倚音(いおん) appoggiature (仏) 【理論】
予備音な しに、いきなり現れる非和声音。強拍に現れ、順次進 行によって和声音に解決する。→非和声音 C G
生かす run, start 【電気】
音声機器を作動させるこ と。「アンプを生かす」「回線を生かす」という場合に使う
イギー·ポップ Iggy Pop (1947~)【名前】
ステユーディスとい うバンドを率いたイギー·ポップ は熱いロウを垂らしたり、血だら けになりながら歌ったりという過 激なステージ·パフォーマンスで 知られたが、1974年に解散。ス テージがエスカレートしていく中 で次第に精神の安定も欠くよう になり、ドラッグの治療もかねて 精神病院に入院した。よき理解者であったデヴィッ ト·ボウイの後押しもあり、1977年『The Idiot/チ ャイナ·ガール』でソロとしてカムバック。やがて「パ ンクのゴッド·ファーザー」と呼ばれるようになり、彼 の先駆的な音楽スタイルは多くのパンク·バンドに影 響を与えた。
イクイップメント equipment 【電気】
装置や機材、お よび設備のこと。
イーグルス Eagles 【名前】
1970年代のアメリカを代表 するウエスト·コースト·バ ンド。結成は1971年で、当 初はリンダ·ロンシュタッ トのバックアップバンドと してスタートした。オリジ ナル·メンバーはドン·ヘンリー(ds)、グレン·フライ(g)、 バーニー·リードン(g)、ランディ·マイズナー(b)。デビ ユー·アルバムからのシングル「テイク·イット·イージ 」がヒット·チャートに入り、スターへの道を昇り 始める。その後、リードンの代わりにジョー·ウォル シュ(g)が参加し、1976年に世界中で記録的ヒットを 遂げた「ホテル·カリフォルニア」によって彼等の栄 光は頂点に達した。なお、この曲は今も必ずビルボー ドのヒット·チャートに登場する、お化けヒット曲と なっている。1979年の『ロングラン』を最後に活動 は低下し、1982年に解散する。1994年に再結成され、 アルバム『ヘル·フリーゼスオーヴァー』はアメリカ ン·ミュージック·アワードを受賞した。

移高 transposition 【理論】
別の「高さ」へ移すこと。
イステッソ istesso (伊) イタリア語。代表的な用法にL'istesso tempo (リステ ッソ·テンポ)がある。これは楽曲の途中で拍子が替る 場合(3/8拍子から2/4拍子へ等)の変わり目の譜表 上に記され、一拍の速さ (テンポ)を同じにして演奏 することを指す。qFeと表示されることもある。
位相 phase 【電気】→フェイズ
位相ひずみ phase distortion 【電気】
伝送される周波 数帯域の中では位相変化は一定でなく、周波数によ ってそれぞれ位相も異なって伝えられてしまう。この ことが要因となって、信号に発生してしまう不要なび ずみのことをいう。 イソリズム isorhythm 【理論】 →アイソリズム
板つき stand-by 【一般】
舞台用語。舞台の定位置で スタンバイすること。→ポジション
位置 position 【理論】
→ポジション
一弦琴(いちげんきん) 【楽器】 1本の絹糸を桐(きり) の板に張っただけの素朴な弦楽器。日本における起 源はあまりはっきりしない。須磨琴(すまごと)と呼 ばれることもある。左手に象牙の管をはめて弦を押さ え、右手は象牙または竹の管の切り口で弦をはじく。 江戸時代以来 、全国各地で幾つかの流派が興隆したが、現在では辛うじて伝承されているにすぎない。 じ構造で複弦とした二弦琴もある。
1時的転調temporary modulation 【理論】
→ 転調
1度 prime 【理論】
譜面上、同一の「線」また 「間」にある2音の音程。「完全一度」(ユニゾン) 「増一度」がある, ある調の主音上に構成される音。1度の和音住和音)

ページの先頭へ