カントゥス Cantus (ラ) 【一般】
「旋律」「歌」という意 味のラテン語。中世のポリフォニーでは旋律の声部を 指したまた、世俗的な声楽曲を指す場合もある。
カントリーアンドウェスタン country and western 【一般】
1940年代におけるアメリカ南部白人の民族音 楽全般に対する総称。音楽業界紙「ビルボード」が名 付け親といわれる。それまでの民族音楽の香り漂うヒ ルビーから訣別して、ポップスにも接点を持った新 しいスタイルに移行した。特に1940年代後半から始 まった「グランド·オール·オプリー」の舞台を中心に 黄金時代を迎えた 1950年代にかけて作られた曲は 現在でもスタンダード·ナンバーといわれる名曲が多 く、ハンクウィリアムス、エディ·アーノルド、ロイ. エイカフ、アーネスト·タブなどが代表的。1960年代 に入ると単に「カントリー」と呼ばれるようになる。
カントリーブルース country blues 【一般】
フォー ク·ブルース(folk blues)と同じ意味に使われること もあるが、一般にはジャズブルース(Jazz blues) に対する言葉として用いられ、戦前のアメリカ南部地 方で歌われた、アコースティック ギターによる弾き 語りのブルースを指す。ミシシッピーのチャーリー. パーソトン、サン·ハウス、スキップ·ジェイムス、テキ サスのブラインド·レモン·ジェファーソン、テキサス、 アレクサンダー、アラバマのエド·ベル、ジョージアや 南北カロライナのブラインド·ブレイク、ジョージ、カ ーター、ブラインドウィリー-マクテル、ブラインド. ボーイ·フラーなどが代表的なブルース·マン。彼らの ギター·プレイには、ボトル·ネックやオープン·チュ ーブン.チュー ニングなどが使われることが多い。
カントリー·ロック country rock 【一般】
アコーステ ィック·ギターやペダル·スティール·ギターを前面に フィーチャーしたマイルドで柔和なサウンドが特徴で、 フォーク系シンガー ソングライターの多くが、この カントリー·ロック的な演奏を取り入れた作品を発表 した。保守的な音楽として、ロック·ファンには受け 入れられなかったカントリー·ミュージックであるが、 1967年にザ·バーズやボブ·ディランらによるナッシュ ビルのカントリー·サウンドを取り入れたロックへの 人気やおりからのフラワー·ムーブメントによる「自 然に帰れ」とwj主張も手伝って、CS&N、ポコ、フ ライング·バリット·ブラザーズ、イーグルスなど、ロ サンゼルスのグループを中心に1970年代初頭に大流 行した。
完パケ(完全パッケージ) complete package 【一般】
効果音や音楽素材の編集作業が終了して、即本番で 使用できる状態のテープなどを指していう。
ガンバン gambang【楽 器】
ガムラン楽器のひと つ。木琴で、両手のバチ によるオクターブ奏法を 基本とする。
カンマートーン Kammerton (独) 【一般】
。標準ピッ チのこと バロック時代のピッチの一種で、世俗的 な器楽曲に用いられた。その他には「コールトーン」 (宗教的合唱やオルガンの演奏に用いられた)や「コ ルネットトーン」(金管楽器に用いられた)があった。 カンマートーンに対してコールトーンは1音ほど高く、 コルネットトーンはさらに半音ほど高い関係にある。
キー key 【楽器】
鍵盤楽器の鍵盤部分のこと

ページの先頭へ