レッスン日記

ギターワークショップ

ギターグループレッスン

こんにちは! 名古屋市のギター、ボーカル、ウクレレなどの音楽教室「ポワンポワンスタジオ」です。

先日教室で「ワンコインレッスン」なるものを実施しました。

大人の方やお子さんの5人編成のグループレッスンでした。
名古屋市ではなく日進市で市の主催するイベントでギターで「ハッピバースディトゥーユー」を2時間半で弾けるようになる!!といった企画を組んだのですが、見事大人の方は全員、小学生のお子様も手助けしながらなんとか弾けるようになりました。

実際は2時間位で良かったのですが念の為2時間半にしたのですが、小学生のお子さんだとやはり集中力が1時間程度で切れ若干ハンドリングが難しく苦労しましが、楽しんでいただけたようで本日その小学生のお子様の保護者の方から教室へのお問い合わせをいただきました。

今回僕もワークショップをさせていただいて勉強になったのが2時間半と言う時間の人それぞれの集中力や感じ方、学び方の違いです。

グループレッスンですのでみなさんに同じ情報をお伝えしているのですが、同じ情報でも受け取り方、消化の仕方が違うんだなぁ・・・とあらためて感じさせられました。

また一番感じたのは手の使い方の違いです。こちらの想定よりも個々の手の使い方に違いがあり、同じように教えても手の置く位置や肘、手首、親指の場所などが違いました。小学生はそれほど違いませんでしたが、大人の方は普段の生活の中で手の可動域が変化し何十年もの積み重なりが手の動きに違いを生み出しているようです。

逆に言えば普段から手のストレッチなどに気を配ることが大切なのかも知れません。

グループレッスンは普段はしませんがたまにするとこちらもいろいろ勉強になることが多いです。同じレッスンを受けているのに捉え方から消化の仕方、出来不出来まで違いが出るのですから、この「出来不出来の個人差」と「満足度」の個人差を少なくして高めることが出来れば普段のレッスンでも役に立ちそうですね。

また今回もう一人助っ人として他の先生にもフォローをお願いしたのですが、面白かったのが先生も状況に応じての対応の仕方が違うということです。特にどっちがいいということでもないのですが、お互い気になることがあっても参加者の方へのアプローチが違ったのでそれは参考になりました。

また来年もやろうと思ってます。日進市以外の方でも参加していただけますので是非ご参加ください。

転勤

ギターレッスン

今日はただの教室日記です。

本日転勤で東京に移動される方の最後のレッスンでした。

介護系の仕事をされていて仕事場でお年寄りの入所者の方に自分の曲を聞いてもらうんだと頑張って練習されていました。最後のレッスンということもありレパートリーをざっと弾いていかれました。1年半という短い期間でしたがとても充実していたとのこと、「自分のやりたいことを本当に理解してくれてすごいなぁと思いました」と嬉しい言葉をいただきました。

最初来た時はギターのチューニングもむちゃくちゃでコードもぜんぜん違う押え方をしていて修正してもらうのが大変でしたけどそれも今となっては良き思い出です。

生徒さんの曲を聞いていると入校してからの事が走馬灯のように頭に駆け巡り泣きはしませんが少しさびしくてしょっぱい気分になります。

東京に行ってもレパートリーが増えるようにリズムパターンをいくつか教えて、指遣いの悪いところも指摘して、基本のコードはきちんと練習するようにお話をしました。

こういうのを一期一会というのだと思いますが、ギターの講師をしていて感じる醍醐味でもあります。その人の人生の中の一部になっている感覚。この生徒さんはきっと東京へ行ってもギターで弾き語りを続けていくのだと思いますが、それこそ講師の本望なので是非、今後もギターとともに歩んでいって欲しいと思いました。

アルペジオが良いのかピッキングが良いのか?

アルペジオ

先日ギター(アコギ)の生徒さんにこんな質問をされました。

「先生、◯◯(曲名)なんですけど、これはアルペジオが良いんでしょうか?それともピッキングが良いんでしょうか?」

その年配の生徒さんは最初習い始めはアルペジオが弾きたいと言われたのでアルペジオを練習していたのですが、アルペジオはコードをちゃんと押えてないと鳴らないので途中からモチベーションが下がってきました。そのためまずはストロークで1拍に一回ずつ弾いて慣れてきたらアルペジオに戻りましょうという話になりました。

ところがどうしてもアルペジオに未練があるようで事あるごとにこの質問をされます。

実際のところ、どっちが良いかは相対的な問題なのでどちらとは言いかねます。激しい曲であれば「ストロークで」とはっきり言えるのですが、バラードだとなんとも言えません。

その曲はアルペジオの曲なのでもちろんその曲っぽく弾くのであればアルペジオが良いのは当たり前なのですが以前それでモチベーションが下がった経緯があるため、コードがまともに鳴らない今はまだ「ではもう一度挑戦してみましょう!」とも言えません・・・・

ギターを始める人はどうしてもギターの「かっこよさ」を求める時があります。この方も「アルペジオ出来たらかっこいいですよねぇ~~」とどうやらかっこいい弾き方がしたいみたいです。
こういう時は我慢をしてもらいます。
物事には順序があるので、「それではこのジャラーンがきれいに弾けるようになったら考えましょうか」とモチベーションを下げないようにレッスンを進めます。

ゆっくり確実にレッスンを進めるとレッスンの終わりにはだいぶスムーズにコードチェンジが出来るようになって満足そう。すると、また・・・・・

「・・・で先生、この◯◯(曲名)なんですけど、これはアルペジオが良いんでしょうか?それともピッキングが良いんでしょうか?」

・・・・・むぅ・・・

「そうですね。このジャラーンがもうちょっときれいに弾けるようになったらですね・・」
そんなレッスン風景でした。

当たり前のように出来ると思っていたけど・・・

神田川

だいぶ名古屋も寒くなってきましたね。僕もようやく長袖にしました。

今日の生徒さんとのギターレッスン中、まだ通って2ヶ月に満たない年配の方。1小節に8回8分でダウンピッキングをしてもらって神田川を練習していました。

1・2・3・4・5・6・7・8・
↓     ↓     ↓      ↓      ↓     ↓      ↓     ↓
という感じです。

「1小節に2つコードがあるときは4回づつですよ」
といった感じで僕が歌を歌いながら生徒さんが弾くと言った具合です。
ところがうまくいきません。生徒さんが4回のところを5回弾いたり、8回のところを6回しか弾いてくれないのです。

しかも通常は
————————–
あなたは~~もおぉ~~わすれた・・・
↓  ↓            ↓   ↓
————————–
という感じになるはずが
————————–
あなたは~~もおぉ~~わすれた・・・
↓   ↓
————————–
とフライングしてしまいます。

講師をしているとたまに感じることのなのですが自分は何気なくしていることなんで生徒さんも出来ると思いこんでしまうことがあります。
この生徒さんを例に取ると要するに4分の4拍子の曲という認識を持っていないのです。

人は生まれながらに拍子の概念を持っているわけではありませんし、「ドレミファソラシド」という音階も成長過程で音程の振動を体で覚えていくようになるだけで生まれながらに持ってはいません。なので育った環境や個人差によって苦手なことが生まれてきます。

この4分の4拍子でリズムを取るということは多くの人の中には出来ています。逆に4分の5拍子などだとリズムの経験がないので慣れないと取れません。私達は大多数の人がカラオケなどで入りを間違えることはありません。それは無意識のうちに4でリズムをとっているからです。
他の人のカウントで曲に入るとき
「1・2・3・ハイ!」と言われれば通常は自然に曲に入れます。これを
「1・2・3・4・ハイ!」と言われたらどうでしょう?戸惑いませんか?おそらく大多数の人は「ハイ!」と一緒に弾き始めるかと思います。これは4拍子が体に染み付いているからです。

講師は通常他の方よりは音楽が得意な人がなる傾向にあります。・・・まぁ当然なんですが・・・でもだからこそ気をつけなければいけないことってあるなぁ・・・と感じた瞬間でした。

ネガティブシンキングは大敵!

ネガティブ

人間は皆、ネガティブな部分とポジティブな部分を持ち合わせています。でもそれを外にだすか出さないかで行動が違ったりします。どこでも一緒かと思いますがネガティブな発想は楽器の上達の妨げになります。

生徒さんのネガティブをポジティブに切り替えるのも講師の役割の一つです。先日もある30代後半のギターの生徒さんから「僕って才能ないのかなぁ・・とたまに考えてしまうんです」と言われました。その生徒さんはいつかプロレベルの技術と知識を持ちたいと考えているアコースティックギターの生徒さんです。毎回レッスンを録音したりとレッスンはとても真剣に取り組んでいます。練習もしっかりしています。ただし、ネガティブなのが玉に瑕。

プライベートな悩みから音楽の悩みまで悩みが尽きません。
個人的に言うとこの「僕って才能ないのかなぁ」という悩むのは無意味だと思います。

才能は0か1で図れるものではありません。もちろん才能自体はこの世にある程度は存在するのだと思いますが、才能が0の人も存在しませんし、100の人もまた存在しません。才能があっても練習しなければ上手くなれませんし、才能がないと感じていても練習すれば少しづつは前には進みます。どちらにしても練習するしかないということです。

足りないものを嘆くのではなく、足りないのであれば補う方法を考えたほうがよっぽど時間の使い方としては有益です。誰だって上手くいかないときはありますし、人を羨ましく感じるときはあります。でも人を羨ましく思ったからって何かが変わるわけではありません。

逆に言えば補う方法はいくらでもあります。速く弾くことができなければ、その分抑揚などの表現力を鍛えたっていいのです。同じ土俵で競争する必要はないのです。

「悩む時間はもったいない。練習に使おう!」これが僕のオススメするポジティブシンキングです。

台風シーズン到来!

台風

この時期になると台風がニュースに取り上げられることも多くなりますね。
今年は水害や地震、猛暑など天候や災害のニュースを平年よりも多く見受けられる気がします。
台風があると生徒さんから頂く「今日ってレッスンありますか?」というメール。

基本的には教室の判断というよりも先生の判断で中止を決めるケースが多いです。

すでに警報が出ているケースなどは教室側でレッスンの中止を決める時もありますが、先生の予定もありますので担当の先生に確認していただくのが良いかと思います。またレッスンは行われていても生徒さんが来れない場合もあるかと思います。こういうときは当日でも基本的には振替で対応ができます。ただ、警報や注意報が出ている場合なので、ただ「雨が降ってるから・・・」という理由ではなくのでご注意くださいm(_ _)m

天候には逆らえないので仕方ないのですがこの振替がなかなか講師としては曲者でスケジュールを組み直さなければいけないので大変だったりします。

レッスンを「休みにする」か「休みにしない」かは先生によって認識に違いがあるように感じます。男性の先生は結構気にしない先生が多いですね。あと、車通勤の先生も気にしない傾向があります。逆を言えば電車通勤の女性の先生はあまり無理はしないことが多いですね。

僕は大抵レッスンはしちゃいます。来れない生徒さんはもちろん振替で対応しますが、男性の生徒さんは気にせずに来たりします(笑)

まぁでも無理せずに来れそうであれば来ていただいて無理そうなら振替で対応してくださいね。ギターなどが濡れないようにお気をつけください。

振り返れば・・・

過去

子どもが自分の身長が伸びているのに気づかないように生徒さんも自分の成長に気づきにくい側面があります。

そんなときには1年前にやった曲を見せて弾いてもらいます。そうすると・・・

「あ~~確かに~~」と納得してもらえます。

ではどうして生徒さんは自分の成長に気づきにくいのでしょうか?
答えは簡単で生徒さんにとって難易度が常に変わらなく、上手くなっても更に難しい課題が出てきてしまうため自分の上達を実感しにくいのです。

たとえばギターを持ってない状態で入校された生徒さんが最初はGなどのコードに苦戦します。でGが弾けるようになってきたと思ったらF、Fが弾けるようになってきたと思ったらFm、Fmが押えられるようになったらB♭・・・と毎回コードに苦しんでいると「いつまで立っても・・・・」という気持ちになるのだと思います。

でも例えばB♭を押えれるようになった時に例えばGを押えてもらうと・・・・あら不思議「あれ?こんなに簡単だっけ??確かに上手くなってるかも・・・」と思ってもらえるようです。

入校してGに苦労している時に「2ヶ月後にはGが超簡単に感じるから」と言ってもあまり信じてもらえません。

声を大にして生徒さんに伝えたいのが「講師が出来ると言ったことは練習すれば必ずできます!」ということ。

講師も嘘を言っても何の特もありません。出来るか出来ないかの想定をして

「大丈夫できますよ」
と言っているのですが生徒さんは

「本当にですか?・・・・・無理じゃないですか??」
と尻込み・・・

そういう時は
「大丈夫できますよ」と言ってもあまり意味がないので、「じゃあ少しやってみて判断してみるってのはどうでしょう?」と言うと・・・

「・・・じゃあ・・やります・・」

という答えがようやくもらえます。

先生も生徒さんのモチベーションをあげるのも仕事のうちなので一生懸命です(笑)

自信を持つには

自信

生徒さんと話していると自信がなさそうな生徒さんに出くわすことが多々あります。

例えばギターの生徒さんに発表会に誘ってみると
「弾ける自信がない・・・・」
という感じです。

「自信があったら来てないよ」と言われるともっともなのですが・・・・

生徒さんから「自信を持つにはどうしたらいいですか?」という究極の質問をされることもあります。

生徒さんからみると講師は「自信がある人」に映るようです。まぁ確かに自信なさげな先生には習いたくないですけど・・・・

講師も自信の塊という訳ではありません。自信がない側面も当然あります。すべての人は自信のある側面と自信がない側面を両面持って生きているのだと思います。

よく自信のある無しは「メンタル=精神的な問題」のように語られます。確かに半分程度はそうかと思います。でも本来自信は技術の裏付けのはずなので精神的なものではなく肉体的なものではないでしょうか?

例えば神社に初詣に行った時にお賽銭を投げ入れるかと思いますが、その際に「お賽銭を賽銭箱に入れる自信がない人」は見たことがありません。

誰もそんなことを考えないからです。

でも10m離れた賽銭箱だったらどうでしょう?

おそらく結構な数の人が「自信がない」と答えるでしょう。

そのことから判断すると、ここでは「自信の有る無しは賽銭箱との距離に比例する」と言えると思います。逆に言えば「自信がない」=「自分の技術力に確信が持てない」ということになるでしょう。

人はこの「確信を持つ」ということを「確信を持つか持たないかはその人の判断基準によるので、結局気持ちしだい=精神的な問題」というように捉えているのだと思います。

確かに緊張すると実力を出せない人を多数いる中での話ですので、そういう側面もあります。ただ、本来は技術的な側面で有るということを考えると僕はある程度は練習でカバーできると思いますし、結論的には練習でしかカバー出来ない問題のような気がします。

さて、というわけで今から練習します・・・・笑

発表会はデメリット無し!!

発表会

今日のレッスンは発表会前最後のレッスンのギター弾き語りの男性の方。

仕事が忙しくて先月休みがちだったので僕も心配していました。

ポワンポワンスタジオが行っている発表会:PLIVE に出るために半年前から練習していたのに1ヶ月前に急に仕事でいろんなトラブルがあり、大変だったとこのと、あまりにも練習が出来なかったため、出るのをやめようか本気で悩んだそうです。

そんな彼がなぜ翻意して出ることを決意したのかと言うと。

「出て起こるデメリットはなく、メリットしかないことに気づいたから」

というものでした。
よく気づきましたね。そうなんですよ。

これは声を大にして言いたいんですが、発表会ってメリットしかないんです。

例えばミスしたり失敗したり、恥を書いたとしても発表会なら大丈夫なんです!
もともとミスしても良いという前提のイベントですから。

もちろんそんなこと言っても生徒さんは失敗したくはありません。恥も書きたくありません。
ミスしたら嫌な汗をかきそうなこともわかります。

でも前向きに考えればミスも含めて経験です。大事なのは後に何が残るかです。
場数を踏めば人前で弾くことにもなれますし、もっというと場数を踏むことでしか得られない経験のほうが多いのです。

これが発表会でなくてお金をお客さんからもらって音楽を聞いてもらう立場だったらどうでしょう??お金もらっている以上ミスは出来ませんよね?少なくとももらったお金に見合う演奏を求められます。

そう考えるとミスできる場所っていうのはとても貴重だと言えるでしょう。

何度も言いますが基本はミスをしないように練習はしますが、緊張などもあるとギターを弾いていてもコードを間違えたり、ボーカルは歌詞がとんでしまったりという可能性は当然あります。でも発表会だからミスを恐れずにどんどん冒険してもらいたいと思います。

最後にもう一度言わせていただきますが。

「発表会ってメリットしかないんです。」

教室に通っていて興味があるかたは是非次回ご検討ください!!

歌の話

歌の話

いつもレッスンのときには生徒さんが何か発見していってもらえると良いなぁと感じながらレッスンを行っています。

今日はボーカルの生徒さんの話、体験レッスンを受けて半年間悩んで入ったという真面目で努力家タイプの生徒さんです。半年前に入った時は腹式呼吸が何なのか、お腹に力を入れるということがどういうことなのかも全くわからない状況で入って来られました。

腹式呼吸は皆さん普段から自然にしているものなのですが、いざ「してください!」と言われても出来ない人は多いです。なぜかというと別に腹式呼吸が出来なくても生活が不自由になることはないため腹式呼吸が何なのかを生活の中で意識することがないからです。意識せずにしていることを意識してするのって意外に難しいんです。

ちなみに腹式ができなくても歌が歌えないことはありません。ただ胸式で歌ってしまう方は、

・なんか声が棒読みっぽい
・のっぺりとした歌しか歌えない

という悩みを持ってしまう方が多いです。

その生徒さんはまさに典型的な胸式タイプでリズムも音程も平均的にはとれるのですが何か気に入らない・・・と悩んでいたようです。

ボーカルはギターやキーボードなどの楽器と違い、もともとある程度は歌えるところからスタートすることになります。
これが楽器だと、まず音を出してみるという基本中の基本から始まるのですが、歌はなまじっか歌えてしまう分、基本をやり直すのが難しいと思われます。特に自分ひとりで何かしようと考えるとかなり難易度があがるかと思います。

ボーカルはそういった意味では「習う」というよりも最初は「修正する」といった概念の方が理解しやすいかもしれません。

知らない外国語を習うのと、慣れ親しんだ日本語の言葉遣いを治すのに近いと考えると難しさのタイプが違うのはわかっていただけると思います。

そんな生徒さんもようやくお腹から声を出すということがどういうことなのかわかるようになってきました。声量も初期に比べると5割ほど増しているように感じます。生徒さんも「カラオケに行くと以前よりも声が出るようになったように感じます」と言って感謝されるのは講師冥利に尽きます。

楽器が弾けないのと違って歌が上手く歌えないのは悩みになりやすいので少しでもお役に立てていれば嬉しいですね。