カップcup 【楽器】
シンバル中央の小さく盛り上がった部分
カッワーリー qawwali 【一般】
パキスタンのイスラム 教音楽のこと。小型のリード·オルガンであるハーモ ニアムにタブラ、そしてターリー(手拍子)で構成さ れる楽器を伴奏として、主唱者と副唱者の掛け合い が繰り返される。次第にアドリブも混じり、精神を高 揚させ神秘体験に導いていく 日本でも人気の高い カーディオイド Cardioid 【電気】単一指向性のマイク ロフォンにおける最も一般的な指向性特性のこと。そ の特性図がハート型に似ていることからこのように呼 ばれる。
カーティス·フラー Curtis Fuller(tb) (1934~ ) 【名前】
ミシガン州デトローイト生まれ。ハイスクール時代にト ロンボーンを始め、軍隊時代はアー ミー"バンドに所属。1955年に除隊 した後はデトロイトでケニー·バレル 等と仕事をし、1957年にはニューヨ ークへ進出して、マイルス·デイビス、レスター·ヤング、ギル·エバンス等と共演し、リ ーダー·アルバムを立て続けに発表する。1961年には ジャズ·メッセンジャーズに参加し、JJ.ジョンソン以 来の大型トランペット奏者としての地位を確立する。 1970年になって自己のクインテットを結成している。 代表作に『ブルースエット」(1958)がある。
カーティスメイフィールド Curtis Mayfield (1942~ メイフィールド 99) 【名前】
シカゴ生まれ。 コーラス·グループ、ザ·イン プレッションズでプロ·デビ ユーを果たす。その後、ソロ 活動に専念し、1970年『カ ーティス」でニュー ソウル の中心アーティストとしての 地位を不動のものにする。ソロになる以前はメッセー ジ性の強い歌を歌っていたが、このアルバム以降は内 省的な方向を強め、社会の負の部分を題材に取り上 げるようになった 1990年にステージ上の事故で半身 不随となり、一時引退を余儀なくされるが、1996年 には『ニュー·ワールド·オーダー』で奇跡的な復活を 遂げ,ファンに感動を与えた。
カードリーダー card reader 【電気】
磁気カードなどに 記録されているデータを読みとるために使用する装置。
カートリッジ cartridge 【電気】
使用する機器に各種 の素子や電子回路(回路基板)などを脱着させるた めに、それらをケースなどに収めたパッケージの総称。 レコード·プレイヤーのレコード針を収めたカートリ ッジ、電子楽器に音色を加える電子回路などが収め られたROMカートリッジ、電池を収めたバッテリー カートリッジなどがある。
カーヌーン qanun (アラビア語) 【楽器】
アラブの音楽 に使われる弦楽器 の一種。
鉦/鐘(かね) 【楽器】
日本の伝統楽器において、広い意 味での金属製の打楽器のこ と。形態別に分類すると、ゴ ング属、ベル属、シンバル属 に分けることができる。ゴン グ属のうち、比較的肉厚で 小型のものは「鉦」の字が当 てられいわゆる「銅鑼(ド ラ)」とは区別される。鉦の うち、手に持って内側をパチ で細かく打ち鳴らすタイプは「摺(す) り鉦」「当た り鉦」「チャンチキ」などと呼ばれ、江戸の祭囃子で は「ヨスケ」とも呼ぶ。一方、同様の形態でも、伏せ て置き、上から叩くものに吸盤」があり、歌舞伎下 座音楽では、この小型のものを2つ並べた「松虫」と いう楽器も使われる。ベル状で横から打つものが「鐘」 であり、大型の梵鐘や小型の半鐘があるが、仏教用 具の「(きん)、子(きんす)は、カップ状の鐘を上下 逆に置いたものと見なされる。さらにシンバルと同様、 2枚の円盤を合わせたものは鐃(にょうはち)などの 名称のほか、銅拍子、チャッパなどとも呼ばれる。い ずれにせよ、仏教儀式ではこうした「かね」を数多く 用いるため、それらが一般化したと思われるさまざま な打楽器が存在する。
カノン canon 【一般】
ある一声部から始まる旋律を、 他声部が一定時間おいて正確に模倣する形式による 楽曲。「カノン」とはギリシャ語の「規則」「標準」を 意味する。

ページの先頭へ