上級者向け作曲クラス

上級者向け作曲クラス

バンドなどでの作曲や、弾き語りなどの作曲、数十曲作曲していくと慣れた人でも再びマンネリ化していくことになります。コード進行やメロディーは無限のように見えても実際はいろいろな法則の中で成立しているのと作曲者自身のイメージの中に流れるメロディーやリズムも癖があるため、似たような曲になることが多いのです。

癖はある意味、その人の個性にもなりますし、マンネリ化の原因にもなります。癖のパターンがワンパターンだとマンネリ化に陥るのも早くなりますし、身体の癖同様、自然に出るので制御しにくく、逆に癖が出ないようにしようとすれば曲が浮かばなくなるというジレンマに陥ります。

それを改善するためにはさらなる作曲の知識などを勉強する必要が出てくるかもしれません。ダイアトニックコード以外のコードの使い方などやある程度のコード理論などは知っていても最終的には理論がきれいにつながらなければ自由自在のアレンジはできません。また、アベイラブルノートや各種スケールなども理解することで新しいアプローチが見えてくるはずです。

転調の効果的な入れ方や、曲途中でのリズムチェンジ、他のジャンルのアプローチを参考にしたりしていきます。
また伴奏に関してもただコードを弾くのではなく、メロディーとの相性も考えながら伴奏自体も見直していくかもしれません。様々な曲のジャンルなどを勉強することでそれぞれのジャンルが持つアクセントやグルーブ感、メロディーラインなどを自分の作曲の方法論に取り込むことができます。

上級者になるとアレンジも含めた作曲になるので、より総合的なプロデュースとして曲と向き合う必要ができてきます。
楽器隊の編成や音色なども重要な要素となっていきます。ギター、ピアノ、ドラム、ベースなどの特性役割を知ることで正しいアプローチができるようになります。例えばギター一つとってもカッティング、アルペジオ、ソロ、などがジャンルによって様々な動きをすることを学びます。

最終的には西洋音楽が持つ、緊張感と安定の関係性という非常に大きな枠に立ち返ることでより自由に音楽と向き合えるようにレッスンしていきます。それにより自分が作る音楽がどこにルーツを持ち、どのように聴かれるのかを具体的に考えて自分の作品を他者的見地から見直すことができます。

【通常】上級者向け作曲クラス

マンツーマン
只今インターネット割引により、入校金が5000円(税込)に!!
月3回(30分×3回
7407円(税込み8000円)
月2回(30分×2回)
5000円(税込み5400円)
月1回(60分×1回)
5000円(税込み5400円)
※入校金8000円(税込)+設備維持費4000円(税込)が別途かかります【初回のみ】
【昼割】上級者向け作曲クラス

10時~15時
マンツーマン
月3回(30分×3回)
6388円(税込み6900円)
月2回(30分×2回)
4259円(税込み4600円)
月1回(30分×1回)
4259円(税込み4600円)
※入校金8000円(税込)+設備維持費4000円(税込)が別途かかります【初回のみ】

ページの先頭へ