理論・仕組み

独学について

dokugaku

今回は独学について書いていこうと思います。
現在youtubeなどで様々なジャンルの音楽や楽器、奏法が大抵調べれば世界のどこかで誰かがそれについてレクチャーしているのを目にすることが出来ます。

そういったものを目にするとまるでそのyoutubeの映像だけで上手くなれるのではないかと思います。確かに僕もyoutubeで調べ物をするときはありますがとても便利だと思います。

特に知らない曲を知ったり、ライブ映像などで奏法を解析したりと勉強に使えることは間違いありません。

でもでは独学でギターやボーカルなどが上手くなるかというと答えは「yes」とも「NO」とも言えます。上手くなるのは間違いありません。でも習うよりも上手くなるかというと「NO」です。

楽器を習っている方は自分の先生に聞いてみるといいでしょう。
「先生は独学ですか?」と。
基本的に独学で講師になった人は日本では稀だと思います。僕は出会ったことがありません。通常は何人もの先生に習います。もちろん独学でも上手い人はいるかも知れません。でも僕が知る限りは独学で上手い人も見たことがありません。

結局は独学だとどこかで限界を感じてしまうのだと思います。
また、自分がしている練習方法があっているのか、間違っていたらどんどん悪い癖が着くのではないか、などだんだん不安になってくるのかも知れません。

講師になるくらいの人は一般の生徒さんよりもストイックな傾向にあります。わからないことがあればずっと調べるだけの根気もあります。でもストイックな人は時間のムダが嫌いです。意味のある時間の使い方はいいのですが、わかないことを放置しておけないのです。

「習う」という行為は「時短」と「安心」という2つのメリットがあります。自分で試行錯誤しているよりも同じ道を通った人に聞いたほうが明らかに早いですし、結果もわかりますから安心なのです。
なので独学がありかなしかで聞かれたら

「「あり」ですが、習ったほうが早いですよ。」

というのが答えになると思います。

譜面の読み方(実践編)①

SCORE

音楽教室に通っている方の多くが思うことに

「先生みたいにあんなにすらすら譜面が読めて弾けたら楽しいだろうなぁ・・・」
があると思います。僕もよく生徒さんに言われます。

今日は講師などプロの演奏者と生徒さんとで譜面の読み方はどのように違うのかを書いていきたいと思います。
生徒さんの技術にもよるので正直譜面を読むスピードとギターの上手さを比較する

ことは難しいです。バンドスコアばかり読んでいる人と、コード譜ばかり読んでいる人、耳コピ中心の人では持っているスキルが違います。

講師などプロの演奏者と生徒の一番の違いは「初動」と「視線の先」にあります。

【初動】みなさんは譜面を渡されたら何をまず見ますか?僕の経験だと生徒さんが見ているのは「難しそうかどうか」ではないでしょうか?
譜面がゴチャゴチャしてたら「難しそう」シンプルだったら「簡単そう」という発想です。これはあながち間違ってはいませんが、プロは違います。

まず、弾くまでにどれくらい持ち時間があるかが鍵になってきます。例えば5分あるとすると結構しっかり見れますが、1分だと優先順位をつけながら譜面を見る必要があります。

まず一番大事なのは「構成」です。コードをちょっと間違えたくらいであれば大事故にはなりませんが構成を見失うと戻ってこれなくなります。なのでまず最初にリピート記号の位置やダルセーニョの位置などを確認し、必要であれば蛍光マーカー等で印をつけていきます。

次に自分の役割です。ギターとボーカルだけなのか、トリオなのか、バンド編成なのかで役割が違ってきますので役割に応じた弾き方のシュミレーションをします。そのため、曲のキーやコード進行、テンポ、みんなで合わせる場所がないかなどを確認します。

また不自然なコード進行がないかも確認します。不自然な部分はあまり経験がないコード進行なのでボイシングや手癖が一瞬遅れたりします。逆に2-5-1などの何万回も経験したようなコード進行は目をつむっていても弾けます。

なのですでに譜面を渡されて最初の数分で行う行動が講師などプロの演奏者と生徒さんだと違うのです。

続きはまた明日書きます。

ディミニッシュコードは万能③

code_dim

昨日までディミニッシュコードは万能ということを書いてきました。
今日は最終回。ついてこれているでしょうか?きっと4分の3くらいの人は脱落しているはず・・・・僕も(これわかってもらえるかなぁ・・・)って半信半疑で書いてます。(苦笑)

昨日は「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」なので・・・・
「Cdim=A♭7(♭9)=E♭dim=B7(♭9)=G♭dim=D7(♭9)=Adim=F7(♭9)」
といえるというところまで話をしました。

ん・・・コード理論としてはすでに専門学校で話すレベルです。しかも専門学校でもついてこれない生徒も出るレベル・・・

まぁここまで書いてしまったので最後まで行ってしまいましょう!

この「Cdim=A♭7(♭9)=E♭dim=B7(♭9)=G♭dim=D7(♭9)=Adim=F7(♭9)」を強引に簡略化すると、「Cdim=A♭7=E♭dim=B7=G♭dim=D7=Adim=F7」となります。

さらにこれを既存のコード進行にはめてみます。
例えば「F→G7→C→C7」というコードがあったとします。
※できればコードで鳴らして音を確認してもらうと良いです。

理屈はともかくここに例のやつを入れ替えるだけ
「G7→A♭dim=Bdim=B♭7=Ddim=D♭7=Fdim=E7」
「C7→D♭dim=Edim=E♭7=Gdim=G♭7=B♭dim=A7」
なので。
「F→Bdim→C→Gdim」
だったり
「F→D♭7→C→Edim」
だったり
「F→A♭dim→C→E♭7」
とコードアレンジが出来るということになります。

もちろんC7とE♭7とG♭7とA7は構成音が少しづつ違うので聞いた印象は変わります。
代理として使えますが良し悪しはそれぞれあるのでその中から好きなものを選んでもらうと良いかと思います。

ちょっと難易度高めの3日間でのディミニッシュコードの話でしたが、また懲りずにこういった専門的な話も入れていきたいと思います。

ディミニッシュコードは万能②

Cディミニッシュコード

ディミニッシュコードは万能②

昨日はディミニッシュコードの有用性について書いていきました。
ディミニッシュコードはアレンジに使えて「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」となりますよ。という話で終わったかと思います。

さて、コードというのは1つのコードで別の読み方をすることが多々あります。例えば「ドミソラ」だと「C6」というコードになりますが、これが「ラドミソ」となると「Am7」というコードになります。
ギターの人だと

C6
—0–
—1–
—2–
—2–
—3–
—X–

Am7
—0–
—1–
—0–
—2–
—0–
—X–

と表記をしますが、ベースなどがいる場合はどっちで押えてもC6にもAm7にもなります。
ベースがAを弾けばどっちを弾いてもAm7の音になりますし、ベースがCを弾けばどっちを弾いてもC6の音になるのです。

ウクレレだともっとシンプルです。
—0–
—0–
—0–
—0–

乱暴なようにも見えますがこれでC6でもAm7でもいけるのです。逆にいうとウクレレでもしも「C6→Am7」というコード進行があったらちょっと困ります(笑)両方一緒になってしまうからです。そんなときは数字をとって「C→Am」にするかと思います。

そんなようにコードの構成音が近いとコードの響きも役割も近くなるという性質を使ってディミニッシュコードを他のコードに置き換えてみます。
例えばCdimは構成音が「ド・ミ♭・ソ♭・ラ」と前回書きました。これに近いコードを探すとA♭7(♭9)というコードが見つかります。A♭7(♭9)というコードは「ラ♭ドミ♭ソ♭シ♭」という音の構成でできています。
比べてみると
Cdim 「ド・ミ♭・ソ♭・ラ」
A♭7(♭9)「ラ♭ドミ♭ソ♭ ラ」
となります。
並べ直すと
Cdim 「ド・ミ♭・ソ♭・ラ」
A♭7(♭9)「ド ミ♭ ソ♭ ラ ラ♭」
おおっ! ほとんど一緒。
コードの構成音がここまで近ければ同じコードとして使えます。

ということは「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」なので・・・・
「Cdim=A♭7(♭9)=E♭dim=B7(♭9)=G♭dim=D7(♭9)=Adim=F7(♭9)」
といえますね。

・・・えーと・・・難しいですか?

ついて来れない方はすみません・・・ついてこれる方は明日最後の締めをします。

ディミニッシュコードは万能

cdim

だいぶ名古屋も夜は涼しくなってきたように感じます。最近裸足でいることが少なくなりました。

さて、昨日はコードトーンについて書きました。今日はディミニッシュコードについての話。

ディミニッシュコードとは短三度の積み重ねでできるコードのことです。

・・・・・??短三度??
短三度というのは音楽用語で任意の音からもう一方の音までの幅を表します。みなさんが耳にしたことのある言葉でいうと「半音」とか「1音」とかと同じような意味で使います。短三度を説明すると、例えば「ド」から数えると「ミ」って「ド・レ・ミ」と3番目の音ですよね。このミの音が半音低いと「ド・レ・ミ♭」となります。このドからの距離を表すときに「ド」から「ミ」と「ド」から「ミ♭」の距離を区別するために「ド」から「ミ」を長3度、「ド」から「ミ♭」を短3度と分けて表記しています。

ちょっと回りくどくなりましたね・・・でも音楽用語をわかり易く説明するのって結構難しいんです。下手すると説明の説明に説明がいるってことも多いです・・・

音で聞くとわかりやすいですね。例えばCdim(Cディミニッシュコード)を音名でいうと「ド・ミ♭・ソ♭・ラ」となります。ピアノやキーボードの方はこれで確認してもらうと良いと思います。ギターの方は
—X–
—3–
—2–
—4–
—3–
—X–

と押えてもらうといいです。

ウクレレの方は

—3–
—2–
—3–
—2–

となります。
実はこのコード、アレンジなどをする上ではかなり使い勝手がいいんです。

例えば

「Dm→G→C→Am」といったコード進行も
「Dm→G7→C→A7」→「Dm→A♭dim→C→B♭dim」と2つもコードがディミニッシュコードに替えられます。

このディミニッシュコードの特徴として面白いのがCdim=E♭dim=G♭dim=Adimということです。どういうことかというと「ディミニッシュコードとは短三度の積み重ねでできるコード」と書きました。でCdimだと構成音が「ド・ミ♭・ソ♭・ラ」ということも書きました。ここで「あれ?」と思った方は頭が切れる方です。この短三度を積み重ねていくと「ド・ミ♭・ソ♭・ラ・ド・ミ♭・ソ♭・ラ・・・・」となります。このことからミ♭から短三度を積み重ねてもソ♭から短三度を積み重ねてもラから短三度を積み重ねても同じということがわかります。ということは「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」なんです。

これが何を意味するかというと1つのコードが4つのコード名を持つと言えます。

明日はこれを利用したコードアレンジ法を書いていきたいと思います。
・・・・難しかったらすみません・・・説明するのも難しいんです・・・

コードトーンは万能

コードトーン

今日はコードトーンの話をします。

コードトーンと聞いて何のことかわかる方はある程度何かの楽器をしていてジャズなどを勉強している方だと思います。

このコードトーンをきちんと理解して使えるようになるとジャズだけでなくポップスやロックなど西洋音楽であれば大抵の音楽に利用できます。

コードトーンとはコードを構成する音のことです。今日の西洋音楽は基本的にコードとメロディーで成り立っています。クラシックに限っては和音というよりハーモニーですが、その時その時で切り取ると何らかのコードになっているためここでもコードの概念は通用します。私達が普段聞く音楽の99%は西洋音楽ですのでコードトーンをきちんと理解していればほとんどの音楽でコードトーンの概念が通用することになります。

例えばギターやベース、ウクレレを弾いたことがある人ならCやAやGといったコードは目にしたことがあるはずです。このCとは「ドミソ」で構成された和音のことであり、Aであれば「ラド#ミ」で構成された和音で、Gであれば「ソシレ」で構成された和音です。

もっと難しくなっても例えばDm7ー5だったら「レファラ♭ド」といったようにすべてのコードはいくつかの音が同時になることによって成立します。

逆に言えばCというコードがなっているときには「ドミソ」がなっているので当然「ドミソ」だけを弾いていれば間違った音を弾くという心配はありません。

「Dm→G→C→Am」というコード進行であればそのコードごとの構成音は使用できるということになります。楽器も上級者になってくるとこのコードトーンを覚えているかで演奏の効率が全然違います。初見でもアドリブソロが弾けますし、ギターのフレーズを考える際もとても重宝します。逆にコードトーンを知らないと上手くなってから困ることになります。

体で覚えるのに何年かかかるかも知れませんが覚える価値は十分にあります。
もし興味を持ったら調べてみてください。

読みにくい譜面の話

chord

僕:「ん??この・・・コードは・・・なんでしょう?」
生徒さん:「ん~~~なんでしょうねぇ・・・」

これは今日のレッスンでの会話。

生徒さんが書いた譜面を僕がギターを弾いて生徒さんが歌ってキーの確認をするという作業中。
Mとmが適当に書いてきてしまったようで自分でも読めないようです・・・・
こういったことはよくあります。Mかmかはとても重要なんですけど・・・

今回生徒さんはネットでコードを調べて書いたとのこと。
歌詞もコードも手書きでとても意欲は感じます。
最近はコードと歌詞がネットで調べると出てきてくれる、いい時代になりました。
一昔前だと自分で耳コピするか、歌本を買うかの2択だったのですが、生徒さんでもコードが調べられるので重宝している方が多いと思います。

でもこのサービス。サービスはとても素晴らしいのですが、歌詞にコードが当てはめてあるのでコードの長さが全くわかりません。コード譜だと曲を知らなくてもテンポさえ知っていればなんとかなるのですが歌詞にコードだと推測で弾いて行くことになります。

例えば
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|C G/B|Am   |F  G  |C   |
ラー  ラーラー    ラーーーー ラーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という曲があったとしても歌詞が基本になると
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
C G/B    Am     F
ラー  ラー   ラー    ラーー
G  C
ラー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
といった表記になります。こう書かれるとどこが小節の切れ目なのかわからないので四苦八苦するのです。

今日の生徒さんもHPを参考にして歌詞の上にコードを書いてきてしまったので読みづらいのですが・・・・生徒さんに非はありません・・・・・ので僕が音楽理論をフル活用して

(えーとここは2-5-1だと思うから、Ⅴの代理でⅦ♭7ってことかな??)

・・・などとリアルタイムで頭の中で修正して読んで弾いていきます。

———————

曲が終わったあと生徒さんの一言
「えーとキーが高いんで3音くらい下げてもらってもいですか?」

僕:「・・・・」

・・・・ということで今度は頭の中で更に音楽理論をフル活用させ、3音下に転調&構成を頭の中で再構築&よくわからない表記のコードが何なのかを推測しながら初見で演奏・・・という大道芸のようなレッスン風景が繰り広げられるのでした。

ゆっくりと弾く!!②

ゆっくり

昨日はゆっくりと弾くことの重要性などを書きました。

今日は違う側面からゆっくりと弾くことの重要性を書いていきたいと思います。

難しい演奏をゆっくり弾くのは誰だって理解できます。でもその本来の意味合いや実際にゆっくりな場合に体がどう反応するかまで考えている人は多くはありません。
では一度普段何気なく行っている動きをスローモーションにしてみましょう。

例えば無意識でしている動きはどうでしょう。

試しに両手を組んでみてください。よく組んだときに右手の親指が上に来る人は「右脳タイプ」とか左手の親指が上に来ると「左脳タイプ」とかそういう話ではありません。笑

超スローモーションで自分の指が組まれる様子を感じてみてください。そうするとなんか不思議な感じがしませんか?超スローモーションで両手を組んだあとに普段どおり組もうとすると今度は妙に意識をしてしまうかもしれません。無意識を意識化すると今まで見えなかったことが見えるようになります。

試しに同じ原理でギターやウクレレ、ベースなど楽器を弾きましょう。ギターやウクレレの場合、カッティングをしてみましょう。普段の半分のスピードで良いです。

できればメトロノームを使って普段のカッティングのスピードを測り、その半分のスピードで弾いてみましょう。本当にそのリズムを習得していれば半分のスピードで弾いてもグルーブ(ノリ)は変わりません。

でも残念なことにほとんどの人は半分のスピードで弾くとのっぺりとした演奏になってしまっているのに気づくはずです。ようするに速く弾くと弾けているように聞こえるだけで実際は弾けてないのです。逆に言えばこんどは半分のスピードで練習すればいいとも言えます。そうすると元のスピードに戻したときのノリが変わって来ます。

 

一度慣れた演奏を半分で弾いて実力チェックをすると良いと思います。

ゆっくりと弾く!

メトロノーム

今日は「ゆっくり」のすすめ

僕はレッスンで前回のレッスンの時から、どれくらい家で練習をしているか、もしくは前回のレッスンをどれくらい覚えているか確認するために、最初に前回やった内容を弾いてもらうことがあります。

もちろん前回よりも弾けるようになっていたり、変わってなかったり、前回のレッスンのはじめに戻ってしまっている生徒さんなど結果はいろいろですが、中にはなぜかどんどん速くなってしまう生徒さんもいます。通常のスピードだと弾けなかったので半分のスピードで弾いていたはずが8割位のスピードで弾き始めると・・・・当然くちゃくちゃな演奏になります。

このように自分の弾けるスピードよりも速く弾こうとする生徒さんはかなりの割合でいるのですが、不思議と人は間違ったり、自信がないときに限って速くなるようです。

こういうのを音楽用語で「はしる」と言いますが、これはとても不合理な話で、間違ったり、自信がないときは通常はゆっくり弾かなければいけないということはどう考えても明白なのですが、間違ったり、自信がないときは心にも余裕がないので「ゆっくり弾く」ということすら忘れてしまうようです。(これはギターでもウクレレでもベースでもあらゆる楽器で一緒です。)

そんなときはメトロノームの出番!。

メトロノームに合わせて練習してもらいます。

「メトロノームに合わせる」ということをただのリズム練習の一環だと思ったら大間違いです。メトロノームに合わせるとわかりますが演奏に余裕がない人はメトロノームに合わせることができません。余裕がなさすぎてメトロノームの音が聞こえないからです。

逆に言えば「メトロノームに合わせて弾ける」ということは「ある程度は余裕をもって演奏できている」ということです。

本番はメトロノームはないのでより余裕を持って弾けることになります。

みなさんもスピードが速くなったらメトロノーム活用してみてください。

フレットのすり合わせ③

トランスロッド

さて前回、前々回で準備するものなどを書きました。今日はいよいよフレットのすり合わせに取り掛かります。

当たり前ですがフレットのすり合わせが必要なギターがあればなので、そういったタイミングがあればこの記事を思い出してもらえればと思います。

まずは作業場を確保します。床でも机でもなんでもいいですが、汚れても良い場所で行ってください。またギターが傷つくといけないのでギターを置く際はクッションになるものを下に敷いてください。僕はダンボールで代用しましたが・・・・(とはいっても日曜大工ほどは汚れません。子供の工作程度です。)

まずは弦が張ってあれば弦を外します。弦がそれほど古くなければ切らずにペグから外して置いてもらっても構いません。何故かと言うとこのフレットのすり合わせは確認作業として弦を張って音を鳴らして・・・という作業を数回繰り返す可能性が高いので弦が古くなければその作業用の弦として利用します。

弦をペグから外したらネックを取ります。アコギの方やネックが取れない方は仕方がないので邪魔に鳴らないようにボディー側に弦をよけておいてください。エレキの方はネックを取り外します。ネックは後ろでネジで止まっているだけなのでドライバーで外せます。

次にネックの反りを確認します。ネックが反っていたらフレットのすり合わせをしても意味がありませんし、そもそもネックの反りを調整するだけでビビらなくなったとしたら元々フレットのすり合わせが必要ない可能性もあります。・・・でもこれだけ道具揃えてネック調整で終わったらそれはそれで凹みますが・・・・先に書くのを忘れてましたが、ビビってるからと言ってすべてフレットのすり合わせが必要というわけではないのでフレットのすり合わせをしてみようと思っている方がいたら、その点だけ確認されたほうが良いかと思います。

フレットは木で出来ているので当然木目があります。経年変化や保存状況によってネックが大なり小なり反ってきます。もちろんギターメーカーもそれは承知しているのであとからでも反りを調整できるようにトランスロッドという金属の棒をネックの中に入れてあります。

この長さを調整することでネックの歪みを調整します。

一言言っておきますが、このトランスロッドの調整もプロの人からすると「素人は手を出さないほうが良い」類のものですので、どうしてもやりたい方は自己責任で行ってください。
詳しくはサウンドハウスさんが動画を公開してますのでそちらを見てもらったほうがいいです。
https://www.soundhouse.co.jp/howto/guitar/neck/

次回はいよいよフレットのすり合わせ開始です。