キー key 【理論】
調性を確立するために必要な音の組 織の総称0その組織とは、一般には音階、すなわち調 によって示される。調性の確立に必要とされる音と は、音階の主音、下属音、属音の3音と、それらの音 を根音として作られる、三和音仆ライアド)の第3 音(3rd)と第5音(5th)である。特に第3音は、長 調か短調かを決定する大きな要素となる。たとえば 「C」の音を主音と仮定すると、主音の完全5度上(G 音)が属音、完全5度下(F音)が下属音となり、そ れらの3音をそれぞれ根音として作られた長三和音 (メジャー·トライアド)を順次配列すると、長音階が できあがる。この音列を基に創られる楽曲を「ハ長調 (Cメジャー·キー)」と呼ぶ。また、主音、下属音,属 音上の和音を短三和音(マイナー·トライアド)とす ることにより、短調になる。このような方法でできる 音の組織(音階)を示す記譜法として調号(調子記 号)があふ
ギア gear 【一般】
使用機材のことをこのように呼ぶ (俗称)。~ギア”といった使い方をする。
キー·アサイン·モード key assign mode 【楽器】
鍵盤 のゲートやトリガーの入力に対して、音源をどのよう に割り振るかを決めること。ポリ·モードとユニゾン. モードの2種に大別される。ポリ·モードはレガート 時には単一の音源を選択させ、それ以外には異なっ た音源を作動させるのに対しユニゾン·モードはひ とつの音に対して複数の音源が鳴り、単音でも分厚 い音が得られる効果を持つのが一般的であるが、その 割り振り方は機種によって異なる。
キー·イン key in 【電気】
ノイズ·ゲートの主信号ライン 以外で信号を入力する機能。スネアなどのソースをキ ·イン入力し、スネアのタイミングで主信号ライン を出力させることができる。
記憶媒体strage medium 【PC】
プログラム、作成し たデータなどを記録·保存するもの。ハード·ディス ク、フロッピーディスク、MOディスク、CD-ROM, CD-R, DVDなどが一般的。
記憶容量 memory capacity 【PC】
コンピューターや 各種電子機器に用いられるメモリー(記憶素子)の 大きさ、容量を表す
基音 tonic 【電気】
純音正弦波)以外の音において、 さまざまな周波数成分の中でその音の音程を決定す る周波数のこと。
機械語プログラム specific program 【PC】
コンピュ ターが直接理解することのできるプログラム言語。 すべて0と1の2進数で表されている。
器楽 instrumental music 【一般】
楽器によって演奏 される形態や音楽のこと。「声楽」に対する語。 器楽奏者 instrumentalist 【一般】器楽を演奏する人。 プレイヤー。
喜歌劇 opera buffa (伊) 【一般】
喜劇的な要素を持 ったオペラや音楽劇。ハッピー·エンドの作品が多い。 オペラ、ブッファ
ギガ·バイト giga byte 【PC】
コンピューターで情報 を扱う場合の単位 gigaはmegaの1000倍を意味して いる。パソコンのカタログなどでハードディスクの容 量を表す場合に目にすることが多い。「内蔵メモリ 64MB. 4GBHDD」とあれば、4ギガ·バイト 4000 メガ·バイトの容量を持つハードディスクが内蔵され ている。
ギグ gig 【一般】
ライブ·ハウスなどでのコンサートや セッションを表すスラング。
ギシス Gisis (独) 【理論】
ドレミ音名「ソ」のダブル。 シャープのドイツ音名
偽終止 deceptive cadence 【理論】
→ディセブティプ。

ページの先頭へ