コーラスマシン chorus machine 【電気】
入力された 音に対して、若干の遅延時間を持たせた信号を合成 することによって、音にうねりを与えるエフェクト マシン。一定の遅延時間で動作するエコー/ディレイ に対して、遅延時間を変化させることで「うねり」を 生じさせる。
コテバルテ colla parte (伊) 【理論】
独奏パートのテン ポやリズムに従うことを伴奏者に指示する用語。「Colla voce」(コラ・ヴォーチェ)と標示されることもある。
ゴールド・トップ gold top 【楽器】
エレクトリック・ギ ターのフィニッシュ仕上inのひとつ。ギブソン社が 発表したボディ・トップにゴールド・フィニッシュを施 したレスポール・モデルのこと。1952年から57年までの ゴールド・トップ・スタンダードを指す場合もある。
コルネット cornet 【楽器】
トランペットに似た金管 楽器で、演奏者も兼任する場合が多い。トランペ ットに比べると一見小ぶりであるが管長は同じで、 やや太めであるため、柔らかい音色を特徴とする。信 号ラッパにピストンが付けられたものに由来し、一時 はその機能性から、オーケストラではトランペットよ りむしろ優位にあった時代もあるが、トランペットが 改良された現在では、おもに吹奏楽やジャズの場で活 躍している。標準的なものはBb管であるが、高音の Eb管もある。なお、古楽器のコルネット (ツィンク) は別の楽器。
コールマン ホーキンス Coleman Hawkins(ts) a904-69) 【名前】
ミズーリ州セントジョセフ生まれ0 9歳からテナー・サックスを始め、 1923年にフレッチャー・ヘンダーソ ン楽団に入り、ルイアームストロ ング(tp)の影響を受けてジャズにお けるサックスの奏法を確立する。 4 1934年に同楽団を抜けてヨーロッパに渡り、1939年 に帰国して「ボディ アンド・ソウル」を大ヒットさせ 自己のバンドを率いてサックスの第一人者として 活躍を続け、その後に続くチャーリー・パーカー、レ スター・ヤング、ソニー・ロリンズなどに大きな影響を 与えた。
コールユーブンゲン Chorubungen (独) 【一般】
合唱 練習のための教則本として発刊された声楽教本。
コル・レーニョ col legno 【理論】
弓の「木」の部分 で演奏することを指示する弦楽器の奏法記号。
コレクタ colector【電気】
トランジスタの電極のひとつ。→トランジスタ
コレクターズ・アイテム collector's item 【一般】
収集家や特定のファンにとって価値のある製品のこと。
コレルリ、アルカンジェロ Arcangelo Corelli (1653 1713) 【名前】
イタリア の初期バロックの作曲家 ヴァイオリニストでもあり、 弦楽器作品に優れたものが 多い。合奏協奏曲とトリオ ソナタの形式を確立させた。 [主要作品]合奏協奏曲第 8番<クリスマス>、トリオ・ソナタロ短調(作品 3-4 )、ヴァイオリン・ソナタ第12番<ラ・フォリ ア>
五連符【理論】
→連符
コロ、ルネ Rune Kollo (1937~ ) 【名前】
ドイツの テノール歌手。祖父、父共に音楽家。オペレッタ歌手 としてスタートした後1965年にリリック・テノールに 転じ、さらにドラマティック・テノールへと声質を広 げて、1970年代を代表するワーグナー歌手として、バ ィロイト音楽祭をはじめバイエルン国立歌劇場、ウィ ーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場など世界各 地の歌劇場で活躍。
ころがし monitor speaker 【電気】
床に置くタイプの ステージ・モニターのこと。→ステージ・モニター

ページの先頭へ