インプリメンテーション inplementation 【PC】
利用 するコンピューターに合わせてソフトウェアを移植す る作業。例えば、Windows用のアプリケーションを Macintoshでも使用できるようにする作業のこと。
インプレッショニズム Impressionism 【一般】
→印象 主義
インブロッリオ imbroglio (伊) 【理論】
異なるリズム や拍子を同時に重ねて、複雑な印象を与える技法。ポ リリズムと同義。
インプロバイズimprovise 【一般】
即興演奏(インプ ロビゼイション)をすること。アドリブ。 インプロビゼ ィション(名詞)の動詞である。
インプロビゼイション improvisation 【一般】
→インプロパイズ
インライン·コンソールin line console 【電気】
ミキ シング·コンソールで入力、出力、モニターを1本の モジュールにまとめたもの。
インレイ inlay 【楽器】
ギターなどの弦楽器のヘッド や、 指板、ボディに、プラスティックや貝などの装飾 を施したもの,指板に入れたものを、ポジション、マ ークということもある。
ヴァイオリン violin 【楽器】
擦弦(弓奏)楽器を代表する弦楽器。G.D-A-Eという5度調弦の4弦構成で、特 -1- にG線の太い音色は特徴的である。顎 に挟むように構えることにより、左手 の最大限のテクニックが駆使される。 標準的な弓奏(arco)のほか、直接 指ではじくピチカート (pizzicato) や、弱音器(sordino)を弦に挟んで 特殊な音色を生むこともできる。オ ケストラや室内楽では不可欠の存在 で、音域別に第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンに区別されることもあるが、楽器に違い があるわけではない。カントリー音楽などではフィドルと呼ぶこともある。
ヴァイオリン記号【理論】
ト音記号とも呼ばれる音部記号。
ヴァイブ vibes 【楽器】
→ヴィブラフォン
ヴァイブラフォーン vibraphone 【楽器】
→ヴィプラフォン
ヴァージナルcembalo. harpsicord 【楽器】
→チェンバロ
ヴァージナル cembalo, harpsicord 【楽器】
→チェン パロ
ヴァース verse 【一般】
ジャズ、ポップス系の曲の序奏部、器楽演奏の場合は省略されることが多いが、ヴォーカル曲の場合、このヴァースをつけての演奏が多い 代表的な曲として「スター·ダスト」が挙げられる。
ヴァニラ·ファッジ Vanilla Fudge 【名前】
1966年に ピジョンズというグループ名でスタートしたが、後に バニラ·ファッジと改名し、1967年にヴィレッジ·シア ター(後のフィルモア·イースト)でプロ·デビューを 果たす。メンバーはカーマイン·アピス(ds)、ティム. ボガート(b)、ヴィンス·マーテル(g)、マーク·ステイン (key)の4人。その頃ニュー·ヨークのアンダー·グラ ウンド·シーンで流行していた、サイケデリックなア ト·ロックと言われるサウンドが彼等の特徴で、デ ビュー·コンサート大成功を収め、すぐにレコード·デ ビューすることとなる。デビュー·シングルはシュー. プリームスのカバー曲「キープ·ミー·ハンギング·オ ン」で、その他にも当時のヒット曲を彼等なりのアー ト·ロック調にカバーした曲を集めてアルバム『キープ·ミー·ハンギング·オン』を完成させた。その後合 計4枚ほどのアルバムを発表するが、1970年に解散。

ページの先頭へ