エセス Eses【理論】
ドレミ音名「ミ」のダブル. フラット (bb)音。 エタ·ジェイムス Etta James (1938~ ) 【名前】本名ジャメスタ·ホーキンス。「ママ」のニック ネームで親しまれており、1950年 代中期から活躍しているソウル. シンガーの大御所的存在。5歳 の時から教会でゴスペルを歌い、 その天才児ぶりが注目を集めた。 1954年に「ウォール·フラワー」をリリースして以来 ソウルの名曲「テル·ママ」などのヒットを次々に出す 方で異なるジャンルにも意欲的に挑戦し、1981年の ライヴ·アルバムではイーグルスの名曲「Take It To The Limit」をカバーして話題になった。
エターナルEternal 【名前】
元はイースター、ヴァーニー姉妹、ル イーズとケリーの4人グループ。1993年のデビュー曲「Stay」が 全英4位のヒットを記録し、1st アルバム「Always & Forever」 も2位を獲得。その後ルイーズ が脱退して3人となるが、1995 年に2nd, 1997年に3rdアルバムを発表し、その中の シングルPower Of A Woman」は全英1位に輝い た。そして現在はケリーも脱退して姉妹デュオとなっ た新生エターナルだが、1999年のアルバム「Eternal』 でよりソウルフルなヴォーカルを聴かせている。
エターナル·ミュージック eternal music 【一般】
→ミニマル·ミュージック
エチュード etude (仏) 【一般】
練習曲のこと。
エッジ edge 【楽器】
ドラム·ヘッドとシェルの接点。 また、シンバルにおいては、一番外側の部分をいう。 ドラムのシェルにおいては、この部分の角度が、ヘッ ドの振動がシェルに伝達されるのに非常に重要なポイ ントになる。
エディション edition 【一般】
楽譜など出版物の のこと「原典版」という風に用いられる。
エディター editor 【PC】
文書データを作成するために 利用される簡易ワープロ·ソフト Macintoshには Simple Text」, Windowsには、「メモ帳」と呼ばれ るエディターが標準添付されている。
エディター·ライブラリアン editor librarian 【PC】
シ ンセサイザーの音色やパラメーター等をコンピュータ ー内に取り込み、エディットを容易に行ない、管理 し、そしてセーブしておけるソフト。
エディット edit 【電気】
パラメーターに修正を加える ことで、シンセサイザーの音色作りや、リズム·マシ ンのパターンを変えたりすることができる編集機能。
エディットバッファー edit buffer 【電気】
音色のエディット時に、一時的にそのデータを残しておくこと ができるメモリ。エディット前の音色とエディット中 の音色を聴き比べたりすることができる。
エディット·ピアフ Edith Piaf (1915-63) 【名前】
パリ生ま れ。極貧の家庭に生まれ、パ リの街頭で歌っているところ をナイトクラブの支配人に認 められて歌手への道が拓かれ る。1937年「私の兵隊さん」 などでデビューし、レーモン· アッソー、ジャン·コクトーなどと出会って音楽界と 映画界の両方で成功を収める。投獄、ナチス抵抗運 動、恋人の飛行機事故死、結婚、離婚、自動車事故 など波瀾万丈の私生活を送りながら、「バラ色の人生」 「愛の賛歌」「パリの騎士」「ミロール」「水に流して」 などの名唱でシャンソン界の女王として君臨した) ブーとされた題材を多く取り上げ、率直に歌い上げた ため多くの曲が放送禁止となった。1963年没。その ショックでジャン·コクトーが死去したことはあまり にも有名。
エディットリコールedit recall 【電気】
シンセサイザー 等で、パラメーターのエディットを行なっている際に、 誤って操作したり、行き詰まった時に、元に戻すこと ができ、また最初からやり直すことのできる機能。
エテュード etude (仏) 【理論】
練習曲のこと技術 的な訓練を目的とした楽曲を指し、独立した作品と して扱われる。
エネルジコ energico (伊) 【理論】
「精力的に」という 意味の発想用語。一発想用語

ページの先頭へ