オンデ ッジャンド ondeggiando (伊) 【理論】
「波立っ て」の意味。一発想用語 音頭【理論】雅楽や民謡における、その楽曲の歌い出し の独唱者のこと。その独唱に続いて歌われる斉唱(複 数人)の指揮者的役割も持っている。また、民謡など でそのような形式独唱のあとのお囃子など)の作品 を「東京音頭」「秋田音頭」等と呼んでいる。
音度記号 scale degree 【理論】
音階の各音に主音か ら順番に番号をつけ、ローマ数字(1.11 ......)によ り表現した記号。和音数字に用いられる。
オンド.マルトノ Ondes Martenot 【楽器】
1928 年、フランスのモーリス マルトノによって発明され た鍵盤楽器。正弦波の発振 を合成したものをキーボー ドでコントロールするとい う発想を持った、最も初期 の電気楽器である。和音を 奏することはできないが、指輪状のコントローラーを 操作することによってポルタメントの効果を得られ る。3つの出音の異なるスピーカーを持ち、スピーカ ーのそれぞれの特性と組み合わせによって特徴のある 音色を作ることができる。今世紀初期から中期にか けて、主にフランスの作曲家がオーケストラの中で旋 律楽器として用いたり、オンド·マルトノのための協 奏曲が書かれたりした。
音波 sound wave 【電気】
物体の振動によって周りの空気の圧力が変化し、一定の速さ (音速)で空気中 を伝わり、物に当たると物に音圧を及ぼす疎密波。
音符 note 【理論】
音の長短、高低を示す記号。音の 長さは、音符の形(種類)によって表され、音の高さ は、五線譜における音部記号や音符の位置によって 示される。
音部記号 clef 【理論】
五線に書き込むことによって、 その五線(譜面)の絶対的な高さを指定する。一般 に、音域に応じて、(1)高音部、(2)中音部、(3)低音部、 の3種類が用いられている。
オン·マイク on microphone setting 【電気】
マイク による収音方法のひとつ。目的とする楽器の音を周 囲の音に比べてより大きく、クリアーに収音するため に、楽器の発音部分に近付けて収音する。
音名 pitch name 【理論】
音の高さを示す固有の名称。
音名唱法【-一般】
→固定ド オンライン編集 on-line editing 【電気】マスター(カ バケ)を完成させるための編集。事前にオフライン 編集を行う場合が多い。→オフライン編集
音量 loudness 【電気】
音の大きさを示す。これを示 す単位としてフォン(PHON)がある
音列 Tonreihe (独) 【理論】
一定の組織による音の系 列のことで、音階や旋法の概念(主音や調性感)を 持たない音配列のものを指す。
回音 turn 【理論】
→ターン
解決 resolve 【理論】
不安定な響き (不協和音)から 安定した響き (協和音)への進行を指す。代表的な 例として、属七の和音(V7)から主和音(1)への 進行等。
外声 outer voice 【理論】
和音を形成しているいくつ かの声部のうちの最高音と最低音を受け持つパート。 混声合唱や和声学の場合はソプラノとバスがそれに あたる。

ページの先頭へ