加線 ledger line 【理論】
五線の上下に、必要に応じて付け加えられる短い上第二線 シー上第一線 横線のこと。 下属音 subdominant 下第一線 【理論】長調(メジャー 下第二線 キー)、または短調(マイ 下第三線 ナー·キー)における、主 音(トニック)の完全5度下の音、つまり音階の第4 音のこと。サブドミナントとも呼ばれる。この音を根音 (not)として、音階の構成音(スケールノート)によって作られる和音を下属和音(サブドミナント·コー ド)といい、調性の確立に重要な和音である。→下属
下属調 subdominant key 【理論】
→近親調
下属和音 subdominant harmony 【理論】
下属和音 とその系列にあたる和音。つまり、Ⅳの和音とⅡの和 乱和声学上の機能的分類である。
カソード cathod 【電気】
真空管や半導体の端子のひ とつで、瓞極」のこと。→真空管、半導体 カーソルcursor [PC】コンピューター上でキーボード から文字を打ち込んだ際、文字や図形が表示される 位置を示す記号。「I」の形状をして、点滅をしている 場合が多い。ユーザーは、マウスや矢印キーを使って カーソルの位置を移動し、好きな位置に入力すること ができる。
片仮名音【理論】
1点音より1オクターブ低い音域の音を示す日本語音名。英語、伊語、独語音名の場合は小 文字で表されることから小字音という。
カーター·ファミリー Carter Family 【名前】
A.P.とセ イラのカーター夫妻と義理の妹 メイベルの3人で結成されたヒ ルビリー、グルーブ 南東部の 民謡やゴスペルがレパートリー の中心だった。低音弦と高音弦 を交互に弾くメイベルのギタ 奏法は「カーター·ファミリ ピッキング」と言われ、多くの プレイヤーに取り入れられた。 1927年にレコード·デビューし、 1943年に解散している。
カーター·ファミリー·ピッキング Cartar family picking 【楽器】
ギターの奏法の一種。低音弦でのベ ース·ラインやメロディー·ラインをコード·プレイに加 えたフィンガー·ピッキングによる奏法。フォークや カントリー系などアコースティック·ギターの奏法と して使われている。
ガタム ghatam 【楽器】
インドの打楽器。素焼きの壷 を手で打つもの。
カチャピ kacapi 【楽器】
インドネシア·西ジャワ(ス ンダ)地方の撥弦楽器。舟形の胴に多数の金属弦を 張ったもので、義爪は使わず、爪ではじきながら他の 指で消音する。古典曲では大小2台の合奏にスリン (笛)が加わる。現代曲には箱形のカチャピッテルも 使われる。なお、類似の名称(クチャピ、ケチャピな どの名でも、他の地域ではリュート属の1 ~ 2弦の もの、あるいは竹筒琴を指す場合もある。→竹筒琴 (ちくとうきん)
下中音 submediant 【理論】
主音と下属音の中間に位 置する音。音階の第6音を指す。 下中和音 submediant chord 【理論】下中音上に作 られる三和音や7の和音。すなわち、VIやV17の和
可聴周波数 audio frequency 【電気】
人カ聰くことの 可能な周波数帯域, 20Hz~20kHzといわれている。
可聴帯域 audio frequency range 【電気】
人間の耳 で感知できる範囲の周波数のこと○ 20Hz~20kHzを 可聴周波と呼んでいる。

ページの先頭へ