エコノミーピッキング economy picking 【楽器】
ギターのピッキング テクニックの一種。弦移動でのス ピード·アップを図るために、あるフレーズをダウン/ アップで弾いた場合、高音側の弦に移動するときには ダウンでピッキングを終え、そのままダウンで弦移動 し、逆に低音側の弦に移動するときにはアップでピッ キングが終わるようにして、アップのまま弦移動させ ていくピッキング法。フレーズを奇数に分け弦移動さ せる込要が生じるが、オルタネート、ピッキングによ って弦移動を弾くよりも素早く行うことができる。ギ タリストのフランク.ギャンバレがこのテクニックの第 一人者として知られている。
エコー·マシン echo machine 【電気】
任意の音声(音 声信号)に反射音(エコー、遅延音)を付加する装置 の総称。ディレイ·マシンとも呼ばれる。テープ、レコ ーダーの機構を応用したものや、遅延素子(BBD)を 利用したアナロ烒と、音声信号をデジタル信号に変 換し、デジタル処理によって遅延音を得るデジタル式 がある
エコールーム echo room 【電気】
残響効果を得るた めに作られた部屋のこと。その部屋のスピーカーからエコーをかけたい音を再生し、マイクで収音したものを原音にプラスすると、音にエコー感が得られる
エージェント agent【PC】
逐一コマンドを受けること なしに、自律的に動作するソフトウェアのこと
エスカッション mountain ring 【楽器】
エレクトリッ ク·ギターのマウンテンリングのことで、ピックアップをボディに取り付けるのに使われる部品。これにつり下げられることによって、エレクトリック,ギター のピックアップの移動が可能になり、弦との距離を変 えることができる。また、ボディの振動を拾わないた め、弦振動だけをブリッジに伝えることもできる

エスケープ·キー escape key 【PC】
パソコンキーボー ドの特殊キーのひとつ。「esc」と刻印されているア プリケーション·ソフト等を利用中に命令や指示を中 断したり、解除する場合に押されることが多い。
エスケープ·トーン escape tone 【理論】
逸音と呼ばれ る非和声音のこと 非和声音
エスノ·ミュージック ethno music 【一般】
エスニック、ミュージックの略。欧米以外の地域のポピュラー。 ミュージックの総称。
エスノ·ロック ethno rock 【一般】
80年代のニュー·ウェーブ派の TVLKINGHEVDS アーティストたちによる、世界中 のさまざまなブラック·ミュージックを取り入れたロックのこと。80年代に発表されたアメリカのグル ープ、トーキング ヘッズの「リメイン·インライト」は、ナイジェリアのフェラ·クティ のアフロ,ビートやジェームス·ブラウン、Pファンクな どのファンクにヒントを得た強靭なビートと、プライ アン·イーノによるダブ的なミックス手法が駆使され ており、エスノ,ロックの金字塔としてイギリス07 ーティストにも大きな影響を与えたかつてパンク ロックのミュージシャンと呼ばれていたジャムの「サ ウンド エフェクツ XTCの「ブラック·シー PIL の「フラワーズ·オブ·ロマンスj,クラッシュの「サン ディニスタ!」をはじめ、スリッツ、バウワウ、ピー ター,ゲイブルたちによって、エスノ,ロック的なアル バムが次々に発表された。
エスプレッシーボespressivo (伊) 【理論】
「表情豊 に」という意味の発想用語。→発想用語
エスプレッショーネ espressione (伊) 【理論】
「表情」 「表現」の意味
エコスラージesraj 【楽器】
北インドの擦弦楽器。サーランギの胴にシタールの棹 (さお)を付けたようなも。5本の演奏弦と15本程度の共鳴弦を持つ。類似のにディルルパがある。

ページの先頭へ