ヴェルベットアンダーグラウンド The Velvet Under- ground 【名前】
アンディ·ウ ォーホールの後押しで、1966 年にニューヨークのクラブで 上演されたイベントの音楽を 担当したのがきっかけで、彼等はメジャー·デビューを果たすことになる。1967年 にリリースされたデビューアルバム『ヴェルヴェット. アンダーグラウンド&ニコ』は簡素で暗いサウンドと辛辣な詞のイメージでそれまでのロック界に漂っていた壮大な理想主義のようなビジョンを根底から覆す ようなものだった。
ヴェルサイユ楽派 Versailles school 【一般】
1600年代 から1700年代中期にヴェルサイユ宮殿を拠点として 27ランス首 16世に至る時期のフランスは絶対王制下にあり、フ ランスの音楽活動はここに集約されていた。モテト等 の宗教上の音楽活動を行う宮廷礼拝堂楽団、世俗的 な声楽や器楽、宮廷オペラを宮廷内で演奏する宮廷 室内楽団、主として野外での舞踏会や軍楽を受け持 つ野外演奏隊の3部門が確立されていた。また、創 作面においてもリュリ、クープラン、ラランドなどに より、宮廷オペラ、モテト、カンタータなどの声楽曲 から様々な器楽曲に至るまでフランス·バロック音楽 の全領域にわたっている。
ヴェルディ、ジュゼッペ (1813-1901) 【名前】
イタリア·オペラの大作曲家。10歳頃か ら才能を発揮し、23歳で生地プ セットの音楽監督となる。1842年 オペラ「ナブッコ」の成功でイタリアを代表する地位を確立させ、亡くなるまでに26作のオペラを残した。 心理的でドラマティックな表現でイ タリア·オペラの頂点を築いた。[主要作品]オペラ「リゴレット」、同「トロヴァトーレ」、同「椿姫」. 同「アイーダ」、同「オテロ」. レクイエム
ヴォイシング voicing 【一般】
メロディーにハーモニー を付ける場合、メロディー以外のパート (声部)を作 ることを指す。和声づけ。
ヴォイストレーナー voice trainer 【一般】
発声など を教える専門家のこと。
ヴォイス·リーディング voice leading 【一般】
メロディーにハーモニーを付ける(ヴォイシング)際の、ハ -モニーの各パートの進行を指す。この作業をすることによって、コードのサウンドが良くなり、メロディー以外のパートが演奏しやすくなる。
ヴォカリーゼ vocalise (仏) 【一般】
言葉や階名を用 いずに、母音による発声練習方法。母音唱法とも呼れる。

ヴォーカリゼイシヨン vocalization 【一般】
ヴォリーゼ
ヴォーカル·スコア vocal score 【一般】
オペラなどの 管弦楽の部分をピアノ用に編曲し、各声部区分して書かれた練習用の譜面。
ミユーソツ vocal music 【楽曲】
(インストゥルメンタル·ミュージック) の反意語。
ウォーキングベース walking bass 【理論】
ベースの 奏法パターンのひとつで、特にジャズの4ビート形式に多用されスウィング感を生み出す基といえる。コード·スケールをもとに順次進行が主体のベースライン で、演奏者のアドリブにより表現される。
ウォッシュ·ボード wash board 【楽器】
洗濯板(ウォッシュ·ボード)に薄い金属板を貼りつけ、指先につけた爪でこすったり叩いたりして音を出すパーカッション。 カントリー·ミュージックやジャズ に使用される。

ページの先頭へ