エレクトリック·ピアノ electric piano 【楽器】
音源を電気的に得て、それを 内部の増幅器によって増幅するタイ プと、アコースティックな音源をピ ックアップによって増幅するタイプ の2種類があり、用途によって使い 分けられる。前者をエレクトロニッ ク,ピアノ,電子ピアノ、後者をエレ キ·ピアノ/電気ピアノ、と言葉の上 でも分類することがある。それぞれ のタイプにおいてその仕様はさまざまであるが、電気 的に音源を得るタイプのも のは、アコースティックな音 色を追求するという方向に おい ,シンセサイザー的な 発想の上でさまざまな試行 錯誤を繰り返したが、サン ブラーの出現によって、初めてその存在が広く認めら れたと言える。電気ピアノにおいては、実際に弦を用 いたり、金属を鍵盤によって振動させたりするので、 その形態はいくぶん重厚であるため、豊かなアコース ティック,サウンドを得ることができる反面、持ち運 びは煩瑣(はんさ)になるきらいがある。また、音色 的に特徴を持ったも0)も作られ(クラビネット、ロー ズ,ピアノ等),その種類は多様である。→サンプラー, クラビネット
エレクトリック·フォーク electric folk 【一般】
イギリ スのトラディショナル,フォーク (トラッド)に、革命 的ともいえる電気楽器を取り入れてロック化したも のアメリカのフォーク ロックに影響を受け67年に 結成されたフェアポートコンベンションが先駆的存 在といわれ,当初は賛否両論あったが,若者たちの 支持によってスティーライスパンやアルビオン·カン トリー·バンドなどが人気を獲得し、 トラッドに新しい生命を吹き込んだ。
エレクトリック·ベース electric bass 【楽器】
弦の振動をピックアップで 電気信号に変え、アンプを使って音 を発するベース,ギター。
エレクトリックライトオーケストラ Electric Light Orchestra 【名前】
R.ウッド(vo、g)を中心にB.ハント(horn) やS.ウールマン(vn)を含む5人編成 で1971年にNo Answer (オリジナ ルELO)」でデビュー。しかしリーダー格のロイカが1972年に脱退。残され リン(vo,g)のアイディアでキーボ ード、ベース、ヴァイオリン、チェロ が新加入し、計7人の大型編成 (エレクトリ グループになり、「ロール·オーック·ライトオーケストラ バーバートーベン」のヒットで 脚光を浴びる。その後もメンバ -チェンジを繰り返しながら 数々のヒット曲を連発する 1980年にはオリビアニュート ン,ジョンとの共作「ザナドゥ」 が大ヒットするか981年にはツアー活動を休止、その 後は不定期に再結成していたが、2001年にはリン主 導のアルバムが発表される。
エレクトレットコンデンサー マイクロフォン electret condenser microphone 【電気】
永久的に電荷を有す る素材、エレクトレットをコンデンサーの固定極とし て使用し、高圧の直流バイアスを不要とするコンデン サー·マイクロフォン。小型軽量カ畤徴。ECMと略す。
エレクトロニック·ドラム electronic drums 【楽器】
ドラム·パッドと音源モジュールによって構成される。 打面は、アコースティック·ドラムとかなり感触がちがうが、最近は各社とも改良されて、かな り良くなっている。音源モジュ ールは、ピッチ、ベンド、アタッ ク、ディケイ等、各種変えられ るように作られており、メモリ -,プリセットも行なえる。ま た現在は、ほとんどの機種が MIDI対応である
エレクトロニック·ピアノ electoronic piano 【楽器】
→エレクトリック·ピアノ エレクトロニック·ポップelectronic pop-2]電子 楽器を使ったポップスのこと。

ページの先頭へ