オープン·ロールopen roll 【楽器】
→ルーディメンツ
オペ·アンプoperation amplifier 【電気】
演算増幅 器。正確にはオペレーショナルアンプ。計算器用に 開発されたIC。電圧利得が高く取れ、安定度の高い 増幅器。計算器のみでなく、インピーダンス変換、発 振器、電源、フィルターなどに広く利用されている
オペラ opera 【一般】
歌劇のこと歌と演技を主体とした音楽劇の総称だが、主に16世紀末頃からヨーロ ッパで流行した歌劇を指す。モーツァルト、ロッシー ニ、ワグナー、ビゼーなどが代表的作曲家
オペラ·コミック opera comique (仏) 【一般】
フランス風のオペラの総称で、セリフと歌の併用により風刺 的な内容。パロディの要素が強い。コミカルな内容に 限らず、喜歌劇とはやや異なる. オペラ·セリア opera seria (伊) 【一般】 18世紀のイ タリア·オペラの一種で、オペラ·ブッファ (喜歌劇) に対して「正歌劇」とも呼ばれる。古代の英雄,神話 などを題材とした作品が多い。作品の形式はレチタテ ィーヴォとアリアによって構成され、重唱や合唱はほ とんど用いられないことが特徴である
オペラ·ハウス opera house 【一般】オペラ僛劇) オペレッタ (明るい庶民的なオペラ)、あるいはそれ に類する作品を上演することを目的とした劇場を指 す歌劇場と同義語
オペラ·ピッチopera pitch 【理論】
オペラ用の標準ピッチ +歌手の声域の限界から設定される。
オペラ,ブッファ opera buffa (伊) 【一般】
18世紀の イタリア·オペラの--種。ブッファとは「からかう」 「嘲笑する」の意味で、喜劇的な要素が多く「喜歌劇」 とも訳され、オペラ,セリアと対にある。作品の形式 はレチタティーヴォ·セッコ(早口な語り口調)とア リアから、重唱やアンサンブルにより終幕することが 特徴である
オペレーター operator 【電気】
FM音源方式の用語 で、アナログ·シンセサイザーのVCOの代わりに使わ れるユニット
オペレッタ opertta (伊) 【一般】
上流階級の娯楽であったオペラを、より大衆的·庶民的なものにしようと して作られた「軽いオペラ」を指す。セリフが多く 空想的な作品や、ラブ·ロマンスなど笑いの要素を多 く含む作品が主である。イタリアのオペラ·ブッファ を起源としている
オペレーティングシステム operating system 【PC】 基本ソフト、OS (オーエス)などともいう。ハードウ ェアとユーザーの間でコンピューターを円滑に利用で きるようにするソフトウェア。MSDos. Windows, MacOS, UNIX等がそれにあたる
オーボエ oboe 【楽器】上下2枚のリードで発生した 音を管に伝えて発音する、いわゆるダブルリード楽 器の代表。アジア各地のチャルメラの仲間であるが 材とい 改良された現在のオーボエは、オーケストラの中でも哀愁を帯びた格調ある音色 として尊重されている。黒檀やグラナデ イラという材質で作られ、実音楽器とし て記譜される。同系統のものに、5度低 いF管のイングリッシュ。ホルン(English horn),フランス語ではコールアングレ (cor anglais)やA管のオーボエ·ダモ- レOboe d'amore)がある0フランス語 ではhaut boisと書く
オーボエ·ダモーレ【楽器】
→オーボエ

ページの先頭へ