ゲシュトプフト gestopft (独) 【理論】
→ストップト
ゲス Ges (独) 【理論】
ドレミ音名「ソ」のフラット。
ゲセス Geses (独) 【理論】
ドレミ音名「ソ」のダブル フラット音。
ケチャ kecak 【一般】
バリ島の伝統的合唱音楽。男声 の短いスキャットによるポリリズムが特徴。
月琴(げっきん) 【楽器】
→ユエチン
結合線 tie 【理論】
→タイ
結線 wire 【電気】
各音響機器の配線をつなぐこと。
ゲッダニコライ Nicolai Gedda (1925~ ) 【名前】
スウェーデンの テノール歌手0ロシア人でバス歌 手の父親の影響で声楽を志し、 1960年代から70年代のイタリア。 オペラ界で屈指のリリック,テノー ルとして名声を確立させた。それ と同時にラモーからバーバーまで という幅広いレパートリーを持ち、さらには民謡や宗 教曲まであらゆるジャンルでの名唱を残している。
結尾部 coda 【理論】
→コーダ
ケッヘル番号 KV 【一般】
L.V.ケッヘルによって付け られた、モーツァルトの全作品年代順作品番号。
ケーデンス cadence 【理論】
終止形のことで、主和音 仆ニック·コード)への進行法を指す。ケーデンスの 分類は、トニック (T)、ドミナント (D)、サブドミ ナント (S)の3種類の和音の機能で考える。トニックは安定感があり、どの和音への進行も可能だが、ド ミナントは主和音へ進行しようとする性質を持つた め、トニックへのみ進行可能となる。サブドミナント は主和音へ進行しようとする性質と属和音(ドミナ ント)へ進行しようとする性質の両面を持ち、トニッ ク、ドミナントへの進行が可能である。以上のことか ら、ダイアトニック·コードによるコード進行は、次 のパターンのいずれかに当てはまる。(1) (T) →D→ T (D+Tを正格終止という), (2) (T) →S→T (S-Tを変格終止という), (3) (T) →S→D+T. ダイアトニック·コードを機能別に分類すると、(1)T (トニック) ...1, Ⅳ, Ⅲ, (2) D (ドミナント) ...... V, VII, (3) S (4 ドミナント) ...."-N, Ⅱとなる。

ページの先頭へ