オフ·ビート off beat 【理論】
アフター·ビートとも呼 ばれ、拍子の弱拍部のこと。2拍子においては2拍 目、3拍子は2.3拍目、4拍子は2.4拍目にあた る部分を指す。ロック系、ジャズ系の音楽では、ここにアクセントをつけて演奏することが多く、演奏方法 の呼称にもなっている。
オフ·マイク off microphone setting 【電気】
目的と する楽器の音をマイクにて収音する方法のひとつ。楽 器の発音部分より少々離してマイクをセットして収 音する方法で、目的とする楽器の響きや、演奏場所 の残響も含めて収音することができる。
オフライン編集 off-line editing 【電気】
マスター·テ ープ制作のために、事前に編集用のリストなどを作成 する作業。マスター·テープを使用しない作業なので、 これを痛めなくてすむ。
オブリガート obbligato 【理論】
メロディー·ラインと 同時に演奏され、主としてメロディーの引き立て役と なるパート。また、その曲になくてはならない要素を も併せ持つ、旋律的なバック·グラウンドのこと。 わる cut 【電気】。電気回線を切ること。スイッチを切ることと同意マイクなどを離すこと。目的と する楽器などに近付けてセットされているマイクをそ 犬態より離すこと。または、離してセットすること
オープン popen 【理論】
-奏法に関する用語で、着 弦楽器のミュート (弱音器)をはずすこと( ドラム スのハイハット·シンバルを開いて演奏すること アドリブの小節数やコーラス数を自由にする。などの 意味がある。表記としては、譜面上に「open」と記 す他、ハイハットに関しては、音符の上部に○印 を記し、閉じる時は+印で表す。
オープン·ヴォイシング open voicing 【理論】
和声づ けの一手法。和音の構成音(コード·トーン)を配置 する際、最高音から最低音までが9度(1オクターブ と2度)以上になるような、開離位置(オープン,ポ ジション)による和声づけのこと。オープン·ヴォイ シングの代表的な方法としては、ドロップ2、ドロップ4、スプレッドなどがある。
オープンエア型ヘッドフォン open-air type headphone 【電気】
密閉型ヘッドフォンと異なり外部の音も聴こ えるヘッドフォン。軽量で長時間聴いていても疲れな いのが特徴だが、騒音の多い所での使用には不向き。
オープン·チューニング open tuning 【楽器】
E-B-G-D- A-Eというギターのレギュラー·チューニングに対し、 開放弦の状態で特定のコードのサウンドになるように するチューニング 1弦からE-B-G#-E-B-Eにするオ ープンBR D-B-G-D-G-DというオープンGチューニン グ等は、スライド奏法で多く使われている。
オープン·トラック open tracks 【電気】
未記録で使用 可能なトラック、または消去可能なトラックのこと。
オープン·ハーモニー open harmony 【理論】
オーブンポジションによるコードまたは、コードの連結 を指す。→オープン·ポジション
オープン·ボイシング open voicing 【理論】
→オープ ン·ヴォイシング
オープン·ポジション open position 【理論】
コード. トーン(和音の構成音)が、重複されずに1オクタ ブより広い音程(9度以上)に配置された(積み重ね られた)型。開離位置と呼ばれる。
オープンリールテープopen-reel tape 【電気】
カセットテーブに対して、リールに巻かれたテープを示す 1/4.1/2, 1、2インチ、などさまざまな種類に分かれる

ページの先頭へ