キーボード keyboard 【楽器】
本来はあらゆる鍵盤 (コンピューター、ワープロの入力ボード等も含む)を 示す語であるが、ここでは楽器としてのキーボードを 示す語として扱う。楽器においても、その語の示す範 囲は広く、アコースティック·ピアノからシーケンサ ーの入力画面、サンプラーのスプリット画面以れる 鍵盤の映像に至るまでの、鍵盤の形態を持ったもの すべてをキーボードと言えないことはないが、狭い意 味でキーボードという語を定義すれば、ピアノ鍵盤を 持つライブまたは録音用に開発された電気、電子楽 器の総称であるといえる。その形態もオルガン属ゃピ アノ属の楽器のように大規模なものから、最新の電子 技術を取り入れ、ポータブルに設計されたものまで幅 広く作られている。多様な機種が市販されているが その発音原理の違いによって分類されるのが一般的 であり、アコースティックな音源を電磁ピックアップ を用いて電気信号に変え、その信号をアンプによって 増幅する電気楽器に属するものと、初期音源が音波 ではなく電気的な回路によって得られるものを変調し たり増幅した後にスピーカー等を通過させ、初めて空 気振動になる電子楽器に属するものとに大別される 電子楽器の中でも、さらにその音源の様式により細 かく類別することが可能であるし、その音色や楽器と しての形態から、次のような分類も可能である。(1)オ ルガン属, (2)ピアノ/クラビネット属、(3)アナログ シンセサイザー/ボコーダー属、(4)デジタルシンセ サイザー属, (5)サンブラー属, (6)プリセット,キーポ ード属、(7)シーケンサー属, (8)混合型, (9)上記以外 のもの、また楽器の中のキーボード部という見方をす ると、鍵盤はトリガーを得たり、それぞれの鍵盤から 異なる電圧の信号を送るためのスイッチとして考える ことができるが、その傾向としては純粋にスイッチと しての機能を持つものから、アコースティック·ピア ノに見られるような微妙なタッチ·センスを持ったも のまで、機種や価格によってさまざまである
キーボード·アンプkeyboard amplifier 【楽器】
シン セサィザーやエレピ等の専用アン九ライン入力を持 ち、キーボーディストのモニター用として使用された りする高次倍音の再生が可能であり、周波数特性 もギターアンプ等とは異なる。また、小規模PAを用 いてキーボードアンプとして使用する例も多い。 キーボードコントローラー keyboard controller 音源をコントロールするために作られた鍵盤部の こと。シンセサイザーにおいては初期から音源部と鍵 盤部を分けて作られることが多かったが、その方向は MIDIが用いられるようになってから、より 般的なものとなってきた音源のコン トローラーとし て作られている ため、鍵盤部だ けでは音を出すことはできない。また据え置き型のも のはピアノ音源に対応できるよう、鍵盤数が多くとら れている(88鍵が最大)。他にショルダー·キーボード といわれる、ストラップを使って演奏することができ る軽量小型のものも作られているのコントローラーは 鍵盤のオンオフの情報を送るだけでなく、MIDIチ ャンネルの切替えやプログラムチェンジ、モジュレ ーション等の情報も送ることができ、場合によっては ひとつのコントローラーで複数の音源を操作する場合 もある。さらに同じ鍵盤上でスプリット機能を用いて 複数の音源を操作することもある。ライブ演奏におけ るキーボードのシステムを組んでいく時には、複数の 音源をどのようにコントロールしていくかというシス テムのデザインカ重要となってくる。その中で、コン トローラーはマザーキーボード、マスター キーボー ドと呼ばれ、ショルダー型のものはリモート·コント ローラー等といわれている。

ページの先頭へ