練習法

質より量の話

量

今日はネットで見た興味深い話。

あるアメリカの美術大学で行われた社会実験の話なのですが、
クラスを2グループに分け、

一方は「作品の質は問わない。数を出せば評価する」
他方は「作品は一点だけ出せ。その質で評価する」

という内容で作品を出させたそうです。

通常は僕たちの感覚としては「質」を求めたほうが良いものができると考えがちです。
作品の数だとテキトーにたくさん作ろうとするはずなので質も悪くなるに違いない・・・と僕も思います。

ところが結果は

「作品の質は問わない。数を出せば評価する」としたグループは質の良い作品がちらほら見られたそうですが、「作品は一点だけ出せ。その質で評価する」は質の良いものはほとんどなく、未提出者も出たそうで、「作品の質は問わない。数を出せば評価する」の方が質が良い作品が多かったという結果になりました。

一見これは私達のイメージとは違う結果です。でも経験則で考えると確かに質より量を求めたほうが結果が出ることが多いです。

顕著にその法則がでるのは作曲です。良い曲を作ろうと思うと大抵良いものは出来ません。どんどん作って駄目だったら捨てるというやり方が一番効率よく良い作品を生み出す方法なのです。よくドラマや漫画などで画家や作曲家が上手く作品ができないと紙をクシャクシャにして捨ててしまうというシーンが見られますが、あれなんかはまさにそうで、どんどん作ろうとする過程でできの悪いものは捨てていくというプロセスが垣間見えます。

楽器の練習もそう。デッサンのように最初はラフにそのあとで緻密に技術力をつけていきます。例えばギターのコードを押さえるのでも初心者だと全部は鳴らないことも多いですが、丁寧に弾くよりもどんどんコードを弾いていく方が上手くなります。これは指がいろいろなパターンを押さえることにより、より柔軟性がでるようになりますし指先も固くなりやすいからです。逆に1つのコードの質を追い求めていると結果的に上達のスピードが鈍る結果になります。

もちろん中級者以降は質も大事ですが、練習する際に質より量。気にしてみてください。正しく言うなら質を気にしながらも量をこなすことに重きを置く感じでしょうか。

脳を騙せ②

脳

昨日は脳の記憶の仕組みを練習に活かす話をしましたが、今日はさらにその仕組をわかりやすく書いていこうと思います。(ただ、僕は脳の権威ではなくネット等の情報で書いているので「ふーん、そうなんだぁ」くらいの軽い気持ちでお読みください)

脳の特性を活かすと練習法も変わります。昨日ギターなど楽器の練習をする際は、10時間ぶっ続けで練習するよりも、1日1時間を10日練習したほうが効率が良いと書きました。

1日で10時間の練習も脳にとっては反復練習なので当然記憶されやすくなります。でも1時間を10日練習すると脳は「こんなに長期間毎日やるのだから重要な情報にちがいない」と判断してより重要な場所に記憶することになります。要は練習した時間ではなく、練習した回数、期間、継続の方を優先するということです。

たとえばみなさんがある一日10時間くらい見ず知らずの人と一緒に過ごしたとします。当然話もするでしょうし打ち解けるかもしれません。記憶にも残るでしょう。

では10日間毎日1時間会ったらどうでしょう。10日目にはもう会うのが習慣化し、その人との会話も身近な人のようになるかもしれません。さらに何日かたつと例えば「昨日はあのあと何してたの?」とか会話のパターンも10時間一緒に過ごした場合とは違ってくるでしょう。

脳はある一定の期間で自分の記憶を整理します。整理の仕方が悪いと時間や場所などがあやふやになって想い出の場所に来たのが今の彼女だったか、前の彼女だったかわからなくなるような状況がうまれます。

整理した後に再び記憶を追加するとよりその記憶は強固なものになっていきます。

10時間連続で練習していても記憶の追加は行われません。
(そもそも10時間同じ練習だといろいろと無理が出てきますが・・・)

これが毎日1時間だと整理しながら追加が行われ、改善があります。また、集中力も違うため最終的にはずいぶん「記憶の質」に違いが出てくると思います。

皆さんも練習するときには自分の脳がどのように理解しているのか考えて練習に取り組みと効率が違ってくるのではないでしょうか。

脳を騙せ!!

ギター脳

なんか過激なタイトルですね。

昨日のレッスンの際のこと。女子高生のアコギを習っている生徒さんがギターのコードチェンジに悪戦苦闘していました。その生徒さんは負けず嫌い性格で出来ないのがどうしても納得出来ないらしく、レッスンを先に進めるよりもそこの部分をなんとかしたいようで「あ~~もう!!」と言いながら何度も取り組んでいました。

反復練習は楽器を学ぶ上で必須といえる練習方法です。必須というか半分以上はこの反復練習に費やすべきといっても過言でないと思います。

生徒さんのほとんどは反復練習は嫌いです。地味なトレーニングだからです。特にギターの生徒さんは目立ちたがり屋的性格の人が多い傾向にありますので余計に嫌いなようです。

意外に僕は反復練習は嫌いではないです。なにかストイックに自分を追い込んでいる感じが気に入っています(笑)

でもこの反復練習も効率よくやらないと効果が半減します。たとえばあるコードチェンジを覚えようとして10時間ずっとそればかり弾いているとします。確かに反復練習としては10時間も弾けば身につきそうな気もします。でも実際は1時間を10日弾いたほうが圧倒的に覚えはいいのです。

練習の時に考えるべきことは脳が「どのように自分のしたい動きを消化してくれるか」という点です。脳がものを覚える優先順位の1番にあるものは「自分の命にかかわる情報」です。例えば怖い思いや痛い思いをした時のことは結構覚えています。これは脳が生命に関わる重要な情報だと認識して大事な場所に記憶を保管しておくからです。

またはじめて行った場所、はじめて行った行動に関する記憶なども脳には残りやすいです。これは脳がそれが必要なのか必要でないのかの判断ができず、記憶が消されにくいのとその時の感情の高ぶりなどを脳が「重要な情報」という認識をするからです。

続きはまた明日のブログで書いていこうと思います。

(昨日の続き)4000ものコードの覚え方

覚える

さて昨日の続きです。昨日はコードの解釈の仕方を具体的に書いていきました。おそらく完全に理解できた人は2割もいないかも知れません・・・すみません・・・でもプロレベルの人にとってはここらへんは出来て当然くらいのものなのです。

ちなみに僕もこのブログで難しそうな解説していますが、ギターは響きだけ確認するために一度持っただけでその他の作業ではギターは持たず、頭の中で指板をイメージして頭の中でそこに指を配置しながらこのブログを書いています。(職業柄でしょうか・・いつの間にか出来るようになりました・・・・)。

とはいえ実際昨日書いたような流れでコードの押え方を考えることは、あんまりありません。そこまで細かいコードの指定をしている時が実際はそれほどないのです。あってもD♭7(♭13・♭9)だったらD♭7(♭9)と弾いて(♭13)は弾かない場合の方が多いですし、正直D♭7(♭13・♭9)と書いてあってもD♭7だけでもD♭7(♭9)でも、D♭7(♭13)でも弾いて違和感を感じることはありません。(流石にD♭だけだとやりすぎですが・・・・)

譜面を見て本当に必要だと思ったら弾く程度です。また演奏内容によっても変わります。レコーディングであれば意識するかもしれません。ライブ等のサポートであればあまり意識もしないかもしれません。

話を最初のテーマに戻しましょう。4000個ものコードを覚えずにその場で対応するということですが、感覚としては実際に覚えているのはおそらく150個くらいで、後は応用で対応している感じです。昨日のブログでCだけでも18個という話がでましたが、この18個のコードをいろいろな場所で5箇所くらい押えれるようにすると18×5=90個です。これと開放弦を使用したそのコードでしか使えないものを少しで合計150個、あとは応用で4000パターンくらいまで対応できるといった感じかと思います。

「150個でも多い」と思われるかも知れませんが、覚えようとしなくても時間をかければ勝手に覚えていくものだと思います。

簡単なコードばかりを教えない理由

バレーコードは難しい

今日、生徒さんから「先生、この前教えてもらったコード、上手く音が鳴らないんですがもっと楽に鳴らせる押え方ないでしょうか?」と聞かれました。

そのコードはGm7

—3—–人
—3—–人
—3—–人
—3—–人
—5—–薬
—3—–人

こんな押え方のコードです。大体ギターをはじめて3ヶ月以降のFコードを押えれるようになった人が挑戦するくらいが、ちょうどよいコードです。

確かにこのコード、4弦が鳴りにくいんです。
人差し指の関節で上手く押えれなかったり、薬指のお腹の部分が触ってしまったりと一番障害が多いのでバレーコードの4弦は上級者でも結構注意が必要です。

で、楽な押え方を教えてあげたのかというと・・・・教えませんでした。

実は楽な押え方はいくつかあるんです。正直バレーコードの全ては楽な押え方に変換できます。

ジャズ系のギタリストは結構バレーコード押えずにこの楽なタイプの押え方を利用しているケースが見受けられます。
(※楽したいだけではないです。ジャズ特有のいろいろな理由がありますがここでは割愛します)

ではなぜ教えなかったかというとギター講師は先を見通してレッスンをしていかないといけないからです。

例えばGm7という押え方はいくつもありますが、そうすると講師が生徒に教えるコードとして優先するのは
一番有用性が高いコードが最優先になります。
理由としては一般的に使われるコードには理由があります。難しいとか簡単とかではなく、いろんなシュチュエーションで使えるコードを講師は最初に教えたいのです。

ただ、もし有用性が高いという理由で教えたコードが難しすぎて生徒さんのモチベーションの低下につながったりするケースがあります。半年かかっても全く音が出なかったら・・・・有用性もへったくれもないですよね。

講師はいろんな状況を見ながら生徒さんにどの押え方を教えるかの選択をします。最初の壁として有名なFコードもFM7というCに似た押え方に変える場合もあります。

今回の場合は
・一番有用性が高いの押え方
・生徒さんはやる気があり、モチベーションの低下にはならない
・難しいかもしれないが今後のレッスンで難しいものなどはたくさん出てくるのでいちいち避けないほうが最終的に生徒さんのためになる

という3点から上記のコードを選択したというわけです。

講師も実は(!?)いろいろ考えながらレッスンを組み立てているというわけです。

リズム練習

リズム譜

今日の生徒さんはリズム譜が読めるようになりたい生徒さん。

リズム譜とはバンドスコアなどに書いてあるのですが、例えばギターやウクレレなどでどんなリズムを弾けばいいのかを書いたものです。

これが読めないとバンドスコアなどを読んでも適当に弾くことになるのでみんなで合わせるときなどに一人だけ合わなくなることがありますし、リズム感の良い人は何となく自分のリズムがあっているかわかるのですが、リズムに自信がない方はリズム譜を頼りに読んだほうが良いかと思います。

もちろん昔ピアノなどを習っていて楽譜が読める人はあまり苦労しません。ただ、ギターやウクレレとピアノではリズムのとり方が違いますのでそこで戸惑うことはあるかもしれません。ピアノは下に指を降ろしたときにだけ音がなりますが、ギターやウクレレはアップでもダウンでも音がなります。なのでリズムのとり方や認識の違いがあるのでそこだけ修正が必要です。

リズム譜の読み方のレッスンはまずは最小単位が8分音符から始めます。
16分音符が最小単位にしてしまうと最初からついていけなくなる可能性が高いです。特にリズム感に自信がない人は全く対応出来ないと思われます。

また休符やシンコペーションなども最初は封印しておいたほうが良いと思います。これらも入れるととたんに難易度が上がりますので最初からはお勧めしません。

順番としては
8分音符から→休符を入れる→シンコペーションを入れる→16分音符を入れる

といった流れが良いかと思います。

どんなリズムを読めば良いのかですが、レッスンだと僕が1小節のリズム譜を考えて生徒さんに弾いてもらって読めるか、弾けるかを確認していきます。読めても弾けないことはあります。

自力でリズム譜のレッスンをしたい方はリズム系の教本を買うか、バンドスコアから1小節だけ抜き出して練習するのもありだと思います。

いずれにしてもバンドをコピーしたい方、カッティングギターなどが上手くなりたい方はリズム譜を読む勉強お勧めします!!

賢い人は楽器が上手くなるのも速い??

賢い練習

僕もたまに気になるのが、「賢さと楽器の上達スピードに相関関係があるのかどうか」です。

僕がいろんな生徒さんを見てきた傾向としては「ある」というのが僕の見解です。

まぁ普通に考えても賢いほうが考えて練習できるので当然上手くなるとは思いますが、でも楽器は頭で弾くものではなく身体で弾くものです。身体が資本のスポーツ選手が賢いかと言うとそうでないケースも多々あります。
小さな頃スポーツ漬けでロクに勉強もしてこなかったので漢字もあまり書けないという人も結構な割合でいます。

ただここで問題になるのが「賢い」の定義です。漢字がかけなくても賢い人はたくさんいます。

「賢い」=「勉強ができる」=「高学歴」という図式ではありません。

賢くても興味のないものには手を付けない人もいます。また学歴と賢さも傾向はあれど比例しないと考えています。

僕が講師をはじめて今までにおそらく数百人もの人にギターを教えてきていると思いますが、講師でやっていけるくらい上手い、もしくは本気で取り組んだら上手くなるだろうと感じる人はなかなかいません。しかもその中の半数以上の生徒さんはすでに仕事を持っていて本気でギターに取り組める環境がない人だったので実際に講師レベルで上手くなるのは大変難しいことです。

上手くなる生徒さんには2タイプいます。努力家タイプとギターバカタイプです。

正直「ギターバカタイプ」の人の方が圧倒的なスピードで上手くなります。「努力家タイプ」の人は悩みながらコツコツやっていくのでこっちのタイプの人の方が講師には向いています。

講師は「元々出来る人」よりも「出来なかったけど出来るようになった人」の方が向いています。
「元々出来る人」は人の苦労がわからないケースが多いので打開策もわかっていないケースが多いです。

ちょっと道がそれてきましたね(笑)。今回のテーマは「賢い人は楽器が上手くなるのも速い??」です。
賢い生徒さんは僕が出した課題の意味を理解しています。この課題の意味を理解できるかどうかは練習の効率を飛躍的に高めるので相当重要です。また僕が理解していることを理解するのも速い傾向にあります。

感覚的なことを言葉でいうとどうしても抽象的になるのですが、賢い人だとかなり短時間かつ少ない情報量で伝わっているように感じます。

僕なりにまとめますが「賢い人がギターが上手くなる」と誤解しないでください。
「賢さとギターの上達スピードは相関性がある」程度に考えてもらえればいいと思います。

頭を使って練習を考えて身体を使って理解するのはどちらも一緒だと思います。

ギター上達には忍耐が必要

ギター上達には忍耐

レッスンをしていると生徒さんがスランプになって対策を授けることがあります。

例えば右手と左手が噛み合わない場合や、オルタネイトピッキングがプチプチ切れるときなどそれを改善するためのエクササイズやなぜ噛み合わないのかを教えたりするのですが、こういった地味なミスの場合改善まで時間がかかる場合があります。

生徒さんは数週間くらいの感じで聞いているのですが実は半年~数年の時もあります。

これが運指の問題などだと数時間で劇的に変わる場合もあるのですが、ピックの持ち方や重心のバランス、指先のコントロールなどは身につくまで時間がかかります。

ギターは始めたばかりはどんどん新しいことを吸収します。ちょっと練習すれば練習の分だけ上手くなれます。練習した分だけ上手くなるのはどこまで行ってもかわらないのですが上手くなってくるとちょっとやそっと練習したくらいだと上達を実感しづらくなります。上級者ともなると1年以上先を見据えて練習していかないと気持ちが持ちません。

なので計画性と忍耐力が必要となります。
と言ったもののプロのギタリストだとギターを弾くことは衣食住と同じ意味を持つので忍耐も何も感じてないというのが実際のところですが、一般のギター弾きはそういうわけにはいきません。地味な練習も数ヶ月続けるとなると一人ではなかなか難しいものです。

自分が続けているトレーニングがあっているかどうかは自分ではなかなかわかりません。
レッスンを受けているとそこで悩む必要がなくなるのが大きいと思います。まぁ先生が信じられないと難しいですが・・・・・

感覚的な問題は時間がかかると思って練習に励んでもらうと良いと思います。

「曲が出来た(弾けるようになった)」の違い

出来た

皆さんは「曲が出来た(弾けるようになった)」という線をどこで引いているでしょうか?

実はこれ、上手くなるうえで大事なことです。
いろんな生徒さんを見ていると、この「曲が出来た(弾けるようになった)」という感覚は十人十色。

レッスンでもどこまで課題曲を弾けるようになるまで続けるかは講師や生徒さんの感覚次第です。

初心者のうちは「ある程度弾ければ完成」というスタンスで大丈夫です。
なぜなら初心者のうちはきちんと弾くと言うことが難しく、きれいに弾くことを完成としてしまうと1曲に半年~1年以上の時間を使ってしまうからです。そんなに1曲を引っ張ると飽きてきますし、モチベーションも下がり非効率的になること間違いなしです。特にギターでは頑張って押えてもならないコードがあったりしますが、最初は全部鳴らなくても良しとするくらいがちょうどいいと思います。

これが中級者~上級者になってくるとどんどん視点が細かくなってきます。

初心者の時は見逃していたミスも中級者~上級者だと指摘されます。

チョーキングの音が若干低かったり、ミュートが上手く出来てなかったりとちょっとのことの積み重ねがプロの音を作ることを思い知らされます。

上級者~プロ志望になってくると「曲が出来た(弾けるようになった)」という感覚はそのまま録音してCDにできる程度のクオリティーを要求されます。間違えないのが普通で間違えなくても指摘されます。

音のビブラートの揺れの幅やピッキングする場所による音質の違い、カッティングの音の長さなど初心者の人が聞いても「??どこがみすなの??」というレベルになってきます。

このように「曲が出来た(弾けるようになった)」という線もレベルやその人の性格によってまちまちですが、ここに上手くなる秘訣が隠されているのかもしれません。

課題曲

課題曲

何か課題曲などを設定して弾くという行為は楽器を習っている人、そうでない人ともにあるかと思います。
特に音楽教室だと課題曲を指定してレッスンするということがとても多くなります。

僕はギターを教えることが多いのでギターで弾く課題曲を出すということになります。
課題曲と言っても僕が勝手に決めるわけではなく、基本的には生徒さんと話し合って決めます。

たいていある曲が弾けるようになってくると「次に弾きたい曲を2~3曲考えておいてください」と生徒さんに伝えるので生徒さんは自分が弾きたい曲で自分の技術にあった曲を選んできます。

なぜ2~3曲かというともし1曲しか持ってこなくてその1曲が難易度が高く、少しまだ今のレベルでは弾けない可能性があるからです。2~3曲あればなんとかなります。基本的には曲の指定はしませんが、初心者の生徒さんだと
・あまりテンポが速くない曲
・バラードだとやりやすい
・シンプルに聞こえる曲

という指定くらいはします。選ぶ曲でレッスンの進め方もかわりますので。

あとは初心者に優しいアーティスト、初心者に厳しいアーティストなども講師的にはある程度頭に入れてありますので例えば初心者に厳しいアーティストだと名前だけで反応してしまいます。

弾き語りでもスピッツやゆず、YUI、最近だと大原櫻子などは名前が上がった瞬間に「それ!」という感じですが、椎名林檎、星野源などの名前があがると「次!」という感じです。

もちろん曲の難易度は善し悪しには関係ありません。ほとんどの曲はキーをかえてカポなどを使えば大抵なんとか楽に弾けるようになりますが、途中で転調をしている曲だとキーをどれだけ替えてもどこかで難しいコードが出てきてしまったりします。

ギター講師の役割はもちろんギターを教えることですが、難しい曲を噛み砕いて消化しやすいようにして提供するのも講師の役割の1つです。

もちろん「エレキで完コピしたい」とかだと省いたりアレンジしたり出来ないので無理ですが、弾いている雰囲気を味わいたいというのであればいろいろやり方はあります。

よく生徒さんが「上手く弾けない」と言いますが、よく考えてみるとプロが弾いている曲を弾こうというのですから簡単なわけはないですよね?

逆に言えばアーティストによって難易度が変わるということは練習のために難易度を上げていくということもできるはずです。難易度の高低をうまく利用して練習に役立ててください。