ天才的な講師だとしても1日でこれが出来るようにはしてあげれません。毎日の練習の積み重ねによってこの感覚を身に着けて行くのです。

なので僕にしてあげられることはそれを身につけるための練習を生徒さんに教えることです。

万里の道も一歩からですね。
—————————
名古屋のギター教室。ポワンポワンスタジオブログ

クロサワ楽器に行ってきた。

kurosawa

クロサワ楽器に行ってきた。

先週教室の備品を買うために名古屋市栄(駅でいうと伏見)のクロサワ楽器へ行ってきました。

今回は日進校の備品のバイオリンが数台と結構高い買い物だったので少しドキドキ(笑)

僕はバイオリンは弾かないのですが逆にサイズや価格帯など店員さんの話に興味津津です。

ギターの事はよく知っているつもりですが専門外はからっきしなのでバイオリンの弦の交換サイクルやメンテナンスの話などいろいろ勉強させていただきました。

クロサワ楽器は以前は名古屋駅にバイオリンのお店があったそうですが数年前に伏見にオールジャンル扱う楽器店として移転したみたいです。

バイオリンの購入の後はお楽しみ2階のフロアーへギターやウクレレを見に。

ギター教室やウクレレ教室の生徒さんのためにどんな品揃えなのか見るのも仕事のうちです(・・・と言いながら楽しんでいてます)

大型の楽器やだとなんでも置いてあるイメージがあると思いますが、意外に各店舗で取扱が違います。これは付き合いのある楽器メーカーとの関わりが非常に色濃くでています。また自社製品を扱っていると競合する楽器を全面に出せなくなりますので必然的に品揃えにも影響がでます。

クロサワ楽器はギターはマーチン、ウクレレはカマカとのつながりが強いのでそれを加味すると品揃えの理由がわかりやすいです。

通常の楽器やだとエレキとアコギが半々くらいで置いてあるものですがここはアコギの数がとても多い。クラシックギターなども海外物(スペインが多かったです)を中心に沢山取り扱いがあるようです。

さすがにマーチン、カマカの品揃えは名古屋随一ではないでしょうか。
またカマカに関わらずウクレレも他の楽器屋さんの4倍以上は置いてあるような印象でしたのでウクレレを探している方にもおすすめですよ。

最初に高い楽器を買うのがいいか、最初は安い楽器を買うのが良いのか。

高い楽器

今回は楽器を買う時の注意点を書いていきたいと思います。

名古屋には楽器屋もたくさんあります。ポワンポワンスタジオがある名古屋市八事には残念ながらありませんが、隣のいりなか駅には2つくらい楽器屋がありますね。同じように名古屋にはギター教室もたくさんありますので比較的ギター人口は多いんだなぁという印象を受けます。

ピアノは一般の人は持ち運び出来ませんので、ひとまず置いておいて、ギターやベース、ウクレレ、バイオリン、フルートなどほとんどの楽器は持ち運べますのでレッスンなどにも持ってこれます。

まだ楽器を持ってない生徒さんが体験レッスンに来られて、音楽教室に通うことになると当然楽器を買うことになるのですが、迷われるのが楽器の購入の相談です。なんといってもまだ楽器のイロハもわからない状態で楽器を選べと言われてもこまりますよね。セレブな方であればそれはよりどりみどりなんでしょうが、ほとんどの生徒さんはそうではありません。

ではどのように楽器は選べば良いのでしょうか?

担当の先生に聞くのがもちろん最良の方法です。その人に合わせた提案をしてくれると思われますので。

でも今知りたいという方もいるかも知れないので書いておきますね。

楽器にもよりますが、僕のお勧めは1本目は定番といわれる楽器を買うことです。

楽器の質は値段に比例します。それはギター、ベース、ウクレレ楽器に関係なく比例します。
ただしそれは傾向であって安くても良い楽器はありますし、高くても全然良くない楽器もあります。

また音色は8割が技術、2割がその他の楽器やエフェクター、アンプとうで決まりますので安易に楽器が良ければいいという話ではありません。

ただ、安くて良いものっていっても限度がありますので1万円で良いものを探そうと思うと本当に宝探しのような確率になるか、友人づてで格安で譲ってもらうしかないと言ったところです。

僕は教室の備品としての楽器はYAMAHAを選択することが多いです。

YAMAHAは正直超有名メーカーですが、中級者以上になるとあまり選択しない楽器です。
といっても悪いのではなく単純にニーズに合わないのだと思います。

悪く言えば平凡だったりデザインも普通と感じる人が多いですが、逆に言えばオールラウンダーなのでなんのジャンルにも合います。中級者以降だと何かのジャンルに特化したものを選択することが多いので必然的に選択肢から外れるのだと思います。また中級者以降のオールラウンダーはギターで言えばギブソンのES335のようなギターを選ぶのでオールランダーからも選択されにくくなるのかもしれません・・・・個人的な推測ですが・・・

もし高い楽器を買えるだけの予算があっても最初は何が良いかもわからないのであれば6~10万円前後で売っている楽器で様子をみて、自分が何が欲しいのかが判断出来るようになってから高価な楽器は買うと良いと思います。

ちなみに高いギターは傾向としては繊細な出音になってくるのでより表現力が増す分、ミスも目立つようになるのでそのへんはご注意を・・・・

歌と飲み物(食べ物)の話

full

~名古屋のボーカル・ギター教室ポワンポワンスタジオブログ~

最近名古屋は暑くなったり寒くなったりして教室の生徒さんも服に困っているみたいですね・・・

今日は歌と飲み物(食べ物)の話をします。

ボーカルの方は比較的知っているのですが意外に一般の方は無頓着だと思います。

もちろん飲むこと自体には問題はありません。ただ知っておいて損はないと思うので今日はその話をします。

カラオケに行くと必ず何か飲み物を頼むと思います。この時に知っておくといいのは
・カフェイン=刺激物
・冷たいもの=身体が萎縮する=冷たすぎると声帯や喉に悪影響を与える
・炭酸が入っているものは炭酸ガスでお腹が膨れる可能性があります。
・利尿作用があるものはトイレが近くなります。
・アルコール=当然声帯や喉に悪いです

もう一度いいますがこれは「知っておいて損はない」知識です。過度に考えすぎると何も飲めなくなります。
すべてを加味するとカラオケで一番歌の障害にならない飲み物は「常温水」ということになります。

ただ歌をやっている人がカラオケに行って常温水しか飲まないかというとそういうわけではありません。

ただ一ついうと烏龍茶は気をつけてもらいたいということです。

烏龍茶は最近よく「黒烏龍」とかダイエットに効果があるような感じがします。ダイエットの有効化はわかりませんが、喉にはあまり良くありません。烏龍茶にはカフェインが含まれているので喉や声帯を刺激します。
また烏龍茶には身体の脂分を奪う性質があるので喉の潤いを担っている油分もとってしまい喉が乾燥しやすくなります。
また利尿作用もあるのであまり取らないほうが良いかと思われます。

逆にノンカフェインのお茶などがあればそちらにすると良いと思います。
氷などもあまり入れないほうが良いと思います。

食べ物ですが最近はメニューが充実しているカラオケも多く、カラオケに行ってご飯を食べる人もいらっしゃるかと思います。もちろん楽しむ分にはそれで大丈夫です。ただ、基本としては歌うまえの3時間くらいはお腹に食べ物は入れないほうが良いです。逆にお腹が空きすぎても駄目なので3~4時間くらい前に何か入れておくと良いということは知っておいて下さい。

何度も言いますが趣味で楽しみのであればそれほど厳格に考える必要はないので頭の片隅に置いておいて下さい。