インターリュード interlude 【一般】
間奏のこと。
イン·ツー in two (2) 【理論】
2拍子で演奏すること。 2/2、6/8、6/4拍子等の際、1小節を2拍で扱うことを指すための用語。

インディアン·ハープ Indian harp 【楽器】
→アルパ インディケーター indicator
インディーズindies 【一般】
メジャー·レーベル以外から発表されたアルバムのこと、またはそのようなムーブメントの総称。
インテンシティ intensity 【電気】
光や熱等の強度を 示すエフェクトの係り具合(強さ)を示す場合にも 使用されている。
イン·テンポ in tempo 【理論】
「正確な速度(テンポ) で」という意味の速度表示。一般に、速度を変えず 定のテンポで演奏すること。
イントネーション intonation 【一般】
音声のさまざ まな起伏や調子の上げ下げを指す。発声法。ピアノの響きの質やオルガンのレジスターの調整具合を指す言葉。
イントロ intro 【一般】
→イントロダクション
イントロダクション introduction 【一般】
前奏。イン トロと略し呼ばれ、楽曲の主題(テーマ)に入る以 前の部分を指す。
インナーイヤー型ヘッドフォン inner ear type headphone 【電気】
イヤフォンのように、耳に入れて 使うタイプのヘッドフォン。
インナー·スリーブ inner sleeve 【一般】
CD LPに同 梱された印刷物のこと。
インバージョン inversion 【理論】
音程の転回、または和音の転回型のこと。
インバーター inverter 【電気】
逆変換装置。直流電力 から、任意の周波数の交流電力を作り出す装置。鉄道車輌の空調や、電動ポンプなどの回転数制御に利 用される。また信号の位相を反転させる位相反転回路のことも指す。
インピーダンス impedance 【電気】
任意の電気回路 における、交流信号の流れやすさ、流れにくさなど、その回路の性質を表す量。回路内の抵抗(レジスタ ンス/R)、容量(キャパシタンス/C),インダクタン ス/Lにより決定される。複素インピーダンスとも呼 ばれ、電圧と電流の比からなる複素数で表現し、実 数部は抵抗、虚数部はリアクタンスと呼ばれ、容量と インダクタンスからなる。記号はZ、単位はΩ (オ ム)。
インピーダンス·マッチング impedance matching 【電気】
インピーダンス整合電気回路、あるいは機器ど うしを接続する際、反射がなく最大で、歪みも最少で あるためには、出力側から相手の回路の入力側に伝 わる電力が、双方のインピーダンスの抵抗値とリアク タンスが等しく、かつ符号が逆でなくてはならない。 この条件を満たすことにより、高効率で電力を伝えることができる。このような双方のインピーダンスの関 係を、インピーダンス·マッチングという。信号の伝 送には、上述の条件に近づける配慮が必要である。 般には出力側のインピーダンスに対し、相手側の入力 インピーダンスが数倍以上になるよう考慮し、接続さ れている。
インピーダンス·ローラー impedance roller 【電気】
テープの細かい速度ムラをなくすためのもので、フラホイールに付いており、ある程度の重さがあるもの。
イン·フォー in four (in4) 【理論】
4拍子で演奏する こと。1小節を4拍で演奏することの意味で、2分の2拍子から4分の4拍子に変化した場合等に五線 譜上に記される。
インプット input 【電気】
機器や回路に外部からの信 号を接続する、入力部分のこと。また、単に部分の名 称だけでなく、回路に信号を送りこんだり、他の機器 の出力ケーブルを接続する行為そのものを指す場合 もある。

ページの先頭へ