独学について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dokugaku

今回は独学について書いていこうと思います。
現在youtubeなどで様々なジャンルの音楽や楽器、奏法が大抵調べれば世界のどこかで誰かがそれについてレクチャーしているのを目にすることが出来ます。

そういったものを目にするとまるでそのyoutubeの映像だけで上手くなれるのではないかと思います。確かに僕もyoutubeで調べ物をするときはありますがとても便利だと思います。

特に知らない曲を知ったり、ライブ映像などで奏法を解析したりと勉強に使えることは間違いありません。

でもでは独学でギターやボーカルなどが上手くなるかというと答えは「yes」とも「NO」とも言えます。上手くなるのは間違いありません。でも習うよりも上手くなるかというと「NO」です。

楽器を習っている方は自分の先生に聞いてみるといいでしょう。
「先生は独学ですか?」と。
基本的に独学で講師になった人は日本では稀だと思います。僕は出会ったことがありません。通常は何人もの先生に習います。もちろん独学でも上手い人はいるかも知れません。でも僕が知る限りは独学で上手い人も見たことがありません。

結局は独学だとどこかで限界を感じてしまうのだと思います。
また、自分がしている練習方法があっているのか、間違っていたらどんどん悪い癖が着くのではないか、などだんだん不安になってくるのかも知れません。

講師になるくらいの人は一般の生徒さんよりもストイックな傾向にあります。わからないことがあればずっと調べるだけの根気もあります。でもストイックな人は時間のムダが嫌いです。意味のある時間の使い方はいいのですが、わかないことを放置しておけないのです。

「習う」という行為は「時短」と「安心」という2つのメリットがあります。自分で試行錯誤しているよりも同じ道を通った人に聞いたほうが明らかに早いですし、結果もわかりますから安心なのです。
なので独学がありかなしかで聞かれたら

「「あり」ですが、習ったほうが早いですよ。」

というのが答えになると思います。

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。