徒然日記

今日は少しいつもとは違う話題を・・・

教室のあり方

名古屋もようやく梅雨が明けました。

今年は豪雨があり、岡山県や広島県、東海ですと岐阜でも大規模な豪雨災害で多くの人が命を落としたり、家を失ったりしています。少し前は地震も起きました。

東海地方も10年ほど前から地震が来ると言われ続けています。規模全くわかりませんがおそらく来るのだと思います。

音楽教室をしているとつくづく感じるのは人の生活を豊かにするための習い事はこういった災害時は無力だということです。もちろん慰問に行ったり出来ることはあるのかと思いますが、大規模な災害があるとその地域の音楽教室はたちまち困窮します。衣食住と比べると必要性の優先順位が圧倒的に低いのが一番の原因ですが、人々にいろいろな意味で余裕がなくなるのだと思います。

思えば東日本大震災の時も3月4月とぴたりと体験レッスン希望者がいなくなりました。

おそらく心の余裕がなかったのだと思います。
あれだけ3月11日からTVやネットで災害の様子が流されると心がそれどころではなくなるのでしょう。

僕もあのころは心に余裕がなかったように感じます。
「ギターやピアノなどを習う」ということは新しく何かを始めることですし、心に余裕がある現れだったり、新たな決意だったりします。そのため気持ち的にポジティブでないとどうしても教室に足が向かなくなります。

災害でなくても、仕事が忙しくて文字通り「心を亡くしている」状態の方は音楽を続けるのが大変です。

こういった時に僕たちに何が出来るのかそれを考えさせられる日々がここ数日続いています。
とりあえず今日ネットからではありますが寄付をしてきました。お金が全てではありませんがこういう時はお金もとても大きな力になります。

おやじバンド

oyaji

昨日懐かしい曲の話を書きましたが、10年くらい前からでしょうか。
中年のいわゆる「おやじばんど」と言われるバンドが世に出てきたのは。

もちろん昔もやっている人はいました。でも今中年の人はかつてのバンドブームだった頃の世代です。
バンドブームの前にもGS(グループサウンズ)のブームはありましたが、これはどっちかと言うとアイドル的な位置づけのバンドも多く、どちらかと言うとフォークソングの方が世相を反映させてたと言えるかもしれません。

1980年代後半からはじめるバンドブームはフォークソングブームと入れ替わりで出てきたような印象があります。フォークソングという言葉は今もありますが、1980年代後半には若干死語的な印象を小学生ながら受けていた記憶がありますが今も不思議とフォークソングという名称は残り続けています。フォークソング世代のニーズが高いのも要因としては大きいと思います。

1980年代後半からイカ天(イカスバンド天国)というTV番組がヒットし「JITTERIN’JINN」「カブキロックス」「BEGIN」「BLANKEY JET CITY」「たま」などのバンドが出てきました。今と違い音楽が細分化しておらず、youtubeもなかったので音楽といえば弾き語りかバンドかアイドルか演歌、歌謡曲といった感じでしたので10代~20代の若者は必然的にバンドを聞くようになります。ビートルズなどの洋楽のブームが一段落したのも大きかったのかもしれませんし、カラオケの隆盛もあったかもしれません。

その世代がここ10年ほど前くらいから昔を思い出してバンドをやる人たちが増えています。ライブハウスなども若者のライブハウス離れを補うために積極的にこういった流れを利用しているライブハウスもあります。

レッスンでもそのうちそういった事をやりたいと入校してくる生徒さんも多いです。

レッスンしているとこっちまで童心に返りそうで懐かしい気分になります。生徒さんも40~60代くらいのかただと会社でも管理職になる方もいて、習うよりも教えることの方が多くなってくる年齢のようで、学ぶことの楽しさを味わっているようなレッスンが続きます。

僕も年齢的にはそろそろそれくらいの年齢なので一役買えたら良いなぁと思う次第です。

ギターヒーローがいない

JimiHendrix

ここ10年以上たまに考えることがあります。
「今の時代、ギター・ヒーローがいない」と。

もちろん上手いギタリストや人気のあるギタリストはたくさんいます。
でもギター・ヒーローかと言われるとそうではない気がします。

1980年代までは、チャックベリー、ジミヘン、エリック・クラプトン、ヴァン・ヘイレン、日本でも布袋などギターキッズが憧れるヒーローがたくさんいました。上手いだけでなく、格好良く、上質かつパワフルな演奏、そして不可欠なのがカリスマ性などがありました。

ここ10年くらいでもそれに近いギタリストはいるにはいるんです。
ジョンメイヤーとか、日本でも押尾コータローや雅などはそれに近いのかも知れません。

それにも関わらずギターヒーローが不在なのには理由があります。

ギターだけがカッコイイ、ロックだけがカッコイイという時代では無くなったことが大きな原因です。

バンドではなく、ヒップホップなどのクラブ音楽が良い人もいますし、ジェイソン・ムラーズなどの弾き語りの方が良かったり、音楽があまりにも多様化しずぎて需要が減ったというのが一番の原因です。

もちろんジョンメイヤーがギターヒーローだと思う人もいるでしょうし、それを否定しません。
彼のギターはとても良いですし。

ただ、そういう状況もあるのでギター教室の講師をしている身としては若干ギターの未来に不安を感じています。

ここ20年ほど音楽の進化はコンピューターの進化の深く関わってきました。今後はおそらくデジタルな楽器とアナログな楽器の二極化と融合が進むのは間違いありません。あと数十年すると音楽は耳で聞くものではなく、脳で直接聞く世界がやってくる可能性も高いとも感じるくらいです。

少なくとも僕が生きている間はギター人気は続くでしょう。出来るだけ多くの人にギターと言う楽器の素晴らしさ、音楽の素晴らしさを伝えていければと思います。

機材のメンテナンス

maintenance

今日のレッスンの際に生徒さんから聞いた話。

どうやら以前の発表会の際に使用していたエフェクターを紛失したとのこと。最後にいつ使ったか聞いたところ前回の発表会らしい

・・・ということは発表会から数ヶ月以上のそのまま確認しなかったってことですね。。。。

機材など確かに使わないとそのまま放置されるのでいざ使おうとした時に「ない!」とか「故障した!!」ということになることがよくあります。

一番多いのは電気系統の故障でいつの間にか接触が悪くなって使えなくなっているという症状。ケーブルなら買い直そうかと思えるのですが、これがエフェクターだと「あちゃー・・・どうしよう・・・」ということになります。アンプだと・・・・結構なことになりますね。ガリが出るくらいならいいのですが、電源が付くけど全く音が出ないとかだと非常に不安になりますよね。アンプの修理だと結構な金額覚悟しなくてはいけないので。

プロミュージシャンの場合でもたまにしか使わないものだと全然有り得る話ですが、他にも機材はいくつも持っているので大抵なんとかなります。
歪み系のディストーションが壊れても、代わりがあったりオーバードライブがあったり、アンプで歪ませたりといろいろな選択肢があるのでまぁなんとかなります。もともと歪み系を多用するミュージシャンであれば常に基本のセッティングはスタジオでのリハーサルなどで使っているので練習の時にわかります。エレキギターの場合は電気系統の問題が多いです。エレキ、アコギ両方に言えるのはビビリなどの本体の問題でしょう。

高価な機材はたまにチェックすることをお勧めします。

ちなみにこの生徒さんの場合は物自体がどこへいったかわからないのでもう買い直すしかないと思います。

僕もライブやイベントのあとの機材の搬出時は忘れ物がないかチェックします。ライブなどのあとって気分が高揚してたり、解放感でそういった事を忘れてしますので危ないんですよねぇ・・・皆様もご注意下さい。

原田知世を聞く。

harada

昨日聞く音楽の話を書いていてふっと思い出したので、今日はそのことを書きます。

テーマはずばり「原田知世」ですが・・・

そうです。僕がよく聞く日本人を考えていたんですが一番最初に出てきたのが原田知世、次が土岐麻子でした。

でもきっと「原田知世」って書くとみなさん「??あのブレンディのCMの人でしょ?昔アイドルだったタレントさんじゃないの??」と言う感じでいろいろ説明に追われるのが目に見えてたので別の日(今日)取り上げることにしたんです。

確かに30歳より下の人はほとんど知らないと思いますし知っていてもアイドルやタレントのイメージが強いのかもしれませんが彼女は日本のフレンチポップの女王と呼ばれたり、かの有名なカーディガンズのプロデューサーであるトーレヨハンセンにプロデュースしてもらってCDを出したり、松任谷由美と一緒に歌ったり(笑)ととても良い歌を歌います。最近はボサノヴァやジャズっぽいアレンジの曲を歌うこともあります。

YMOの高橋幸宏など著名なミュージシャンとも親交が深く、良い曲が多いです。

元々はドラマの主題歌になった「シンシア」というボサの曲が好きで聞き始めたのがきっかけですが、「ダンデライオン」や「時をかける少女」のジャズやボサバージョンは秀逸です。

といってもきっと音で聞かないと理解してもらえないと思いますのでyoutubeとかで聞いてもらえると良いと思います。

「おっ俺すげー」と思う時

suge

昨日「反省」について書いたので今日は一転して「自慢」なるものを書いていこうと思います。

講師というのは不思議な生き物で人に教えるという職業柄自分のテクニックや知識に関してはある程度の自信がなくては堂々と話せません。逆に実際には上には上がいるのも知っているのであまり天狗になることもありません。中庸が大切だと考えている人が多いように感じます。

でもたまに「おっ俺すげー」と思う時もあります。

生徒さんには「そんなに弾けたらもう練習しなくても良いんじゃないんですか?」とよく言われるのですが、練習は全然足りてないです(汗)

「おっ俺すげー」と思う時は例えば1週間前に生徒さんと一緒に練習した曲を1週間後、前回よりもよりアジャスト出来ているときです。例えば生徒さんが持ってきたアコギのインストソロの譜面があったとします。TAB譜で初見で悪戦苦闘しながら読んでたのが1週間後のレッスンで前回の指の記憶がまだ生きてて、すらすら弾けた時は「おっ俺すげー」って思います。

また、生徒さんが半年前に聞かせてくれたオリジナル曲を再び自分の前で披露してくれた時、「あれ??前回は~~こんな感じで歌ってかなったっけ??」と自分の方が覚えている時があります。まぁ覚えてない生徒さんもどうかと思いますが、「よく俺覚えてんなぁ・・・」と自分の脳みそのことながら感銘すら覚える時があります。その反面昨日の夕ご飯のことをなかなか思い出せなかったり、私生活の記憶力はさっぱりですか・・・

音楽で生活していると音楽的な記憶力はそれなりに良くなるみたいですね・・・

反省・・・

hansei

ギター講師をしていてもうずいぶんになりますが、成長と反省は正比例していると断言できます。

反省がないとギタリストとしても講師としても良くなりませんし成長していかないと断言できます。

先日も生徒さんからレッスン後にメールで
「そういえば今日見てもらったスケールエクササイズですが、指のバタバタはだいぶ良くなってましたか?前回のレッスンで指摘されたのでだいぶ注意してみたのですが・・・」と聞かれました。

確かに前回のレッスンではその事を指摘しましたが、実際に目の前で弾いてもらうと気になったことから羅列してしまうので問題点を指摘しているうちに、元の問題点の改善具合などが頭から飛んでいってしまうこともあります。

でも確かに生徒さんからすれば気になっていることはどうなったか知りたいですよね。

ここらへんは講師の職業病みたいなもので、どうしても問題点に意識がいってしまうのです。
例えばアマチュアの人たちのライブをみるとすぐに「このギタリストはここが問題で理由は手首の使い方が・・・」とか「ここのコード進行はこっちのほうが盛り上がっていいのに・・・」とか「あっここ今アドリブでキーAmペンタで弾いてるけどキー間違ってるじゃん・・・本来Dmだから近親調を勘違いしてるなぁ・・」とか「今歌がギターのトップノートにつられてフラットしちゃったなぁ・・」という具合です。

・・・・こんな人にライブ見に来てほしくないですよね(苦笑)

気をつけます・・・・・

名古屋と東京の音楽教室の違い

guitar

名古屋と東京の音楽教室の違い

GWに以前、ギターのプロコースで教えていた教え子が帰郷して会いに来てくれました。

彼は僕のところで2~3年ほどでしょうかギターのプロコースの生徒として在籍していました。
ただ、その当時は専門的な知識を身に着けたいということで、就職していたこともあり、実際にプロになるという意識はそれほど感じませんでしたし本人が口にすることもありませんでした。

その後仕事の関係で東京に行くことになり、教室にも通えなくなりました。

元々来た当初から出音が抜群に良い子だったのでとても残念だったのを覚えています。
得意なことが偏っていたので出来るだけ他のこともできるように指導していました。

東京へ行って数年立っても帰郷した際は1年に1度は会いに来てくれました。
1年前に戻ってきた時に話を聞いてびっくりしました。休日にギター教室の講師をしているとのこと。

ギターもさらに上手くなっていました。

今年も帰ってききた際に東京の音楽教室の事を教えてもらいました。

名古屋とあちらの一番の違いはやはり音楽人口の違いでしょう。

東京はやはり様々なバンドマンやミュージシャンが集まってくる場所です。そのため音楽教室も名古屋市とは比べられないほどあり、サービスも細分化されています。

また関東圏は地価が高いため教室も省スペース化が求められるようです。

話を聞く限りではギリギリのスペースでレッスンをしているそうで講師と生徒さんの距離もだいぶ近く、レッスンしていても疲れやすいとのことでした。

確かにこちらに比べるとおそらく数倍の地価のはずなのですが、月謝がそれほど変わらないことを考えるとそういったところで月謝を抑えているようです。

名古屋もそれほど都会ではないのかもしれませんが名古屋市外に出るとまた状況もかわります。

所変われば教室事情も変わるものですね。

個人制作家のギター

guitar

先日天白区にあるギタークラフトと音楽スタジオを兼ねているseeker(スタジオ名:エチュード)に遊びに行ってました。

遊びにって行っても本当は打ち合わせなんですけど・・・

seekerはギタークラフトやメンテナンスを行っていてうちの教室のギターや他の楽器などもたまにメンテナンスしてもらっています。
鹿間さんという職人さんが1人でやっているのですが、元有名ギターメーカーの職人さんなので仕事も出来るので安心して機材を任せられる方です。

ギター製作家の人と話すと普段自分が見ているギターの世界とは違う景色が見えてとてもおもしろくためになります。
また普段は海外メーカーのギターを弾くことが多いので個人制作家の人が作るギターはとても作りが繊細でまるで家具のようです。

不思議なことに作りが繊細なギターが良いギターとは限らないところがこの世界の面白いところです。昨日も新しくギターが出来たということで弾かせてもらいました。ストラトキャスターなのですが音も当然良いですが見栄えも非常に格好良く骨太なロックな音がする作品でした。

こういう瞬間とっても欲しくなっちゃうのがギタリストの性なんですが残念ながらストラトはあまり弾かないんですよね・・・・

喉元まで「じゃあ・・・買います」という言葉が出そうだったんですが・・・・

しばらく思い出すだろうなぁ・・・・

ホストクラブでの演奏

bar

ホストクラブの話

昨日演奏の際の苦い記憶を書きましたが、それで思い出したホストクラブでの演奏の話を書いていこうと思います。

とは言ってもこれは僕の話ではありません。実際には僕が話をもらったのですが断りました。
先に言っておきますが特定を防ぐために若干ぼかして書いてあります。。。苦笑

ある日知り合いから電話をもらいました。ギターで演奏の仕事があるとのことでした。
もうずいぶん昔の話です。僕もその頃はその手の仕事に飢えてましたので「やるやる!」と言いたいところでしたが依頼内容を聞くと、
夜の8時~朝の6時まで拘束。日当の相当安い。とのことでした。また500曲くらいレパートリーを覚えなくてはいけないとも言われました。

どうやらホストクラブでホストの人たちが歌う時の生カラオケをする仕事らしく、例えば「B’zの◯◯」と言われたらそのイントロもそれなりに弾けなくてはいけないとのことでした。ソロとかも全部コピーするんでしょうか??

そもそも僕もレッスンがあるのでその仕事をすると講師業に相当な支障が出ることは目に見えてましたしハナから受けることは難しい案件でした。

またその仕事の話を聞いていると、たまにヤクザの人たちが来て歌っていくのだが、自分たちが問題なく演奏しても上手く歌えなかったりすると自分たちのせいにされてボコボコにされるというどこまで本当なのかわからない話もされたのでとても受ける気にもなれませんでした。

結局僕が断った半年後くらいにその仕事はなくなったみたいです。ちょうどその頃そっちの業界にも不況の波は来てましたのでカラオケでいいじゃんってことになったのではないでしょうか。

でも今書いていて気づいたんですがキーとかってどうしてたんでしょうか?僕らの仕事だと現場でキーを変えることもあるにはありますが、カラオケ代わりで毎回キーを変えられたら・・・・死んでしまいますね・・・・