自信を持つには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jisinn

生徒さんの中にはある程度、楽器が上手く弾けるようになっても自信が持てない方も多数います。

今回は「自信をもつには」というテーマで書いていきたいと思います。

この「自信」ですが、使いようによって良い方向にも悪い方向にも作用する事があります。
「自信」が及ぼす作用としては
・人前に出ることに躊躇しなくなる。
・困難な道でも忍耐強く乗り越えられる
・迷いや恐れがなくなる

などとても良い作用があります。逆に悪い方向としては
・過信すると出来ることと出来ないことの区別がつかず、出来ていないのに先に進もうとしてします。
・反省しない
・周りの人に迷惑をかけることがある
・天狗になってしまい技術などがおろそかになる

などもあります。教室に通われる方で一番多いタイプは自信がない方が圧倒的に多いので、自信を持ってもらえるようにレッスンを行いますが、プロコース(ギター)などの方は逆に自信を持った方が圧倒的に多いので本来の自分を見てもらうことで不必要な自信(過信のことです)は取り払うことにしています。

結局「自信」の物差しがどこにあるかを知ると結構対処も楽なのですが、「自信」とは比較対象との比較を通して正しい自信の持ち方が得られると考えています。

僕の場合は過信が疑われる時は自分より上手い人の演奏を聞くことにしています。講師業をしていると生徒さんは持ち上げてくれるのでどうしても過信の方向に舵を切りがちです。そのため練習と戒めを定期的に行うことにしています。

ギターでもピアノでもウクレレでもどんな楽器でも習っていると挫折することはあります。最終的には自信を失ったときには「同じ人間だから練習すればなんとかなるだろう」といった精神で乗り越えることにしています。今までも「こんな曲弾けるの??」と思ったことは何度もありますが、やってみるとなんとかなるもんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。