カポタスト capo tasto【楽器】
ギターのネックに取り付ける 器具。ナットと同じ効果が得られるため任意のポジション で開放フォームによるフィン ガーリングやコード·プレイを 行うことができる。
カマンチェ kamanche【楽器】
西アジアの擦弦 楽器。イランでは皮を 張った円形の胴と、4 本の弦を持つ。トルコ ではケメンチェと呼ば いちじく形の木製。 ヨーロッパのルペック、ブルガリアのガドゥルカ等に 類似する。
ガムラン gamelan 【楽器】
インドネシアを代表する音 楽で、ジャワ島および隣りのバリ島における旋律打楽器のアンサンブル。旋律打楽器とはメロディーを奏で ることのできる打楽器のことで、手作りの民俗楽器な がら、金属製で美しく凝った造りになっている。グン デル、サロン、クノン、ゴング、シロフォンといった楽 器は優雅で柔らかな音を持ち、さわやかで夢幻的であ る。比較的、バリ島の方がビートにメリハリがありダ イナミックであるが、いずれにせよ民衆の踊りや芝居 の演奏用として、高貴な響きが庶民的に使われてい るところが特徴である。
カメラータ Camerata (伊) 【一般】
イタリア(フィレ ンツェ)の伯爵の家に集まり、文化運動を推進した文 学者,音楽家の総称。語源は「仲間·友人」のa味で 「きれいな部屋」を指すこともある。ちなみに「カメラ camera)」とは部屋のこと。
伽倻琴 kayageum 【楽 器】
韓国の箏。 カヤゴともいう。 12弦で、爪をはめずに素手では じき上げるように弾く。左手で激しいビブラートをつ ける。
カラオケ【一般】
もともとはレコーディング用語で、歌 の入っていない伴奏のみの録音のこと。1970年代か ら一般の音楽ファン向けにカラオケ専用機が作られ てブームとなり、巨大産業に発達した。
カラー コレクター color corrector 【電気】
ビデオ信 号などで色を補正すること。またはそのための機器を 示す。
カラス、マリア Maria Callas (1923~77) 【名前】
ギリシャ系 移民としてニューヨークで生ま れた、20世紀最高のソプラノ歌 手 1947年に《ジョコンダ)で デビュ-, 1950年の《アイーダの衝撃的な成功のあと、ヴ エルディやプッチーニのドラマ ティックな作品を中心に1962年 までミラノのスカラ座で活躍した。またベルリーニや ドニゼッティなどのベルカントオペラを復活させた 功績も大きい。
カラーディスプレイ color display [PC】
コンピュ ターの情報をカラーで表示するためのテレビ画面のよ うな形状をした装置。 カラー·ノイズcolor noise 【電気】ホワイト·ノイズ ピンク·ノイズ等の総称 空ピック奏法un-picked 【楽器】ギターの奏法の 種。リズム·カッティングやリフ,フレーズなどで、タ 代休符に合わせピッキングを止めずリズム,キープ のまま弾く。
カラム,スピーカー【電気】
劇場やホールなどの常設音 響機谷で。舞台のプロセニアムの両サイドの柱に設置 されているスピーカー。
カラヤン、ヘルベルト,フォン Herbert von Karajan (1908~89) 【名前】
オーストリア0)指揮乱4% ルクで生まれ、ウィーン音楽アカデミー覗ウィーン 音楽大学)で学んだ後、21歳でウルム市立歌劇場の 指揮者(1929-34)になり、アーヘン(1935 ~ 41) の音楽監督を務めた。すでにこの頃からベルリン、 ィーン、ミラノなどの歌劇場に 客演、一方フィルハーモニア管 (1947-60)を経て、1956年カ ら他界する1989年までベルリ ン·フィルの音楽監督として君 臨した。1956~64年にはウィ ン国立歌劇場の芸術監督も務 めた、20世紀後半を代表する指揮者である。

ページの先頭へ