雑学

講師やミュージシャンはどんな音楽を聞くのか

cd-dvd

今回はミュージシャンが聞く音楽の話をしていきたいと思います。

正直自分が知っている範囲での話なので多少偏った話になるかも知れませんが・・・

生徒さんの立場から考えるに講師やミュージシャンは耳が肥えていてきっと良質な音楽ばかりきいているだろうと思うのかも知れません。まぁそれに関しては傾向としてはそうなのかもしれません。

講師やミュージシャンが音楽を聞く時、一般の人と音楽の聞き方が違う時があります。
聞きたい音楽を聞いているだけではないからです。例えば仕事上聞いて置かなければいけない曲を聞いている時、勉強のために聞いている時があります。

仕事上は例えばレコーディングに参加するのであればレコーディングする曲のプリプロなどを聞くこともありますし、演奏の仕事であれば曲を覚えるために少なくとも1回は聞いておいたほうが安心です。曲の展開が読めるときなどは早送りしながらざっと耳を通すだけの時もあります。勉強のためとは例えばいろいろな音の引き出しを増やすために聞いておいたほうが良さそうなミュージシャンの音源などを聞いたりもします。音楽としてきくというよりも例えば「ここのソロの2-5-1のギターソロのフレーズがカッコよかったから耳コピしよう」とか「ここのコード進行が新鮮だったからアナライズするために聞いてみよう」とかです。

そんなふうにしてミュージシャンは耳で勉強しているのです。

では聞きたいものを聞くときは何を聞くのでしょうか?

正直十人十色ですが、やはり傾向はあります。ロックの人はロックよりになりますし、ジャズの人はジャズやポピュラーミュージック、クラシックを聞きがちです。意外にクラシックの人はポピュラーなものを聞く印象があります。

僕はというとソウル、ジャズ、ボサが多いですね。。。。ブラジルものとか好きです。アーティストで言うとやはりギタリストになります。「chico pinheiro」とか「ROMERO LUBAMBO」とかでしょうか。都会のインテリな匂いがするブラジルの匂いがするジャズやボサが好きなので。

でもロックも日本のポップスも聞きます。昔はビートルズもCD全部持ってましたし。秦基博とか好きです。クラブ音楽も聞きます。ハウスとか。

他の人を見ているといろいろですけどあんまり流行りものは聞いてませんね。

落語とか多いですよ。やっぱりいつも音が溢れた世界にいるので耳を休ませたいのかもしれません。

例えば1曲通して聞いた時の情報量ってミュージシャンの場合、一般の人の10倍くらいの情報量があるので一般の人がヘビーローテーションで100回くらい聞くのとミュージシャンが10回くらい聞くのとでは同じくらいなのかもしれません。

ロックの人は昔のロックを聞いているイメージがあります。ハードロック系の人は好きなバンドが決まっているのでそればっかり聞いている印象があります。でもあまりヒットチャートに入ってくるような曲は聞かないのかもしれません。理由としては変わった音楽や新しい音楽が好きなのでどうしても若干マイナーな方向に行くのだと思います。

ミュージシャンの生態。少しは分かっていただけたでしょうか?(笑〉

音楽教室が語らない月謝のこと。

gessya

ポワンポワンスタジオです。

だいぶ名古屋も暑くなってきましたね。

今日のテーマは「音楽教室が語らない月謝のこと。」

今回はあまり語られない月謝の話をします。
どんな教室のブログを見ても月謝について語っている教室はそうはないと思います。

お金のことは話しにくいですから。

正直ポワンポワンスタジオの月謝に関してはかなり安いと思うんですが・・・・

それでも高いと思われる方もいます。
特に小さなお子様をお持ちの親御さんからするとそう思われるかもしれません。

何故かと言うとお子様の習い事で考えると三大習い事が
・ピアノ
・英語
・水泳
らしいのですが英語や水泳はたしかに安いところが多いです。

個人的にはギター教室が3大習い事に入ると嬉しいのですが・・・笑

他にも
・習字
・そろばん
・体操
・塾
・絵画

などみても時間に対する費用としては高額に思えるかもしれません。

でもこれも仕方がない側面があるんです。音楽以外の習い事は全部「グループレッスン」なんです。

例えば英語だって一度に5~10人くらい同時にレッスン出来ます。水泳も個人で教えている水泳教室は見たことがありません。習字やそろばんは下手すると数十人単位でも教えれるかもしれません。

音楽は個人レッスンなんです。
音楽教室でもグループレッスンのところはあります。特に大手は積極的に採用しています。

でも他の習い事と違って音楽は「音」が出ますのでグループレッスンに適して無いんです。

僕も数年グループレッスンに挑戦してみましたが結論から言うと生徒にも講師にも負担が大きく、成果も少ないという結論に達しています。友人、家族でやるのであれば大賛成ですが、そうでない場合はいろいろ弊害も大きくなるのです。

ちなみに月謝が安いから悪い、高いから良いという単純な話ではありません。

同じ講師が大手で講師をすると月謝は高くなりますし、個人で教えれば当然安くなります。
結局は体験レッスンなどを受けてその先生に習いたいと思えばそれでいいんですけどね。

うまくまとめれませんでしたが、参考になれば幸いです。

ホストクラブでの演奏

bar

ホストクラブの話

昨日演奏の際の苦い記憶を書きましたが、それで思い出したホストクラブでの演奏の話を書いていこうと思います。

とは言ってもこれは僕の話ではありません。実際には僕が話をもらったのですが断りました。
先に言っておきますが特定を防ぐために若干ぼかして書いてあります。。。苦笑

ある日知り合いから電話をもらいました。ギターで演奏の仕事があるとのことでした。
もうずいぶん昔の話です。僕もその頃はその手の仕事に飢えてましたので「やるやる!」と言いたいところでしたが依頼内容を聞くと、
夜の8時~朝の6時まで拘束。日当の相当安い。とのことでした。また500曲くらいレパートリーを覚えなくてはいけないとも言われました。

どうやらホストクラブでホストの人たちが歌う時の生カラオケをする仕事らしく、例えば「B’zの◯◯」と言われたらそのイントロもそれなりに弾けなくてはいけないとのことでした。ソロとかも全部コピーするんでしょうか??

そもそも僕もレッスンがあるのでその仕事をすると講師業に相当な支障が出ることは目に見えてましたしハナから受けることは難しい案件でした。

またその仕事の話を聞いていると、たまにヤクザの人たちが来て歌っていくのだが、自分たちが問題なく演奏しても上手く歌えなかったりすると自分たちのせいにされてボコボコにされるというどこまで本当なのかわからない話もされたのでとても受ける気にもなれませんでした。

結局僕が断った半年後くらいにその仕事はなくなったみたいです。ちょうどその頃そっちの業界にも不況の波は来てましたのでカラオケでいいじゃんってことになったのではないでしょうか。

でも今書いていて気づいたんですがキーとかってどうしてたんでしょうか?僕らの仕事だと現場でキーを変えることもあるにはありますが、カラオケ代わりで毎回キーを変えられたら・・・・死んでしまいますね・・・・

誰でもミスします。

mistake

誰でもミスします。

よく生徒さんに「先生はミスとかしないんですか?」と聞かれます。

そうですよね。僕も昔は先生に習っていましたが確かに先生とかプロのミュージシャンってミスしないイメージがありますよね?

今は逆に聞かれる立場になっているのですが、聞かれる立場になると分かるんですけど・・・

講師もミスはするんですよね・・・プロの人でもミスはするんです。

ただ、じゃあ先生がライブなどでミスしたのを確認したことがある人を探すとほとんどいないかと思います。
ではプロのミュージシャンや講師はどこでミスをするんでしょう?

答えは「講師やプロのミュージシャンのミスは一般の生徒さんでは気づかない」です。

一般の生徒さんの言うミスと上級者以上の人のミスの定義がすでに違うんです。
またミスしても一流の人はミスをカバーするのも一流です。

間違った音を弾いたとしても次の音でそれをカバーする技術も持ってます。

例えば生徒さんだと「ド」を弾くところで「ド#」を弾いてしまったりします。
プロのミュージシャンだと、まずそういった事がほとんどないのです。

これを見ている人に分かるように説明するならば、たとえば「いまなんじ?」って友達に聞く時に「いみなんじ?」
とは間違えないですよね?「いまなんじ?」が「いまってなんじだっけ?」ということはあっても一文字だけ間違えるということはないはずです。

それと同じだと考えると理解しやすいと思います。

でも英語だったらどうでしょう?
「what time is it」を「what time it is」と言ってしまうことはないとは言い切れません。
・・・僕は・・・英語が得意な方は「え~それもないよ~」と言われるかも知れませんが・・・

プロのミュージシャンや講師はそれくらいの技術を持っているということなんです。

でも意外に譜面を見失ったりすることはあるのでそうすると適当にごまかしながら正しい位置を探したりします(笑)

ただ、プロのミュージシャンがプロのミュージシャンの演奏を見るとちょっと違います。わかってしまうのです(笑)
「あー今上手いことごまかしたなぁ・・・」とか「今展開見失ってちょっと戻るの挙動不審だったなぁ」とか「今コードわかんなくなったから予想されている2つのコードの共通する音を弾いたんだろーなぁ」とか結構自分でも怖いくらいわかってしまします。

ある意味ギター講師の職業病なのかもしれませんね・・・・・

ギブソン、破産申請

gibson

「米ギター老舗ギブソン、破産申請」

ギターをしてない方には興味がない話かもしれませんが、ギブソンが破産申請しましたね。

楽器をある程度弾けるようになると楽器にも詳しくなるのと同時に当然楽器業界にも詳しくなります。楽器屋に行っても試奏する際に店員さんにその機材の情報などを聞いたりします。ミュージシャン同士でも気になる機材があると見せてもらったり、特にエレキギターの場合エフェクターケースの中が気になったりします。上手い人のセッティングは見てるだけでも楽しいです。

そんな調子なので当然どこの何を使っているかはギタリストにとってとても良い酒の肴になります。僕もギブソンはエレキはESー335、アコギはJ45というとてもわかりやすい超王道ギターを持っていますがさすがたくさんのプロミュージシャンが使っているだけあってとても安定感があります。

もちろんギブソンと一言に言っても個体差もかなりありますし好みも分かれるので同じESー335でも年式や素材が違うだけで別物になってしまう側面があります。

メーカーによっては精度が高く、個体差が少ないメーカーもあるのですが、ギブソンは当たり外れが大きく、そのためある品番のギターを買おうと思っても楽器屋さんを永遠と回った記憶があります。

ギブソンはレスポールからセミアコ、フルアコまで、ロック系ギタリストからJAZZ系ギタリストまで幅広いミュージシャンから愛される超有名所メーカーなので無くなってしまうことはないと思いますが商売が上手く行ってないようですね。

頑張ってもらうたいものです。

TAB譜よりも五線譜の方が・・・・

tab

TAB譜よりも五線譜の方が・・・・

かつては僕もそうでしたが、TAB譜よりも五線譜を読めたほうが偉いみたいな風潮があります。

実際にTAB譜よりも五線譜の方が慣れないと読みにくいのも本当の話です。

でも実際はそうでもないよというTAB譜を擁護していく記事を今回は書いていきたいと思います。

まずTAB譜を知らない人のために書いておくとTAB譜はギターやウクレレ、ベースなどの譜面として採用されることの多い譜面で、五線譜と違い、ギターであれば6本の線、ベース、ウクレレであれば基本的には4本の線で書かれます。

これらの線は弦を表しているので読む人は何弦の何フレットを押さえればいいかが素人でもすぐにわかるような仕様になっています。

五線譜は西洋音楽を奏でる時の共通言語のようなものなのでギターのパートが書かれた譜面でも他のパートの人でも読めるようになっていますし、クラシックやジャズなどは五線譜が基本なので五線譜が読めないと知らない曲だと全くお手上げ状態になります。

このTAB譜は元はタブラチュア (tablature) と言って14世紀から使われだしたそうです。五線譜が現在のような形式を取り出したのが13世紀以降ですからTAB譜の歴史の古さがわかります。

でもTAB譜が出はじめた時まだこの世界にギターという楽器はありません。もともとTAB譜が普及したのにはリュートというギターの先祖の楽器があります。そもそも批判覚悟で物申せば、五線譜よりTAB譜の方がギターの譜面としては優秀なのです。

その理由はピアノとギターとの仕組みの違いにあります。ピアノとギターは当然見た目もずいぶん違いますが、決定的に違うのはギターは同じ音階をいくつかの場所で弾くことが出来ますがピアノは出来ないという特徴にあります。

例えばピアノのmidcと呼ばれる「ド」の音程は当然ピアノだと1つの鍵盤でしか出すことは出来ません。
でもこれがギターだと2弦でも3弦でも4弦でも出すことが出来ます。

逆に言えば例えば五線譜で「ド」と書かれていてもギターの場合は場所を明記してくれないとどこの弦で弾いていいかはわかりませんし。どこで弾いても良いことになります。実際に五線譜でギターの譜面を書く時はそういった指示をしなくてはいけないことになっていますし、ジャズやポップスなどは特に指示がなければどこを弾いても問題ありません。

まぁただ、TAB譜しか読めなければ困る方は五線譜の読み方を勉強するしかありませんね。バンドをする方や弾き語りをする人にとってはTAB譜の方がずっと便利だと思います。

クロサワ楽器に行ってきた。

kurosawa

クロサワ楽器に行ってきた。

先週教室の備品を買うために名古屋市栄(駅でいうと伏見)のクロサワ楽器へ行ってきました。

今回は日進校の備品のバイオリンが数台と結構高い買い物だったので少しドキドキ(笑)

僕はバイオリンは弾かないのですが逆にサイズや価格帯など店員さんの話に興味津津です。

ギターの事はよく知っているつもりですが専門外はからっきしなのでバイオリンの弦の交換サイクルやメンテナンスの話などいろいろ勉強させていただきました。

クロサワ楽器は以前は名古屋駅にバイオリンのお店があったそうですが数年前に伏見にオールジャンル扱う楽器店として移転したみたいです。

バイオリンの購入の後はお楽しみ2階のフロアーへギターやウクレレを見に。

ギター教室やウクレレ教室の生徒さんのためにどんな品揃えなのか見るのも仕事のうちです(・・・と言いながら楽しんでいてます)

大型の楽器やだとなんでも置いてあるイメージがあると思いますが、意外に各店舗で取扱が違います。これは付き合いのある楽器メーカーとの関わりが非常に色濃くでています。また自社製品を扱っていると競合する楽器を全面に出せなくなりますので必然的に品揃えにも影響がでます。

クロサワ楽器はギターはマーチン、ウクレレはカマカとのつながりが強いのでそれを加味すると品揃えの理由がわかりやすいです。

通常の楽器やだとエレキとアコギが半々くらいで置いてあるものですがここはアコギの数がとても多い。クラシックギターなども海外物(スペインが多かったです)を中心に沢山取り扱いがあるようです。

さすがにマーチン、カマカの品揃えは名古屋随一ではないでしょうか。
またカマカに関わらずウクレレも他の楽器屋さんの4倍以上は置いてあるような印象でしたのでウクレレを探している方にもおすすめですよ。

最初に高い楽器を買うのがいいか、最初は安い楽器を買うのが良いのか。

高い楽器

今回は楽器を買う時の注意点を書いていきたいと思います。

名古屋には楽器屋もたくさんあります。ポワンポワンスタジオがある名古屋市八事には残念ながらありませんが、隣のいりなか駅には2つくらい楽器屋がありますね。同じように名古屋にはギター教室もたくさんありますので比較的ギター人口は多いんだなぁという印象を受けます。

ピアノは一般の人は持ち運び出来ませんので、ひとまず置いておいて、ギターやベース、ウクレレ、バイオリン、フルートなどほとんどの楽器は持ち運べますのでレッスンなどにも持ってこれます。

まだ楽器を持ってない生徒さんが体験レッスンに来られて、音楽教室に通うことになると当然楽器を買うことになるのですが、迷われるのが楽器の購入の相談です。なんといってもまだ楽器のイロハもわからない状態で楽器を選べと言われてもこまりますよね。セレブな方であればそれはよりどりみどりなんでしょうが、ほとんどの生徒さんはそうではありません。

ではどのように楽器は選べば良いのでしょうか?

担当の先生に聞くのがもちろん最良の方法です。その人に合わせた提案をしてくれると思われますので。

でも今知りたいという方もいるかも知れないので書いておきますね。

楽器にもよりますが、僕のお勧めは1本目は定番といわれる楽器を買うことです。

楽器の質は値段に比例します。それはギター、ベース、ウクレレ楽器に関係なく比例します。
ただしそれは傾向であって安くても良い楽器はありますし、高くても全然良くない楽器もあります。

また音色は8割が技術、2割がその他の楽器やエフェクター、アンプとうで決まりますので安易に楽器が良ければいいという話ではありません。

ただ、安くて良いものっていっても限度がありますので1万円で良いものを探そうと思うと本当に宝探しのような確率になるか、友人づてで格安で譲ってもらうしかないと言ったところです。

僕は教室の備品としての楽器はYAMAHAを選択することが多いです。

YAMAHAは正直超有名メーカーですが、中級者以上になるとあまり選択しない楽器です。
といっても悪いのではなく単純にニーズに合わないのだと思います。

悪く言えば平凡だったりデザインも普通と感じる人が多いですが、逆に言えばオールラウンダーなのでなんのジャンルにも合います。中級者以降だと何かのジャンルに特化したものを選択することが多いので必然的に選択肢から外れるのだと思います。また中級者以降のオールラウンダーはギターで言えばギブソンのES335のようなギターを選ぶのでオールランダーからも選択されにくくなるのかもしれません・・・・個人的な推測ですが・・・

もし高い楽器を買えるだけの予算があっても最初は何が良いかもわからないのであれば6~10万円前後で売っている楽器で様子をみて、自分が何が欲しいのかが判断出来るようになってから高価な楽器は買うと良いと思います。

ちなみに高いギターは傾向としては繊細な出音になってくるのでより表現力が増す分、ミスも目立つようになるのでそのへんはご注意を・・・・

歌と飲み物(食べ物)の話

full

~名古屋のボーカル・ギター教室ポワンポワンスタジオブログ~

最近名古屋は暑くなったり寒くなったりして教室の生徒さんも服に困っているみたいですね・・・

今日は歌と飲み物(食べ物)の話をします。

ボーカルの方は比較的知っているのですが意外に一般の方は無頓着だと思います。

もちろん飲むこと自体には問題はありません。ただ知っておいて損はないと思うので今日はその話をします。

カラオケに行くと必ず何か飲み物を頼むと思います。この時に知っておくといいのは
・カフェイン=刺激物
・冷たいもの=身体が萎縮する=冷たすぎると声帯や喉に悪影響を与える
・炭酸が入っているものは炭酸ガスでお腹が膨れる可能性があります。
・利尿作用があるものはトイレが近くなります。
・アルコール=当然声帯や喉に悪いです

もう一度いいますがこれは「知っておいて損はない」知識です。過度に考えすぎると何も飲めなくなります。
すべてを加味するとカラオケで一番歌の障害にならない飲み物は「常温水」ということになります。

ただ歌をやっている人がカラオケに行って常温水しか飲まないかというとそういうわけではありません。

ただ一ついうと烏龍茶は気をつけてもらいたいということです。

烏龍茶は最近よく「黒烏龍」とかダイエットに効果があるような感じがします。ダイエットの有効化はわかりませんが、喉にはあまり良くありません。烏龍茶にはカフェインが含まれているので喉や声帯を刺激します。
また烏龍茶には身体の脂分を奪う性質があるので喉の潤いを担っている油分もとってしまい喉が乾燥しやすくなります。
また利尿作用もあるのであまり取らないほうが良いかと思われます。

逆にノンカフェインのお茶などがあればそちらにすると良いと思います。
氷などもあまり入れないほうが良いと思います。

食べ物ですが最近はメニューが充実しているカラオケも多く、カラオケに行ってご飯を食べる人もいらっしゃるかと思います。もちろん楽しむ分にはそれで大丈夫です。ただ、基本としては歌うまえの3時間くらいはお腹に食べ物は入れないほうが良いです。逆にお腹が空きすぎても駄目なので3~4時間くらい前に何か入れておくと良いということは知っておいて下さい。

何度も言いますが趣味で楽しみのであればそれほど厳格に考える必要はないので頭の片隅に置いておいて下さい。

速いスピードを克服するには

guitarspeed

速いスピードを克服するには

ポワンポワンスタジオ名古屋校です。

昨日のレッスンの時のこと、ウクレレの生徒さんが「ルパン三世」を弾いているらしくTAB譜を持ってきてくれたのですが、ルパン三世のテーマが16分のかなり早いカッティングがあるんです。

これでかなり生徒さんは苦労していましたが、この問題でつまづく生徒さんはとても多いです。

その曲はBPM=150くらいでしょうか。BPMというのは「Beats Per Minute」の略で1分間に1拍が何回あるかをさしています。
なので簡単に言えば1秒間に1回なるのであればBPM=60ということになります。

なのでBPM=150がどれくらい速いかは想像できるかと思います。150÷60=2.5なので1秒間に2.5回クリックがなることになります。手拍子してもらうと・・・結構速いですよね・・・

BPM=150の16分というと16分音符は1拍を4等分しますので1秒間に2・5×4=10回もウクレレを弾かなくてはいけないスピードです。

・・・と理屈で考えると到底不可能な気もしてきますが、実際は時間をかければ徐々に速く弾けるようになります。

僕は個人的に勝手に「動体聴力」と呼んでいますが、速い動きを見る能力が「動体視力」であれば速い音を聞ける能力は「動体聴力」と言っても差し障りないのではないでしょうか?この「動体聴力」とやらをまず鍛える必要があります。

よく速く弾けるようになるのに筋肉が必要だと思っている人がたくさんいます。もちろん全くの不正解ってわけでもありません。バッティングセンターに行って時速150キロの球を打つために素振りの練習をするのと一緒ですから悪いことではないのです。では時速150キロの球を打つためになにの能力が必要でしょうか?

スウィングスピードは当然必要です。でもいくら速くバットが振れてもボールが見れなければ打てません。それと同じで速いスピードを認識出来るだけの聴力が必要なのです。耳を鍛えるということですね。

肝心の耳を鍛える方法ですが、一番効率の良いのはやはりゆっくりなテンポから徐々に速くしていくことです。
例えばBPM=150であれば半分くらいの80くらいまで落としてそこからあげていくのが良いと思います。

出来ると思っても一気にあげず、5づつ様子を見ながらあげていきましょう。