ヴィオラ·ダ·ガンバ viola da gamba 【楽器】
16世紀から18世紀にかけて使 われていた擦弦楽器の一族。ヴィオル 族ともいう。その名は 「脚のヴィオル」の意 で、チェロのように構 える。さまざまな種類 があるが、ヴァイオリ ン族との違いは、(1) 4度主体の調弦によ る6弦(ギターに類 似), (2)ガットを巻きつけたフレット、G) 柔らかくて暗い音色 (4) C字形の響孔、な とがあげられる。バス. ガンバは低音楽器とし てバッハの作品等で最 後まで多用された。な お最低音のヴィオローネは、現在のコントラバスの前身とも見なされる。
ヴィオラ·ダモーレ viola d'amore 【楽器】
ヴィオ とヴァイオリン族の中間にある、バロック時代の 弦楽 器。7弦の主要弦の他に同数の共鳴弦を持ち、ヴァ イオリンのように構えて演奏する。
ヴィシネフスカヤ、ガリーナパヴロヴナ Galina Pavlovna Vishnevskaya (1926~ ) 【名前】
ロシア →アメリカのソプラノ歌手。オペレッタ歌手を経て、 1952年にボリショイ劇場で《フィデリオ>のレオノー ラでデビュー、以後同劇場のプリマドンナとしてソ連 を代表する名歌手としてだけでなく、メトロポリタン 歌劇場、ウィーン国立歌劇場、コヴェントガーデン王 立歌劇場などにも出演した 1974年に夫でチェリス トのロストロポーヴィチと共にアメリカに移った。
ヴィッカース、ジョン Jon Vickers (1926~ ) 【名前】
カナダ生まれの テノール歌手。トロント音楽院で 学びオラトリオ歌手としてデビューした後、1954年に《カルメン》の ドンホセでオペラデビュー、その後、コヴェントガーデン王立歌劇場や バイロイト音楽祭に相次いで出演 して名声を確立させ、世界各地の桧舞台で活躍した 20世紀後半を代表するヘルデンテノールで、ワーグナ -歌手としてはもとより、イタリアオペラでも比類の ない輝かしさを発揮した。
ウィッシュボーン·アッシュ Wishbone Ash 【名前】
テッ ド·ターナー(vo.g)とアンディ. パウエル(vo.g)のツイン·リー ド·ギターのハーモニーを武器 に、1971年にMCAから『光なき世界」でアルバム·デビューー。大きな話題となり3rd アルバムの「百眼の巨人アーガス』では英メロディ メイカー誌のベスト·アルバム賞を受賞、順調に活 するが1974年にテッド·ターナーが脱退してしまう 新メンバーローリー·ワイズフィールド(vo,g)の加入を 機にアメリカ的サウンドへ移行する度重なるメンバ ー·チェンジとパンク·ニューウェイブの流行で1980年 代は苦戦を強いられるが、1988年にはオリジナル·メ ンバーで再結成、イギリス·ツアーも行い話題になる 現在はオリジナル·メンバーのアンディ·パウエルを中 心に若手メンバーを加えて活動中。
ヴィーナ veena 【楽器】
南インド の撥弦楽器。北 インドのシタール にも似るが、より大型で、ほとんど横に寝かせるような構えで演奏する。フレットは (ろう)で固定されている。7本の弦のうち4本が良律用で、3本は開放弦として用いる)
ウィーバーズ【名前】
ピート・シーガーが参加していたことで知られる フォーク·グループ。1948年に 結成され、1963年まで活動を 続けた。アメリカ国内だけでな く海外の歌曲も取り入れるな ど、フォークの領域を広げた功 績は大きい。1950年代にレッ ドベリーの「グッドナイト·ア イリーン」をカバーしてヒットさせた。→ピート·シーガー
ヴィブラスラップ vibra-slap 【楽器】
→ビブラスラップ

ページの先頭へ