ウクレレ

自信を持つには

jisinn

生徒さんの中にはある程度、楽器が上手く弾けるようになっても自信が持てない方も多数います。

今回は「自信をもつには」というテーマで書いていきたいと思います。

この「自信」ですが、使いようによって良い方向にも悪い方向にも作用する事があります。
「自信」が及ぼす作用としては
・人前に出ることに躊躇しなくなる。
・困難な道でも忍耐強く乗り越えられる
・迷いや恐れがなくなる

などとても良い作用があります。逆に悪い方向としては
・過信すると出来ることと出来ないことの区別がつかず、出来ていないのに先に進もうとしてします。
・反省しない
・周りの人に迷惑をかけることがある
・天狗になってしまい技術などがおろそかになる

などもあります。教室に通われる方で一番多いタイプは自信がない方が圧倒的に多いので、自信を持ってもらえるようにレッスンを行いますが、プロコース(ギター)などの方は逆に自信を持った方が圧倒的に多いので本来の自分を見てもらうことで不必要な自信(過信のことです)は取り払うことにしています。

結局「自信」の物差しがどこにあるかを知ると結構対処も楽なのですが、「自信」とは比較対象との比較を通して正しい自信の持ち方が得られると考えています。

僕の場合は過信が疑われる時は自分より上手い人の演奏を聞くことにしています。講師業をしていると生徒さんは持ち上げてくれるのでどうしても過信の方向に舵を切りがちです。そのため練習と戒めを定期的に行うことにしています。

ギターでもピアノでもウクレレでもどんな楽器でも習っていると挫折することはあります。最終的には自信を失ったときには「同じ人間だから練習すればなんとかなるだろう」といった精神で乗り越えることにしています。今までも「こんな曲弾けるの??」と思ったことは何度もありますが、やってみるとなんとかなるもんです。

モチベーションの保ち方

guitar

昨日ウクレレの生徒さんのレッスンがありました。
GWがあったので練習する時間はたくさんあったはずなのに練習出来ず、逆にレッスンでやったことを忘れてしまったとのこと。

レッスンの間隔が空くとどうしてもモチベーションが下がる生徒さんはいます。でも逆に考えればそれくらいレッスンって大事だとも言えます。

もちろんレッスンに来るのは上手になりたいからなのは間違いありません。でも定期的に先生とあってレッスンをすること自体が楽器継続によって非常に有益なことには生徒さんはそれほど気づきません。1人で練習していてもなかなか身が入らない生徒さんはレッスンに来ることで家でも練習するようになります。レッスンがなければその間に弾かなくなってしまうこともあるかもしれません。

楽器はギター、ウクレレ、ボーカルなどコースに関わらず、ある程度習慣になるまでは継続して意識的に練習しなければいけません。

習慣になってしまえば逆に練習しないと不安になるくらいですが習慣化するまではつい練習を忘れてしまいがちです。

一番効果的なのは手近な目標を持つこと。技術的な目標ではなく、人前で演奏する予定を立てるのです。

もう20年くらいレッスンをしていて感じるのはやはり「人前で演奏する」という目標が一番モチベーションアップに効果的だということ。

ポワンポワンスタジオでは年に3回発表会がありますが、それもいろんな方に色んなタイプの発表会を用意することで少しでもモチベーションアップに繋げたいからです。生徒さんからすると発表会は自身がなければ恥ずかしかったり、緊張したりと良いイメージがないかもしれません。でも参加した生徒さんで参加したことを後悔する方はいません。また参加したいと言う方がほとんどです。

もちろん参加は任意なので参加するしないは本人の気持ち次第ですが、きっと後悔はしないと思います。

これを見ている生徒さんで迷っている方がいたら、検討してみてくださいね。きっと先生が手厚くフォローしてくれます。

クロサワ楽器に行ってきた。

kurosawa

クロサワ楽器に行ってきた。

先週教室の備品を買うために名古屋市栄(駅でいうと伏見)のクロサワ楽器へ行ってきました。

今回は日進校の備品のバイオリンが数台と結構高い買い物だったので少しドキドキ(笑)

僕はバイオリンは弾かないのですが逆にサイズや価格帯など店員さんの話に興味津津です。

ギターの事はよく知っているつもりですが専門外はからっきしなのでバイオリンの弦の交換サイクルやメンテナンスの話などいろいろ勉強させていただきました。

クロサワ楽器は以前は名古屋駅にバイオリンのお店があったそうですが数年前に伏見にオールジャンル扱う楽器店として移転したみたいです。

バイオリンの購入の後はお楽しみ2階のフロアーへギターやウクレレを見に。

ギター教室やウクレレ教室の生徒さんのためにどんな品揃えなのか見るのも仕事のうちです(・・・と言いながら楽しんでいてます)

大型の楽器やだとなんでも置いてあるイメージがあると思いますが、意外に各店舗で取扱が違います。これは付き合いのある楽器メーカーとの関わりが非常に色濃くでています。また自社製品を扱っていると競合する楽器を全面に出せなくなりますので必然的に品揃えにも影響がでます。

クロサワ楽器はギターはマーチン、ウクレレはカマカとのつながりが強いのでそれを加味すると品揃えの理由がわかりやすいです。

通常の楽器やだとエレキとアコギが半々くらいで置いてあるものですがここはアコギの数がとても多い。クラシックギターなども海外物(スペインが多かったです)を中心に沢山取り扱いがあるようです。

さすがにマーチン、カマカの品揃えは名古屋随一ではないでしょうか。
またカマカに関わらずウクレレも他の楽器屋さんの4倍以上は置いてあるような印象でしたのでウクレレを探している方にもおすすめですよ。

ウクレレグループレッスン。

グループレッスン

今日はウクレレグループレッスン。

ポワンポワンスタジオではグループレッスンというものは行ってはいませんが、家族や友人グループでレッスンは可能なんです。

友人同士のグループレッスンは結構楽しいです。和気あいあいと進みます。でもやっぱり技術に差はあります。
元々ウクレレをやってた人がいると当然最初から技術に差はありますし、ギターやピアノなどウクレレ以外の楽器をやったことがある人がいれば何も楽器をやったことがない人よりはやってた人の方が有利に進みます。
(ピアノをやってた方は音感がいいで傾向があります。)

そうするとみんなの足を引っ張らないように気を使う生徒さんも出てきます。

そんな時は講師の出番。

技術レベルは違ってもみんなが頑張らないと出来ないように演奏の仕方をコントロールします。

一番できる生徒さんには難しいコードと難しいリズム。逆に進みの遅い生徒さんには比較的楽に弾ける方法を伝授します。

そうやって難易度を整えるとみんなが均等に頑張らなくてはいけなくなるのでちょうどよい具合にレッスンが進行するようになります。

このコントロールを間違えると人間関係がギクシャクすることもあるので細心の注意を払ってレッスンします。

でも終わってみなさんが満足げな表情で帰っていかれるととても嬉しくなります。

そんな何気ないレッスン風景でした。

教本を買うべきか

lessonbook

昨日「教本の流行り」を書きました。
今日はその流れで「教本を買うべきか」というテーマで書いていきます。

よく生徒さんから「教本を買った方が良いか?」や「教本で勉強をしたほうが良いか?」といった質問をされることがあります。特に当教室は指定の教本がなく、一人ひとり担当講師がカリキュラムを決定するため、習いはじめの生徒さんは何かあった方が良いのではないか?と考えるのは当然のことなのかもしれません。

では教本は果たして買うべきなのでしょうか?

教本を買う際は「買ったほうが良い教本」と「買うべきでない教本」を見極めることができるかどうかです。私自身も理論を教える際は指定した理論書を生徒さんに用意してもらうますし、クラシックギターも指定した教本で進めます。ピアノの場合もバイエルやブルグミューラー等の教本だったり、最近ではそれに近いものを使用してレッスンをしているはずです。それはクラシックに関してはバイオリン、フルートなど全般に言えることだと思います。

逆に最近は癖の強い教本が多く見られます。

最近もウクレレの生徒さんに教本を買うべきか聞かれました。

「教本は要らないけど、ウクレレの弾き語り曲集があるといいかな・・・」と言いました。ウクレレの弾き語りはそれほどレベルにばらつきがないので「知っている曲や弾きたい曲が載っているのだったら何でも良いですよ」と言ったのですが・・・・これが間違いでした。

次のレッスンの時に生徒さんが持ってきたウクレレの題名をみて「しまった・・・」

「~個のコードを覚えれば弾けるウクレレ曲集」的な題名。

本としては悪くないんですが・・・これだとそれ以外のコードが出てこないんでいくら曲を進めてもコードの数が増えないんです。

1人ではじめて弾くには良いのですがレッスンに使うとなると非常に不便。でもせっかく買ってきてもらったので使わねば・・・と思い。その日は2曲ほど弾きました。

その後2~3回はその教本を使ったのですが案の定新しい曲に移っても移った感じがしない・・・常に同じコードしか出てこないですし、曲のキーも使えるコードに移調されているので原曲は歌えるけど教本の曲だと歌えない・・・と問題点が噴出し、また新しい別の教本を買うことになりました。

間違いがあってはいけないので今度はこちらが指定。無事良本をゲット。いい勉強になりました。

ウクレレ人気

uklele

最近ウクレレの生徒さんが増えてきました。

でもなんか昔のウクレレの生徒さんと傾向が違うんですよね。。。

ウクレレソロを弾く人の割合が高くなってますし、ハワイアンよりもj-popなどの歌謡曲を弾く人が多くなっています。

今までだと楽器が流行るときは何か原因があったのですが今回のウクレレの流行はちょっと原因がわかりません。誰か知ってますか?

10年ほど前に「亜麻色の髪の乙女」という曲のカバー曲が流行った時に1回ウクレレの生徒さんが増えました。

確かに数年前にLOHASだったり、ハワイアンパンケーキやさんなどが市内に増えた印象はあります。去年はディズニー映画の「モアナと伝説の海」が流行りました。そういったものでハワイの認知度が上がって、数珠つなぎ的にウクレレの生徒が増えているのでしょうか?

確かにウクレレはおすすめです。特に楽器を始めたいけど特に何の楽器をやろうか決めてない方や、続かない、難しそう、などいろいろな事情で上達する自信がない方。ウクレレは入り口がとーっても広いのでどんな方でも半年くらいあれば弾き語り程度ならできるようになります。ギターを挫折した人などもウクレレはできるという人もいます。

最近は楽器屋に行ってもウクレレの種類も結構豊富にありますし、安いのでも以前は使えないものが多かったのですが、かなりペグの質が安定して1万以下でも結構使えるのが手に入るようになってきました。

フェイマスというメーカーのソプラノウクレレの中古などだと5000円~10000円の間で売ってます。

もし興味があえば挑戦してみてください。

ウクレレの歴史

ukulele

今回は前回のハワイアン・ミュージックの流れでウクレレについて書いていきます。

前回書いたように理由は不明ですがウクレレを習おうという生徒さんがここ数年でとても増えています。
体感的には5年前と去年とを比べるとおよそ2~3倍問い合わせが増えているように感じます。

ウクレレは楽器の伴奏楽器の中では比較的はじめやすい楽器です。よくギターと比べることが多いですが、ウクレレはギターが弦が6本に対し、弦が4本ですしナイロン弦という柔らかな弦でしかもテンションも弱めなので子供でも押さえられます。

また手が小さい方でも問題なく扱えるので手の大きさでギターを諦めた女性の方が始めることもよくあります。(ギターも手が小さくても出来るので本当はそれほど関係はないのですが・・・・

ウクレレの祖先が(諸説ありますが・・・)ブラギーニャというポルトガルの楽器を原住民が改良したものという話は前回しましたが19世紀ごろハワイではサトウキビを使った製糖業が有名で、人手不足から外国から移民を募集していたそうです。

そのためポルトガルから400名ほどの移民がハワイに来たそうです。なおポルトガルの移民が到着した8月23日をハワイでは「ウクレレ記念日」にしているそうです。

ウクレレがハワイで流行った理由としてはその携帯性にあると言えます。19世紀のハワイはもともとのハワイの歌や踊りが西洋から来た文化に飲み込まれ形をかえている最中、キリスト教の影響で当然ピアノやオルガンの伴奏が主になっていました。

しかもハワイという海に囲まれた状況から察するに西洋音楽の教育もそれほどされたとも思えず、ピアノやオルガンもごく一部の人しかできなかったと思われます。

ピアノやオルガンは当然ですが外には持ち出せません。そのため携帯性の優れているウクレレのニーズが高まったのだと思われます。確かにあんまりハワイで家の中で音楽を楽しむってイメージはなく、屋外でみんなで楽しむというイメージの方が強いです。

ウクレレの語源はウク(蚤)、とレレ(飛び跳ねる)が合わさったものです。なぜそのように呼ばれるようになったのかは諸説ありますが、たしかに蚤が飛び跳ねている様子を思い浮かべるとなるほどという感じですね。

ハワイの音楽が日本に来たのは昭和のはじめごろ、ホノルル生まれの日系2世のバッキー白片が来日し、日本の女性と結婚、帰化しハワイアンの普及をはじめました。戦時中は敵性語になり、敵国の音楽ということで肩身の狭い思いをしたようですが、戦後は石原裕次郎など様々な著名なミュージシャンに曲を提供ていました。

1910年ごろに日本で最初のハワイアンブームが来ています。ウクレレもこの時も活躍したようですが本格的に有名になったのはその50年後、戦後ハワイアンブームが再度やってきます。戦後3年ほどたった1948年、「憧れのハワイ航路」という映画が発表され、1950年に上映されます。実はそのころはハワイに憧れてたというよりも世界情勢的にハワイが一番選択しやすかったからと言えます。中国は内戦中でしたし、朝鮮半島も領土問題、グアムやサイパンなどは米軍基地の建設で結局ハワイが一番行きやすかったみたいです。

1960年代にはハーブオオタが米軍兵士として米軍基地に赴任した際にウクレレソロの演奏会が行われたり、加山雄三や牧伸二などがウクレレなどを映画やステージで取り入れたことでウクレレの知名度は飛躍的に向上し、日本でも知らない人はいないと言っていいほどの楽器になりました。

ここ最近はウクレレソロが脚光を浴びるようになって生徒さんも弾き語りが一段落すると、ウクレレソロを弾くようになります。ウクレレソロの曲集も最近は充実していて、2人で弾く曲集やジブリの曲集、映画音楽などさまざまな曲がウクレレで弾けるようになっています。是非これをみてウクレレに興味を持たれた方、比較的手に入れやすい楽器です。

一番スタンダードなフェイマスというメーカーのウクレレでも1万円台ですし、安いのですと5千円前後で手に入ります。日本の個人制作家が作ったウクレレもギターは30万円くらい出さないと買えませんが、ウクレレは4万円前後で作っている方もいるそうです。一度楽器屋に行った際には見てみると良いと思います。

ハワイの音楽

ハワイアン・ミュージック

ここ1~2年ウクレレの生徒さんが急に増えてきました。

10年ほど前にもハワイアンブームがあってその時は「亜麻色の髪の乙女」の曲が流行るなど理由がはっきりしていたのですがここ1~2年のウクレレブームは理由はわかりません。

確かに数年前からハワイアン系のパンケーキ屋が出来たり、去年はディズニー映画で「モアナと伝説の海」というハワイをテーマにした映画が公開されたりしましたのでハワイアンが脚光を浴びていたとは言えると思いますが、ウクレレの生徒さんが増えだしたのは映画公開前ですし、ウクレレの生徒さんにウクレレを習おうと思ったきっかけを聞いても特にそれらしい答えはもらえませんでいた。

個人的には若干景気が良くなってきたので何か習ってみようという生徒さんが増えたのではないかと思ってます。

ハワイアンときくとまず思い浮かぶのはフラ(フラダンス)ではないでしょうか。また、ウクレレやスチールギター、スラックギターも有名です。

日本もそうですが、ハワイの音楽も19世紀の前と後では随分様相がかわります。

日本の場合は文明開化、富国強兵が西洋の文化を取り込む役割を果たし、その結果それまで合った文化が廃れかわりに西洋の文化がもてはやされるようになります。西洋音楽がそれまでの日本古来からの音楽に取って代わったのもその頃ですが、ハワイの場合も時を同じくして島の外から他の国の文化が持ち込まれました。

大抵の場合、文化の流入の最初の段階で入ってくるものは宗教です。ハワイにもキリスト教(プロテスタント)が入ってきて先住ハワイ民族(ポリネシア人)の生活を一変させます。

もともとポリネシア人は東南アジアから徐々に南下して紀元前1000年あたりにポリネシア域内に定住するようになり、緩やかな進歩を遂げてきた人たちだったのですがやはり日本と同じく西洋の文化は魅力的に感じたのかもしれません。

それまで歌と踊りで儀式をおこなってきたのですが、それに寄って旧来のフラは消滅し代わりに現在みなさんが知っている新しいフラ(モダン・フラ)に形をかえることになったようです。

そのころメキシコからギターが持ち込まれ、それがスティール・ギターやスラックキー・ギターになりました。またウクレレはポルトガルから持ち込まれたブラギーニャという楽器を原住民が改良を加えた結果生まれました。ちなみにこのポルトガルの楽器「ブラギーニャ」はブラジルでカバキーニョという楽器としてボサノバやサンバなどで聴くことが出来ます。

こちらがブラギーニャ。よく似てますね。

スティール・ギターはギターを膝の上に指板が上を向くように持ち、スライドバーという金属や陶器、プラスチックで作られたバーで弦を押さえて弾くと本来ギターはフレットがあり音階が決まっているのだが、このスライドバーで弾くことで無段階で音の高さを変化させること出来、本来とは違うサウンドを出すことが出来ます。初期が空き瓶の口の部分を切り落として作っていたのでボルトネックとも呼ばれます(現在でもよく見ます)。

スラックギターはギターの弦をオープンチューニングにして、サムピックという親指に指輪のように取り付けるタイプのピックを使用して演奏する形式の総称なようです。最初は現地の人がギターを自己流で見よう見まねではじめたことにより生み出されたようですが現在は市民権を得ています。

もともとギターは教本も何もないところから始めるのはかなり困難です。オープンチューニングとは何も押さえない状態で弦を弾いても何らかのコードが奏でられるように調整したチューニング法です。確かにそのほうが比較的演奏が容易になるので誰かが発見して他の人に伝わっていったのだと考えられます。

ハワイは国土も小さく、人口もそれほど多くありませんが島の外から来た文化を本当に上手く消化しているなぁと関心しますね。

ウクレレは本体の値段もお手頃ですし、弾き語りなども比較的容易にできるのでおすすめです。最近は5000円前後のものでも随分チューニングがしっかりしてきたのでランチを数回節約すれば買えるくらいの金額でそれなりに使用に耐えうるウクレレが手に入ります。

次回はこのウクレレについて書いていきたいと思います。

コードってなぁに?⑦(ウクレレ編)

ウクレレコードC

今回はコードってなぁに?の7回目です。
(ウクレレ編)

今回は2~4回目までにやったコード理論を使って今までよりも効率よくコードを覚えていく方法を書いていきます。
まだ2~4回目を読んで無ければ先に2~4回目を読んでからこちらを読んで下さい。


ウクレレの方はほとんどの方がコードダイアグラムに沿って押さえていると思います。
ギターの5フレットの1~4弦とウクレレの開放弦の1~4弦は同じ音階ですので原理はギターと同じです。

ただ、ギターと違ってウクレレで作曲や理論の勉強をする人の割合は低く、作曲や理論に興味のある人はギターを選択しやすい傾向にあるかと思います。 続きを読む

真夜中のギター練習

夜中のギターレッスン

夜中のギター練習&ウクレレ練習

今回は夜のギターの練習方法について書いていきたいと思います。


仕事から帰ってくるのが遅くて21時を過ぎてしまう方。
21時からギターをかき鳴らす・・・という訳にはいきませんよね。
エレキギターならいいのですが、アコギはそうはいきません。
ウクレレとかも音は多少はするので近所迷惑にならなくても家族から苦情が出るという人もいます。

一人暮らしの方は隣に音がいかないか心配しますし、家族と住んでいる方は家族に気を遣って練習を控える方もいます。

音対策として一番多いのは時間帯を分けて弾く方だと思います。
ただこれは平日の昼間に仕事をしている場合は無理ですし、平日に仕事をしている人の割合の方が高いのでこの方法はあまり参考になりません。

これから一人ぐらしを始めるようと考えている方で音の心配をしている場合は比較的対策が取りやすいです。
現在一人暮らしをしてる方も参考になるかもしれません。 続きを読む