フィル・スペクター

フィル・スペクター以前のプロデューサーは、レコーディングにおける単なる機材の1つに過ぎず、アーティストや作品に充足するものと考えられていた。彼はしかし、60年代に制作した数々のヒットレコードによって、この認識の修正を迫った。

スペクターのいるユニークな点はまさにこの点にあって、彼にこそとってこそはアーティストこそ作品創造における単なる機材道具の1つに過ぎなかったのである。1940年の12月26日、ニューヨークブロンクス区生まれ。セクターは17歳の時ポップスコーラストリオ、テディベア.ーズを結成。亡き父の墓碑銘にインスピレーションを受けたティーンエイジ、ラブバラード「あったとたんに一目惚れ」で全米ヒットシングルを放つが1960年からはシンガーとしてではなくプロデューサーとしてのトレーニングを積む。

翌61年、フィデスレーベルを創設。2トラックのスタジオで二台のエコー・チェンバーを駆使し、有名な「ウォール オブ サウンド」を作り上げる「Rock'n'Rollへのワーグナー的アプローチ」と自称したその音像は、3人以上の各種同一の楽器の使用、パーカッション群、ストリングスをラウドなライブを演奏で録音したもので、神秘的なエコーが響き渡るまさに壮大なロックンロールシンフォニーであった。

マルコム・マクラレン

60年代後半でアートスクールに通うマルコムも所詮はカルチェラタンの実存主義やシチュアシオニストのラディカル思想と実践に憧れながら、ポップで一発当てようとしていた。ギィー・ドヴォールや本家のシチュシオニストは彼らを状況主義インターからは除名している。仲間にはジェイミーライド、パートナーにはヴィヴィアンウエストウッドがいた。幾度かアメリカに渡りニューヨークドールズと積極的に接触し、彼らのマネージャー兼準メンバーのような時もあった。

パンク前夜のニューヨークで何かを予感しロンドンでチンピラを集めてSEX PISTOLSを立ち上げて以降このことは周知の事実である。
ピストルズ崩壊後もアダム・アント& ワンアンツやbowwow wowを同じように操った。前衛芸術でも極左思想でも海賊でも彼にとっては様々なる衣装でしかない。使える音はレゲエでもアフリカ音楽でもなんでもパクる。スキャンダラスやトラブルは宣伝コストぐらいにしか考えていない性格の持ち主である。そんな詐欺師ではあるが花の機器はピカイチで、アフリカバンバータのプラネットロックをダブ・ロックに結実させたり、ヴォーキングをマドンナより先に取り入れたりといった具合である。パリで50年代のシャンソンとジャズを流用して魅せしっかり健在ぶりを誇示していた。

ガンズ・アンド・ローゼズ

ロックンローラのアウトロー性、破天荒な生き様がリアリズム思っていた時代、ロックと文字通り不良の音楽だった。ところが肥大化したロックはショービジネスの一端を担うようになり、音楽産業の金満としての機能するようになった80年代、このガンズ・アンド・ローゼズはアメリカで産声をあげた。

ドラッグ、アルコール、バイオレンスデビュー直後から彼らは非常常にスキャンダラスな話題と隣り合わせで成長してきた。コンサートでは暴動が起き、バンドはプレスに悪態をつきまくり、メンバー間の仲違いも外すれず、解散のわたも噂も後を絶たない。かつてのロックが抱えていた様々なスリルを体現してなお最良のロックを想像して続けていくという困難を背負った唯一無二のリアルロックンロールバンドそれがガンズ・アンド・ローゼズの選んだ道だった。

スタジアムライブが日曜になってからもなお、毎晩曲順も変えるなど自らの巨体を必死で苔打つ彼らの真摯な態度は、いわば一連でのスキャンダルと表裏をなしているわけだが、2回目以降の来日公演のお行儀の良さを見るにつけ、いささか肩透かしを食った印象は否めない。コンポーザーとしての要であったイジーストラタトリンを失った今後、かつての名作を偲ぶ作品をどのように出すことができるのかと思ったがあまりにも早熟な最後のスーパーグループであった。

ページの先頭へ