科学の進歩と音楽を取り巻く環境を考える①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日進月歩

毎年のように感じることですが科学の進歩って目覚ましいですよね。

音楽業界にも科学の進歩の恩恵の波は毎年やってきます。

レコードからカセットテープにカセットテープからCDにCDからmp3、ACC等、ハイレゾでの配信など聴く媒体も変化していますし、周辺機器も科学技術の進歩によって以前であればウン千万したものが数百円でアプリで手に入るようになっています。ギターの周辺機器もかなり日進月歩で、毎年驚かされています。

20年前にハードディスクレコーダーが販売された時は数十秒録音出来るだけの機器が数万円しましたが、今や300円ほどで子供のガチャガチャでも手に入るようになっています。

最近ブルートゥースのイヤフォンを買いました。リスニング用です。

最初は右と左がつながっているものを買いましたが運動をしている時には結構邪魔でした。(それでも本体とつながっていないだけましでしたが・・・)

アップルなどが完全なワイヤレスイヤフォンを発売しましたがデザインと値段で迷ってました。でも最近は1万円以下で防水でそれなりに良いのが出てきました。

このブルートゥースなども科学の進歩結果です。ワイヤレスウォークマンなどはカセットテープ時代の30年以上前から存在しましたが今や何万曲もの曲が一つの機器に入り、配信ともなると人生のすべてを音楽を聴くことに費やしてもきき切れないくらいの量の音楽が手に入るようになりました。ただしそれによって失われたものもあります。レコードやCDのジャケットも含めて作品として購入していた人にとっては配信等で買うと曲は手に入りますが物は手に入れた感触がありません。あの新譜を予約して発売日にレコード&CDショップに行ってワクワクしながら帰るといった行為も最早必要ありません。

個人的にはそれはあまり失いたくなかったのですが、これも時代の流れです。もちろん今でもCDを買えばいいですし、最近再びレコードも普及してきたニュースも耳にしました。

でももうブルートゥースで音楽を聴くことに慣れてしまった私達にはCDを買ってそれを再びiphoneやウォークマンなどに入れるという作業をするだけの理由がなくなってしまいました。便利なことに慣れてしまうと情緒ある不便は受け入れがたい行為になってしまうのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。